高反発マットレスを使っているとなぜか首が痛いと言う人がいます。高反発マットレスで首が痛くなる原因として考えられることが2つほどありますので、どういった状態で高反発マットレスを使うと首が痛くなるのか?高反発マットレスと首の痛みの関係について考えられることを紹介します。

高反発マットレスで首が痛い人の特徴とは?

高反発マットレスで首が痛い原因は主に2つ考えられます。ひとつは枕と高反発マットレスの併用で首が痛いと感じる人、もうひとつは枕を使っていないことで首こりになる人です。この2つが高反発マットレスで首が痛いと感じる原因です。

ではなぜ高反発マットレスに枕を使うと首が痛いと感じるのか?これは高反発マットレスと枕の硬さが合っていないことで起こります。低反発マットレスと高反発マットレスでは寝返りの楽さが違う様に高反発マットレスの上にある枕が柔らかいことで首と体の動きにズレが生じます。

寝返りの際のこのズレが首のこりや腰痛の原因になると考えられています。ただこの症状は普通の枕を使っている全ての人に起こるわけではなく、そういった状態になる人もいるという話で、高反発マットレスと同じ高反発枕に変えることでほとんどの人の首の痛みや腰痛が改善します。

また枕を使っていないことで首が痛い人は、枕がないことで頚椎を上手く支えられていないので、枕を使って高さを調整する必要があります。その際に選ぶ枕はあまり高いものではなく、低い高さのものを選ぶ方が首の痛みを感じにくいと思います。

高さが高い枕は首の周辺を圧迫しすぎてしまうので、首から肩にかけて緊張してしまい痛くなる人も多いんです。だからこそ枕を新たに買うのであれば、低い高反発枕という選択が良いと思います。

これは枕の質によって首の痛みや腰痛が出ると先ほどお話しましたので、その部分を読みなおしてもらうとイメージがつきやすいかと思います。いずれにしても高反発マットレスなら高反発枕の方が腰痛や肩こり、首の痛みを抱えている人には合うというのが統計データとしてもわかっていますので、あえてリスクをとる必要はないと思います。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。