1万円を切る価格で購入できる高反発マットレスで最近特に人気が高いのが、タンスのゲンの高反発マットレスです。楽天でも最も売れていることで購入を検討している人も多いと思います。そこでタンスのゲンの評判や口コミをチェックしてみました。やはり値段相応で多少の割り切りが必要なようです。

タンスのゲン 高反発マットレスの評判と口コミ!

頑張る家具屋のタンスのゲンで取り扱いのある高反発マットレスは非常に種類が多く、値段の幅も広いのですが、やはりどこよりも低価格で商品の提供を行っているので、非常に多くの人が購入している人気のメーカーです。

・厚さ10cm 140N 低ホルムアルデヒド
・厚さ10cm 30D 180N 厚生省基準合格 低ホルムアルデヒド
・厚さ13cm 140N 低ホルムアルデヒド
・厚さ10cm 30D 180N 低ホルムアルデヒド 3つ折り Zタイプ
・厚さ10cm 30D 190N 低ホルムアルデヒド 3つ折り Zタイプ
・厚さ10cm 30D 190N 消臭 竹炭入り 3つ折り Zタイプ
・厚さ5cm 190N 3つ折り
・厚さ5cm 200N 3つ折り
・厚さ5cm 230N 3つ折り
・厚さ17cm アルティメット 低反発 高反発の融合
・厚さ20cm 180N 低ホルムアルデヒド
・日本製 ツインウェーブ マットレス 薄型
・VenuSleep 日本製 極厚 10cm 3つ折り

などなど、まだまだ沢山の商品がありますが一般的に支持されているのが、「厚さ10cm 30D 180N 厚生省基準合格 低ホルムアルデヒド 」などの10cmという厚みで6000円〜10000円程度で買えるタイプの商品です。

そこで実際に購入した人のレビューに多いのが、10cmの商品を買ったはずなのに最終的に8cm〜9cmほどのサイズまでしか戻らなかったという声と実際に届いた商品の詳細(30Dや180N)などの記載がなく、本当に注文した(高額)のものが届いたのがどうかがわからない。

若干臭いがあったという声やカバーの裁縫レベルが低く毛玉が出来やすい、早い人で約1ヶ月、半年で腰の部分のヘタリが気になったので買い換えを念頭に割りきって使うのが良いのではないか?というものです。

確かにこの値段で購入できることを考えるとしかたがないのかもしれません。実際に使用している人は寝起きの腰痛を感じにくくなった、疲れが取れたという声も多いので高反発マットレスとしての効果はあるもののやはり耐久性に問題があるのかな‥と思います。

それが復元力の弱さ=つまりは10cmにならないということにつながっているのだと思います。値段によるメリットはありますが、その都度捨てたり処分したり、ヘタリを気にしたながら使うことを考えると個人的にはあまりお勧めできないのでは?と感じますが、そういったことを気にしない人であれば良いのかもしれません。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。