イオンのドルミール(高反発マットレス )の特徴はどこにあるのか?その気になる効果は?などドルミールについて気になっている方も多いと思います。そこでイオンの高反発マットレスのドルミールの特徴、評判や口コミを通じて気になる通気性や寝心地などを紹介しますので、あなたに合った高反発マットレス選びの参考にどうぞ!

イオンのドルミール(高反発マットレス )の特徴とは?

イオンのドルミールの特徴は、低価格にも関わらず様々な用途に合わせて商品ラインナップが揃っていることで、ドルミールシリーズのマットレスと枕を併用することで理想的な睡眠姿勢を維持することが出来るという点です。

そのためにいくつかのタイプのマットレスが用意されています。ただマットレスだけだとその効果を十分に得ることが出来ないとも言えるわけで、ドルミールの効果を最大限にする為には別売りの枕を買うことが必要になります。

実はドルミールの中材である「エリオセル」はマニフレックスにも使用されている高反発フォームの為に、その性能はある程度のレベルで裏付けがあるものです。そのため、マニフレックス同様に1年〜12年のヘタリに対する保証があるタイプも用意されています。

イオンのドルミール(高反発マットレス )の人気のポイントとは?

  • 理想の寝姿勢で熟睡することで健康を維持できます。
  • 高反発フォームの「エリオセル」で体圧分散&完熟睡眠
  • オープンセル分子構造で、通気性・放湿性抜群でムレ知らず
  • 外気温の影響を受けず、一年間安定した柔らかさをキープ
  • 1年〜12年の安心の耐久性と長期保証

イオンのドルミールの高反発マットレスの商品は?

イオンでは高反発マットレスと高硬質ウレタンフォームを使用したマットレスなどがありますが、ドルミールシリーズの3種類について詳細を紹介します。

ドルミール ウィングⅡ

これ1枚でベッドマットレスとしても使える高反発マットレス(敷ふとん)で、3つ折りタイプの商品になります。日本限定発売で安心の6年保証。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-11-02-51

出典:https://shops.aeonsquare.net/

・シングルサイズ:厚み9cm、幅97cm、長さ198cmで、料金は25,509円
・セミダブルサイズ:厚み9cm、幅117cm、長さ198cmで、料金は30,651円
・ダブルサイズ:厚み9cm、幅137cm、長さ198cmで、料金は35,794円

ドルミール プレミアムウィング

ルミールウィングⅡより、しっかりとした硬さが人気の高反発マットレス(敷ふとん)で、3つ折りタイプの商品になります。日本限定発売で安心の6年保証。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-11-02-09

出典:https://shops.aeonsquare.net/

・シングルサイズ:厚み9cm、幅97cm、長さ198cmで、料金は30,651円
・セミダブルサイズ:厚み9cm、幅117cm、長さ198cmで、料金35,794円
・ダブルサイズ:厚み9cm、幅137cm、長さ198cmで、料金は40,937円

ドルミール マットレスⅡ

硬さしっかりの寝心地は、寝返りが打ちやすく、快適な高反発マットレスです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-11-06-19

出典:http://www.aeonretail.jp/

・シングルサイズ:厚み16cm、幅100cm、長さ195cmで、料金は35,794円
・セミダブルサイズ:厚み16cm、幅120cm、長さ195cmで、料金は46,080円
・ダブルサイズ:厚み16cm、幅140cm、長さ195cmで、料金は56,399円

ドルミールウェーブピロー

その日の体調に合わせて、2通り(10cmか11cm)の高さが選べる前後非対称設計のまくらでビッグサイズの安心感もあります。ドルミールのマットレスとセット購入が基本になります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-11-08-24

出典:https://shops.aeonsquare.net/

約66cm、長さ42cm、高さ10cmもしくは11cmで、15,223円

もちろんドルミールウェーブピローを使わなくとも高反発マットレスとしての効果をある程度は実感できるかと思いますが、商品説明の一番最小でも枕の小さなSと高反発マットレスの大きなSがドルミールでの寝姿勢キープには重要なポイントであるようなので、やはりこれはセットで使いたいところです。

イオンのドルミールの高反発マットレスの評判や口コミは?

・イオンでは店頭で試せるのと店員さんから自分の状態に合わせたアドバイスを貰ってドルミールにしました。まさかの出費ですが、これはこれでよかったと思います。湿気がこもりやすいとのことなので、メンテナンスだけはシッカリしたいと思います。

・ドルミールにしてから、寝付きが良くなったと思います。お陰で朝までしっかり寝ることができます。夏も寝苦しさを感じずに過ごせました。

・ドルミールマットレスを購入したのですが、開封してみるとシミがあるのに気がついて購入店に相談したら家に来てくれたのは良かったのですが、これは商品に問題がなく大丈夫です。交換できませんと冷たくあしらわれ、挙句に私はアレルギーがあるのにマットレスに触り放題。不良品を買って後悔。もう二度と買いません。

・エリオセルの影響か背中や腰を下から突き上げられるような感覚がしていましたが、枕を調整して解決。少なくとも2週間使用してヘルニアは悪化していないようです。

・ドルミールの保証書にカビによるダメージは保証の対象外であることが強調して書かれており、同じ製造元のマニフレックス製品の商品説明ページでも、湿気とカビに関してはしっかり記載されているので、よほど注意しなければカビてしまうのだとちょっと恐怖です。

イオンのドルミールマットレスの効果と評価は?

ドルミールで気になるのは、やはりマニフレックス同様にカビの問題です。イタリア製造のエリオセルが芯材なので、この通気性と日本の湿気のバランスが良くないらしく、本家のマニフレックスではカビてしまったという口コミが多発しています。

ドルミールはマニフレックスに比べると少し安く購入できるメリットはありますが、イオンが販売代行をしているようなもので、口コミにもあったとおり多少のダメージがあっても交換も返品もしてくれません。

これはマニフレックスでも最初から穴が空いていたという報告を何件も見ていますので、イタリア製造ということでよくあることなのだと思います。しかしドルミールマットレスⅡはシングルで35000円、枕とセットで50000円になるほどの価格帯ですので、納得出来ないです。

商品自体はマニフレックスの姉妹商品のようなので、それなりに高い耐久性があることは保証制度を見てもわかりますが、腰痛改善とか腰痛対策マットレスというわけではありませんし、外国人の骨格や筋肉で効果が出るような設計です。*確かマニフレックスでは80kgを軸に検査を行っていたと思います。

そのため、万が一の際に返品保証などがないことを考えるとモットンなどの返金保証のある高反発マットレスを試した後でも良いのかな?と思います。いずれにしても、高反発マットレスを購入する際にあえてイオンのドルミールを真っ先に選ばなければならない明確な理由は見つけられませんでしたが、店頭で実際に試してみたい人やイオンの商品が好きな人はドルミールマットレスⅡを検討するのもありかもしれません。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。