高反発マットレスは天日干ししても良いのか?それとも天日干ししない方が良いのか?と疑問に思うことはありませんか?高反発マットレスは陰干しという印象があると思いますが、天日干しした方がダニもカビも予防できるし、メリットが多いように思うのですがどんな干し方が良いのか?気になりませんか。そこで高反発マットレスの干し方について紹介します。

高反発マットレスは天日干ししても良いのか?

高反発マットレスの説明書を見ると陰干しで部屋に立てかけておけば十分だと記載されていますが、あまりにも干していない期間が続いたり、それで本当に大丈夫なのか?と思うかもしれませんが、高反発マットレスの正しい干し方の答えは陰干しが正解なんです。

実は高反発マットレスは天日干しすることでメリットよりもデメリットの方が多いことがわかっていますので、陰干し不安でも絶対に天日干ししないでください。

高反発マットレスを天日干しすることで最も最初に起こるのが耐久性の低下です。これはウレタンマットレスでもラテックスマットレスでも紫外線が当たることで素材が劣化してしまいますので、絶対に避けなければならないことなんです。

良かれと思った天日干しで耐久性が下がってしまうとかかなりもったいない話だと思いませんか?そうならないように天日干しは避ける必要がありますが、更に恐ろしいことがあります。それは熱による変形です。

エアウィーヴやエアムーブなどの高額な高反発マットレスでも40℃を超えると変形してしまうという話があるんです。紫外線+熱というのは熱単体が与える影響よりも強いものがあるようなので、絶対に天日干ししないでください。

その為にも普段からちゃんと陰干しする癖をつけること、湿気がたまりにくいようにすのこベッドや除湿シートなどをつかって、高反発マットレスの底面にたまる湿気を上手く処理する必要があるというわけです。

間違った干し方をして、高反発マットレスの性能を低下させることがないように十分に注意してくださいね。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。