アイリスオーヤマのエアリープラスマットレスの評判や評価は一体どんな感じなのでしょうか。気になる効果やへたりに関する情報を紹介します。エアロキューブを使用したエアリープラスマットレスの素材の変更状況も踏まえて少し情報を紹介します。

エアリープラスマットレスの特徴とは?

東洋紡のエアロキューブを芯材に使用した高反発マットレスで、アイリスオーヤマブランドから発売されてる比較的安価で、通気性の高い3次元スプリング構造の高反発マットレスです。5cmの厚みのエアロキューブを採用したことで1枚でも使用することができるタイプのマットレスになります。

エアリープラスマットレスの特徴は、

  • 硬めの寝心地で極上の睡眠を得られる
  • 95%が空気の芯材なので、抜群のクッション性がある
  • 3次元スプリング構造で通気性が高い
  • 体圧分散性に優れ、理想の寝姿勢を再現
  • 優れた反発力で体の沈み込みを抑制
  • 高反発なので、寝返りがスムーズにできる
  • 綿の敷ふとんに比べ、37倍の通気性
  • 放湿性が高く熱を溜め込みにくい
  • カバーも本体も水洗い可能
  • リバーシブル仕様で1年中、快適に使える
  • 抗菌防臭加工、制菌加工に合格している

この様に東洋紡エアロキューブの素材をうまく活かした高反発マットレスになっており、商品の品質改良も進んでいることで以前よりも軽量化&耐久性が向上しています。

エアリープラスマットレスのサイズと価格は?

airyplus

出典:http://www.irisplaza.co.jp/

  • シングルサイズ:厚み5cm、幅95cm、長さ198cm、4.83kgで、料金は24,624円
  • セミダブルサイズ:厚み5cm、幅115cm、長さ198cm、5.95kgで、料金は30,024円
  • ダブルサイズ:厚み5cm、幅135cm、長さ198cm、6.9kgで、料金は35,424円

エアリープラスマットレスの素材の変更によるへたり耐性の向上とは?

エアロキューブを採用したエアリープラスマットレスは厚さが5cmということもあり、実は耐久性に難ありという評価が多かったんです。2週間でへたり始め、1箇月を経過した頃には、折り目の部分が酷く凹んでしまい、使用に耐えない状態になってしまった。という口コミすらあったレベルだったんです。

当時の品番は、品番ARPM-Sというものでこの商品のエアリーは74.2ニュートンのかなり柔らかめの素材が使用されていました。そこでエアリープラスハードという86.9ニュートンの素材に変更したのです。新素材の品番はAPMH-Sです。

これにより幾分改善しましたが、やはりへたり体勢はそこまで強くないようです。エアウィーヴが3年保証なのを考えると、この3次元スプリング構造も3次元立体構造も耐久性の高さはそこまで高くないものだと考えるべきです。

エアリープラスマットレスは、3箇所のエアロキューブを入れ替えることができますので、ローテーションすることで多少長持ちさせることができますが、やはり半年程度を目処に考えていたほうがいいかもしれません。

このあたりは使用される方の体重にもよるので、一概に何ヶ月効果が持続するとは言いにくいものがあります。

girl-808308_640

エアリープラスマットレスの口コミからわかる評判や評価は?

・マニフレックスからの買い替えです。口コミでマニフレックスよりも良いと書かれていたので期待して購入したのですが、私には少し硬すぎたようです。しかし、返品等はできないので、実家に送ってしまいました。

・通常のマットレスとは違い、ギュギュっと歩くたびにプラスチックが縮むような音が気になる。

・近所のお店で寝てみて実際に購入しました。硬めが好きなのでプラスにしましたが、いい感じで体圧分散されてると思います。ハウスダストアレルギーがあるので、中も水洗い出来るのは魅力的です。使い始めよりも少しやわらかくなった感じですが、これにしてよかったと思います。

・2〜3週間の使用で完全に腰の部分がへこみました。耐久性に難ありです。ネットで調べたら、このタイプのマットレスは耐久性が低いとの書き込みが‥もっと早く見ておけばよかった。無駄な買い物でした。

・最初はいい感じだったんですが、1週間の使用で腰が痛くなり、肩も重たい感じがして…エアリープラスマットレスにしなければよかったと思いました。男性には良いかもしれませんが、女性や子供には合わないかもしれません。

・体重40キロ台での私でもそこまで硬すぎずに使用することができました。でも電気毛布や電気アンカが使えないのがちょっと難点かもしれません。

エアリープラスマットレスは購入すべきなか?

エアリープラスマットレスは購入すべきか否か?と言われれば一言で言えば、あえて購入する必要はないと思います。やはり耐久性の問題が一番です。新素材に変更したものの、硬さがある割には、へたりやすいというエアリーマットレスの難点を解消することができていません。

ハウスダストアレルギーなどそういった症状がある人の場合には、水洗い可能という部分がメリットの様ですが、そういった特別な疾患を持っていない人には、そこまで強くおすすめできる商品ではありません。

価格も2万円を超えてきますので、それで半年も持たない。中には1ヶ月でへたりを感じてしまう人もいるようなので、そういった意味ではこれではない高反発マットレスの方が良いのでは?と思います。

残念ながらエアリープラスマットレスは、腰痛改善効果も期待できないでしょう。むしろへたりを感じた状態で使用し続けることで腰痛悪化の原因になる可能性が高いと理解したほうが良いでしょう。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。