エアウィーヴと言えば、プロスポーツ選手も使う人気の高反発マットレス。そんなエアウィーヴと高反発マットレスで人気のモットンを徹底比較。

価格的にはエアウィーヴの方がモットンの約1.5倍〜2倍と少し高めですが、この2つで悩んでいる人も多いと思いますので、購入時の参考にどうぞ。

どちらの高反発マットレスの方が腰痛効果が高いのか?実際の使用感や口コミ、評判や評価を交え、エアウィーヴとモットンの違いを紹介します。

エアウィーヴの詳細を紹介!実際にどんな評価なのか?

エアウィーヴとは株式会社エアウィーヴが販売している人気の高反発マットレスで、リオオリンピックでも日本選手団の公式寝具サポーターとして商品提供を行っていることでも有名。

錦織圭選手や浅田真央選手がイメージキャラクターになっていることで知名度の高い高反発マットレスで、ベッドマットレスとマットレスパッドのシリーズに分かれています。

エアウィーヴの詳細は、

エアウィーヴ ベッドマットレス スリムタイプ

厚さ約11センチ、スリムタイプのベッドマットレスで、エアウィーヴ独自の樹脂素材「airfiber(エアファイバー)」を使い、空気を編むようにして作られているベッドマットレスです。

slim

出典:http://airweave.jp/

・シングルサイズ:厚み11cm、幅100cm、長さ195cmで、料金は116,640円
・セミダブルサイズ:厚み11cm、幅120cm、長さ195cmで、料金は129,600円
・ダブルサイズ:厚み11cm、幅140cm、長さ195cmで、料金は140,400円

エアウィーヴ ベッドマットレス スマート

厚さ約21センチ、フルサイズのベッドマットレスで、従来のエアウィーヴ製品の機能や特長はすべてそのまま備えた、革新的なスプリングレス・ベッドマットレスです。

smart

出典:http://airweave.jp/

・シングルサイズ:厚み21cm、幅100cm、長さ195cmで、料金は151,200円
・セミダブルサイズ:厚み21cm、幅120cm、長さ195cmで、料金は167,400円
・ダブルサイズ:厚み21cm、幅140cm、長さ195cmで、料金は183,600円

マットレスパッド エアウィーヴ

2007年に開発されたオリジナルエアウィーヴをリニューアルした商品で、適度な反発力のあるairfiberが、極上の寝心地を実現。

復元性が高く、肩の部分を柔らかく改良したことで、さらにに寝返りがしやすくなった高反発マットレス。

aiweave

出典:http://airweave.jp/

・シングルサイズ:厚み6cm、幅104cm、長さ196cm、重さ約7kgで、料金は75,600円
・セミダブルサイズ:厚み6cm、幅124cm、長さ196cm、重さ約8kgで、料金は90,720円
・ダブルサイズ:厚み6cm、幅144cm、長さ196cm、重さ約9.5kgで、料金は105,840円

エアウィーヴの口コミや評判、評価は?

エアウィーヴの口コミを見ていると通気性が高く、夏でも快適だという声とその反対に冬は寒いという口コミも。

実際にエアウィーヴの内部構造を見るとわかりますが、3次元構造体なので湿気がこもりにくく、湿気や熱が逃げていくというのは間違いありません。

その反面、熱に弱くヘタりやすいという口コミも散見されます。

天日干しも直射日光もそして、電気毛布も使えないエアウィーヴなので、冬の寒さ対策とヘタリによる劣化には注意しなければなりません。

特に値段の高いエアウィーヴなので、ヘタリや用途の間違いによる劣化は避けたいところですよね。

エアウィーヴのメリットは

3次元構造体であるエアウィーヴは、ウレタン系のモットンとは違い水洗いすることができますので、汚してしまった後でもキレイに使うことができます。

さらに内部にホコリやカビ、ダニが発生してもしっかりケアすることも可能。

マットレスパッドタイプでも3年の保証期間がありますので、その期間内であればメーカー保証の適応を受けることもできます。

万が一の際にも、普通の使用方法で起こったヘタリであれば、保証してもらうことが可能でしょう。

ただし実際に商品の状態によって、保証適応の条件なども異なることが予想されますので、その点は予め理解しておく必要があります。

エアウィーヴのデメリットは

口コミの部分でも紹介しましたが、値段の割にヘタりやすいということが真っ先に考えられるデメリット。

エアウィーヴのような3次元構造体のモデルは、総じてヘタりやすい商品であること、歩くと素材同士がこすれる音がするのが気になります。

また電気毛布を使えないことで、冬の寒さ対策が必要になることも。

関東より北部や山間部、冬の気温が5度以下になるような環境では、少し寒すぎることが予想されますので、購入前にその点は確認しておくことが必須。

何よりも熱に弱い素材なので、電気毛布以外にも湯たんぽも使用することはできませんし、暖房器具での劣化は、保証適応外になりますので注意が必要です。

モットンの詳細を紹介!実際にどんな評価なのか?

モットンとは株式会社グリボーが販売している人気の高反発マットレスで、高反発マットレスの中では珍しい、同一サイズに3つの硬さ(反発力)が用意されている商品。

100N、140N、170Nがあるので、好みの硬さや反発力から選ぶことができる特徴があります。

それとモットン独自の90日の返金・返品保証があることで高反発マットレスの腰痛効果に不安がある人でも実際に試すことができるので、そういった意味でも人気の商品。

元々日本人専用設計の腰痛対策マットレスなので、腰痛効果を実感しやすい特徴も。

モットンの詳細は、

・シングルサイズ:厚み10cm、幅97cm、長さ195cm、重さ約4.4kgで、料金は39,800円
・セミダブルサイズ:厚み10cm、幅120cm、長さ195cm、重さ約5.4kgで、料金は49,800円
・ダブルサイズ:厚み10cm、幅140cm、長さ196cm、重さ約7.2kgで、料金は59,800円

モットンは腰痛対策マットレスなので、日本人の腰痛が改善するように設計・製造されています。

その効果を実証するのが、第三者機関による様々な検査結果で、実際に公式サイトでも公開されている効果は非常に信頼性が高く、腰痛効果を実感できると話題。

またその効果を長期にわたって実感できるように10年保証という非常に長い期間、その効果を維持できる耐久性の高さも、モットンを購入する際のポイントのひとつ。

フローリングに直置きで使える厚みがあること、すのこベッドの上でも使える汎用性の高さも人気です。

モットンの口コミや評判、評価は?

モットンは高反発マットレスでは珍しい布団乾燥機や電気毛布が使えるタイプなので、夏の快適性と冬の快適性を兼ね備えた高反発マットレス。

実際に私も使用していますが、特に腰痛効果も高く、それに通気性や快適性も兼ね備えたバランスの良いタイプだと思います。

オリジナルのベロア調のカバーの肌触りの良さ、反発力の高さ、耐久性の高さなども評判どおりで初めて高反発マットレスを試したいと考える人には安心できる返品保証なども魅力的です。

モットンのメリットは、

  • 腰痛効果の高い高反発マットレスであること
  • 寝返りが超簡単で筋力をほぼ使わずにできること
  • 電気毛皮や布団乾燥機が使える数少ないモデル
  • 好みの反発力を選ぶことができる
  • 90日の返品保証があるので初めての人でも安心
  • 二つ折り、三つ折りが簡単にできる
  • 通気性が良く、耐久性も高いことが実感できる

モットンのデメリットは、

  • 日本製ではなく、中国製の商品
  • 腰痛効果を実感するまで多少時間がかかることもある
  • 寝心地に慣れるまで数日かかった

モットンとエアウィーヴを比較。どっちが腰痛効果が高いのか?

これは悩ましいところですが、やはりモットンでしょう。エアウィーヴは錦織圭選手や浅田真央選手、リオオリンピックでも日本選手団が使用したことでかなり注目を集めています。

しかしこれ選手には無料配布された商品なので、当然喜んで使いますよね?

しかもオリンピック期間は僅か2週間。つまりエアウィーヴの一番美味しい期間を使えているということ。

実は選手団が使用しているエアウィーヴはアスリート専用モデルなので市販のエアウィーヴとは製法も商品も異なりますので、選手の口コミを100%参考にするのは間違い。

それに比べると、モットンは1年を通じて快適に使える点や、保証期間が10年間もあるので、ヘタリや劣化が起こりにくく腰痛効果が持続すること。

90日間返金保証があるので、高反発マットレスの効果を自宅で実感してみたいという人にもおすすめ。

何よりも購入しやすい価格帯なので、初めての高反発マットレスとして最適であることが挙げられます。

価格を見ればその違いは一目瞭然ですが、モットンの場合は国産で言えば8〜10万円レベルの高反発マットレスの機能がありますので、コスパにも優れており本当におすすめです。

私ならエアウィーヴとモットンで悩んでいるのなら、間違いなく最初にモットンを試し、腰痛効果を実感できなければ返金申請をして、エアウィーヴを購入しますよ。

少しずるい方法かもしれませんが、モットンジャパンはそれくらいモットンの効果に自信を持っているので、消費者が賢くなれば良いのではないでしょうか。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。