低価格な高反発マットレスとして話題のエイプマンパッドH3。現在も1ヶ月ほどの入荷待ちが続くエイプマンパッドH3の気になる評判や口コミを紹介します。他の高反発マットレスと何が違うのか?どんな特徴があるのか?エイプマンパッドH3を購入する際の参考にどうぞ!

エイプマンパッドH3の特徴やメリットとは?

エイプマンパッドH3とは、高反発マットレス「エイプマンパッド」の三つ折りマットレスで、耐久性の高い密度30DのAPPU硬質フォームを使用し、厚さは10cm、側地には伸縮性と耐久性、通気性に優れた生地であるダブルメッシュを採用。反発力は170Nと少し硬めの寝心地の商品です。

この商品もモットン同様に90日間使用後の返品受付サービスを行っていることもあり、非常に人気で現在の価格は楽天やヤフーショッピングで15800円(シングル送料込み)なので次回発送は1ヶ月待ちというほど多くの人が購入している高反発マットレスです。

apman3

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

エイプマンパッドH3のデメリットとは?

エイプマンパッドH3は3つ折りタイプ。これは折り目からへたりやすいということと折り目が寝心地にも影響することなどが考えられます。更に実際にレビューにあるのが、ウレタンの臭いが気にならなくなるのに1週間ほどかかったという声が数名ありましたので個人的には気になる部分です。

それとエイプマンシリーズは、外部機関による検査データや体圧分散のデータ等を視覚的に見ることができないというデメリットが有りますが、この辺は価格を抑えるためには仕方がないことなのかもしれません。

エイプマンパッドH3の気になる評判や口コミは?

・コスパの良さで購入したものの、子供用の格安マットレス(厚さや硬さは同レベル)のものとの違いがわからない。

・使用後翌日には腰痛が出て旦那に使ってもらいました。旦那は腰痛持ちで現在エイプマンパッドH3を使って約3週間、腰痛は変わらないようです。

・高反発、硬質フォームと期待して買ったが硬さが足りない

・初日の寝起きの体の痛さが今まで以上に酷かったですが、とりあえずもう少し使ってみようと思います。

・初めての高反発マットレスで少し不安でした。このエイプマンパッドPAD4は私には硬すぎたようで、初日は背中が痛くなってしまいました。翌日はこれまで使用していた低反発マットレスをエイプマンパッドPAD4の下に敷いたらよい感じでした。腰痛も少し良くなった気がします。

・購入して約2週間、まだまだ慣れていないのか。最初の印象と違い寝ていると背中が痛いんです。もう少し使えば慣れてくるのか?様子を見ようと思います。

というネガティブコメントもありますので、この辺は致し方無いところなのかもしれません。3つ折りのメリットはメンテが手軽に行えるという部分ですし、狭い部屋ではたためることで収納時のスペースを最小限にすることもできます。

apman32

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

エイプマンパッドH3は実際にどうなのか?

反発力を除くとモットンと同じようなスペックであること、耐久性は3年ほどとモットンの3分の1程度、値段もほぼ2.5分の1とモットンレベルの高反発マットレスを気軽に試せる価格帯の商品だと考えられますが、実際には若干違います。

少し専門的な意見を加えると、30Dという密度の高反発マットレスは欧米のメジャーブランドが4〜5万円の価格で販売しているような商品です。高反発マットレスの価格は密度が重要な鍵を握っています。

つまり30Dは値段が高いんです。それが1.5万円程度で購入できるというのは、ウレタンの質が他の商品と違うと考えるしか無いんです。30Dという密度を実感させるためにあえて170ニュートンという硬い反発力を採用することで寝心地や使用感を高めているとしか考えられません。

洗えることもあるので子供部屋には良いかもしれませんが、腰痛持ちの人が腰痛改善を目指して高反発マットレス選ぶという意味では不安のあるマットレスだと私は思います。もちろん最終的に選ぶのはあなたですので私がどうこういう話ではありませんが、ウレタンの市場価格を考えれば常識的な値段に収まっていないというのが答えです。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。