最もコスパの良い高反発マットレスは、どれなのかが凄く気になっていませんか?

そこでどの高反発マットレスが、効果的でコスパが良いのかを徹底検証。

1万円以下、5万円以下、10万円以下と3つの価格帯に分けて、私の独自視点で判断したコスパの良い高反発マットレスを紹介します。

コスパが最も良い高反発マットレスはどれ?気になる効果を検証!

一言でコスパが良いと言っても、人によって価値観がそれぞれ違うと思いますので、価格帯ごとに最もおすすめの商品を紹介します。

高反発マットレスには、本当に多くの商品があり、価格もかなり幅がありますので、より良いものを選ぶことが基本。

今回紹介する情報を元に、あなたの高反発マットレス選びを行なってください。

1万円以下で最もコスパの良い高反発マットレスとは?

極厚10cmタンスのゲン高反発マットレスシングルです。10cmという厚みがあることで体の沈み込みによる底づきを回避することができます。

ただ折りたたみ式のものも商品ラインナップとしてあるのですが、それは男性用のもので硬さもかなり硬いものしかないので、これが5000〜6000円台で購入できます。

比較的低予算で高反発マットレスを購入したい人は、タンスのゲン高反発マットレスがおすすめ。

でもさすがにこの価格帯になると、高反発マットレスとしての効果がいつまで持続するのか?それは少し疑問を感じるレベル。

使い捨てとして考えている人ならこれくらいの価格帯の商品でも良いのかもしれませんが、本当に高反発マットレスの効果を実感したい人には、あまりお勧めできないレベルだとお伝えしておきます。

5万円以下で最もコスパの良い高反発マットレスとは?

モットンジャパンのモットンです。

高反発マットレスの特徴である体圧分散、優れた通気性、快適な寝心地、耐久性、返金保証制度やサポート体制の充実など充実。

高反発マットレスを購入する上で、必要な機能や安心できる制度があることがおすすめの理由です。

10万円超えの高価格帯の高反発マットレスに比べると見劣りするかもしれませんが、性能的には8〜9万円レベルのものをさほど変わらないレベル。

実際に私が使用しているのがモットンですので、使用感や効果も実感しています。ちなみに公式サイトで39800円で購入しました。

10cmの厚みがあるので、床置きも普通のベッドマットレスとしても使うことができますので、お部屋の雰囲気に合わせたコーディネートも楽しめます。

個人的には、すのこベッドの上にモットンを置いて使うのがおすすめ。

10万円以下で最もコスパの良い高反発マットレスとは?

13層やすらぎマットレスで、ここまで費用を出すとかなり寝心地が変わります。

高反発マットレスにもこういう感じがあるんだということを感じるかもしれません。通常は20万円台で販売されるものなのに様々部分でコストダウン。

その結果なんとか98000円という10万円を切る価格で購入できます。

より効果な寝具やしっかりとした厚みのあるベッドマットレスを探している人、シモンズやサータ、フランスベッドのようなマットレスを探している人には13層やすらぎマットレスがおすすめです。

私がオススメするのは最もコスパに優れる腰痛効果の高いモットン!

高反発マットレスと言えども、価格帯が変わることで全く違う印象があります。

個人的にはモットンが一番購入しやすい価格帯で、普段使いにももってこいの印象が。

部屋の中で威圧感もなく、雰囲気を壊さないというメリットもありますし、普段のメンテナンスもしやすい特徴が。

寝具のこだわりは人それぞれですが、実際になかなか試すことができないもの。

でもモットンの場合、自宅で90日間しっかり試した上で、寝心地が合わなかったり、効果が実感できなければ、返金してもらうことも可能。

だから高反発マットレス初心者でも、失敗するリスクが低いですし、実際の効果を確認できることのメリットは安心感にもなると思います。

高反発マットレスを選ぶ際に、海外の数十万円もする商品を選ぶ人もいますが、日本の気候に合わなかったり、日本人の体型に合わなかったりすることもあるので要注意。

高額な高反発マットレスよりも、効果のある高反発マットレスを探しているのなら、日本人専用設計のモットンは、本当に効果的でおすすめの商品ですよ。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。