モットンに合わないベッドフレームがどういったタイプなのか?ベッドフレームの選び方とは?モットンをベッドの上で使う際の注意点や実際にどういったタイプのベッドフレームがモットンに合わないのかを紹介します。

モットンに合わないベッドフレームの選び方とは?

モットンをベッドマットレスの上に敷いて使おうとした場合に、一番ダメなベッドフレームは、無印良品などで販売されているようなマットレスに足が直接つくタイプのベッドフレームです。

この脚付きマットレスベッドをモットンの下に敷いて使う場合に一番ネックになるのが、ベッドマットレスのヘタリです。既に劣化して腰や肩の部分に凹みがあるようなマットレスの上にモットン敷いてしまうとモットンもその形状に合わせて凹んでしまいます。

マットレス自体がへこんでいなくとも、劣化で柔らかさが変わっていれば、その影響でモットンがたわんでしまうという状況になります。モットンのような高反発マットレスは平らな場所に置くことで初めてその効果を100%実感することができます。

つまりそうではない状態では、持っている効果を100%実感できないだけではなく、逆に腰痛を引き起こす原因にもなりかねないということが考えられます。

それ以外にも高さが変わることもデメリットになります。脚付きマットレスベッドが座った時にピッタリだとしたら、モットンを敷くことで10cmも高さが上がることになります。そうすると、利便性が低下することも予想されます。

では脚付きマットレスベッドタイプではなく、フランスベッドなどで売っているようなベッドマットレス付きのもので、読書灯や引き出しが頭の後ろの部分に付いている様なタイプならどうでしょうか?

これもベッドマットレスの上にモットンを敷けば、高さがかわり、読書灯や引き出しが使えない、高さが高くて合わないということも考えられます。このタイプを使う際にもモットンをマットレスの上ではなく、直に置くほうが良いでしょう。

モットンに合うベッドフレームとは?

そう考えるとモットンにはやはりすのこベッドタイプのベッドフレームが最も適していると思います。高さもそこまで高くなく、通気性の問題もない。モットンに合ったベッドフレームという記事も別途書いていますので、そちらを読んでみてください。

モットンに合うベッドフレームの選び方とは?

モットンはベッドフレームの上においても使えますし、10cmという厚みがあるのでフローリングの床や畳に直置きしても使うことができます。子供の2段ベッドにいれることも出来るでしょう。

本当にその時々のライフスタイルや好みに合わせた使い方を選ぶことができますので、本当にモットンの汎用性の高さは凄いと思います。1度購入すれば、その効果は10年も続きます。何度も買い換えるのが嫌な人ほど、モットンはやはりおすすめの高反発マットレスだということは間違いありません。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。