アスリートに高反発マットレスが大人気なのです。なぜ有名アスリートがこぞって高反発マットレスを使うのか?筋力を休めるという意味では低反発マットレスの寝心地の良さの方が体にケアには重要だと思いますが、実際にはそうではないようです。アスリートがどんな高反発マットレスを使っているのかまとめてみました。

アスリートに人気の高反発マットレスとは?

なぜトップアスリートが高反発マットレスを選ぶかというと睡眠時の寝姿勢に答えがあるようです。肩と背中から腰にかけてのカーブにストレスをかけずに、他の部分にも負担をかけない状態を維持することができます。

つまり高反発マットレスを使うことで、理想の寝姿勢に近付けるというわけです。理想的な睡眠姿勢で眠ることで質の高い深い眠りが得られ、睡眠が持つ疲労回復効果を最大限発揮できるんです。その結果、コンディション維持に繋がり、高いパフォーマンスを発揮できるので、トップアスリートが高反発マットレスをこぞって使っているというわけです。

では実際にどんなメーカーの高反発マットレスをアスリートが使っているのかをメーカーと選手ごとに紹介したいと思います。

・エアコクーン(aircocoon)

2012年ロンドンオリンピックホッケー日本代表チーム(さくらジャパン)やバトミントン日本代表女子チームが採用。

・ドルメオ(DORMEO)

元オリンピック体操日本代表の田中理恵さんが愛用。

・ムアツ クラス(muatsu class)

なでしこジャパン、日本女子サッカー代表、およびINAC神戸レオネッサの澤穂希が愛用。

・エムール、ボディサポーター

なでしこリーグ「日テレ・ベレーザ」の選手が愛用。

・東京西川エアー(AIR)

Jリーグの現役プロサッカー選手である「キングカズ」こと三浦和良選手が愛用。

・マニフレックス

日本代表プロサッカー選手の香川真司選手、メジャーリーガーの岩隈久志投手、青木宣親選手、前田健太投手、ヤクルトの山田哲人選手が愛用。

・エアウィーヴ(airweave)

フィギュアスケート選手の浅田真央や水泳の北島康介選手が愛用。

この様に多くのトップアスリートが高反発マットレスを使っていますが、自分で高反発マットレスを選んでいる人もいれば、スポンサーの関係でそのメーカーの高反発マットレスを使用している人もいます。

逆に私が最も効果を感じたモットンは、有名アスリートは使っていないようです。でもその分、お得に購入できるという強みがあるので、私はアスリートによる宣伝よりも自分の腰痛が改善された結果が全てだと考えています。

高反発マットレスは腰痛の改善だけではなく、体調の維持にも効果的ですし、疲労回復力が高まるので、運動をしない人でも体調が管理できることで仕事においても良いパファーマンスを発揮出来ると思います。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。