東京西川エアー01高反発マットレスの特徴や効果はどのような部分にあるのか、気になっている人も多いと思います。

そこで実際に西川エアー01の使用者の評判や口コミから、購入することで期待できる効果を徹底検証。

東京西川の高反発マットレスの中でも、眠りの深化に特化した西川エアー01とは一体どんなモデルなのかを紹介します。

東京西川エアー01 高反発マットレスの特徴とは?

air01%e2%88%92tokucyou

出典:http://www.airsleep.jp/

東京西川エアー01の一番の特徴は、眠りを深化させる特殊立体波形凹凸構造を採用していること。

敷き布団に求められる体圧分散と寝姿勢の保持の機能をさらに高めることで、快眠をサポートして質の高い睡眠を得られるようにしています。

西川エアー03には劣るものの、シングルサイズで70もの通気孔があり、湿気や汗の拡散を促進し、睡眠時の体への接触面の不快感を軽減。

また汎用性が高い80サイズと90サイズを用意したことで、クイーンサイズやキングサイズのベッドマットレスとしても使用できるのも特徴のひとつです。

東京西川エアー01 高反発マットレスのサイズと価格は?

エアー01マットレスタイプ

air01%e2%88%92mat

出典:http://www.airsleep.jp/

  • ベーシックタイプ(マットレスタイプ、100ニュートン)

・シングルサイズ:厚み8cm、幅97cm、長さ195cmで、料金は41,040円
・セミダブルサイズ:厚み8cm、幅120cm、長さ195cmで、料金は57,240円
・ダブルサイズ:厚み8cm、幅140cm、長さ195cmで、料金は68,040円
・80サイズ:厚み8cm、幅80cm、長さ195cmで、料金は41,040円
・90サイズ:厚み8cm、幅90cm、長さ195cmで、料金は41,040円

  • ハードタイプ(マットレスタイプ、120ニュートン)

・シングルサイズ:厚み8cm、幅97cm、長さ195cmで、料金は41,040円
・セミダブルサイズ:厚み8cm、幅120cm、長さ195cmで、料金は57,240円
・ダブルサイズ:厚み8cm、幅140cm、長さ195cmで、料金は68,040円
・80サイズ:厚み8cm、幅80cm、長さ195cmで、料金は41,040円
・90サイズ:厚み8cm、幅90cm、長さ195cmで、料金は41,040円

エアー01ベッドマットレスタイプ

air01%e2%88%92bedmat

出典:http://www.airsleep.jp/

  • ベーシックタイプ(ベッドマットレスタイプ、175ニュートン)

・シングルサイズ:厚み14cm、幅97cm、長さ195cmで、料金は61,560円
・セミダブルサイズ:厚み14cm、幅120cm、長さ195cmで、料金は82,080円
・ダブルサイズ:厚み14cm、幅140cm、長さ195cmで、料金は91,800円
・80サイズ:厚み14cm、幅80cm、長さ195cmで、料金は61,560円
・90サイズ:厚み14cm、幅90cm、長さ195cmで、料金は61,560円

  • ハードタイプ(ベッドマットレスタイプ、185ニュートン)

・シングルサイズ:厚み14cm、幅97cm、長さ195cmで、料金は61,560円
・セミダブルサイズ:厚み14cm、幅120cm、長さ195cmで、料金は82,080円
・ダブルサイズ:厚み14cm、幅140cm、長さ195cmで、料金は91,800円
・80サイズ:厚み14cm、幅80cm、長さ195cmで、料金は61,560円
・90サイズ:厚み14cm、幅90cm、長さ195cmで、料金は61,560円

西川エアー01マットレスの口コミや評判は?

・冬は快適ですっと寝落ちするほど良かったのですが、5月頃から寝汗に悩まされるようになり、朝起きたらかなりムレているのがわかります。

アトピー持ちなので目覚めから痒いのがちょっと残念。10月下旬でもタオルケット1枚で過ごせるほど温度が高い。暑がりは避けたほうが良いかもしれません。(マットレスタイプ レギュラー使用者)

・店頭で試してみて良い感じだったの購入を決意。現在使用開始後2週間、残念ながら効果を実感できていません。

高い買い物だったのに…もう少し様子をみたいと思います。(マットレスタイプ レギュラー使用者)

・アイリスオーヤマのマットレスからの買い替えです。アイリスオーヤマも良かったのですが、使っているうちにヘタってしまい、西川エアーに買い替えを決めました。

首の寝違えは改善傾向ですが、腰痛はまだまだ実感できません。下からの押し上げがきついから?かもしれませんが、もう少し使ってなれるまで待ちたいと思います。(マットレスタイプ レギュラー使用者)

・40代体脂肪率一桁の自称アスリートです。使用直後は夜中に何度も目覚めてしまいましたが、1ヶ月ほどで寝付けるようになりましたが、やはり何故か夜中に目覚めます。

腰が浮いている感じで仰向けが辛く横向き寝をしている頻度が増えました。だからなのか‥やはり腰が痛いです。(マットレスタイプ レギュラー使用者)

・色んな人のレビューを読んで決めたはずなのに‥ちょっと硬かったかもしれません。

背中が痛くなるような感じがあるので、一瞬横になったくらいだとそこまではわからないですね。(マットレスタイプ ハードタイプ使用)

・西川エアー01は、思ったよりも硬さがあって心地よい感じがします。でも今のところまだ慣れないので寝付きが良くないのですが、肩こりは少し解消したかも。

高い買い物だったのでしっかり使って効果を得たいと思います。(マットレスタイプ ハードタイプ使用)

・最初の1週間は硬すぎてなかなか寝付けずに、夜中に何度も起きたけど、2周間を過ぎたあたりでだんだん慣れてきた感じがします。

でもまだ夜中に起きることがあるのでもう少し様子を見ないとなんとも言えないかも。腰の沈み込みも全然なくて問題ないけど、100ニュートンのレギュラータイプの方が良かったかもしれません。(マットレスタイプ ハードタイプ使用)

・寝付きが良い、夜中に起きなくなった、腰痛が解消されたという他の人の口コミを参考にこのマットレスを選んだけど、購入後2ヶ月…ようやく体が馴染んできた感じ。

確かに腰痛は多少減ったかも。まぁ個人差があるってことですね。(マットレスタイプ ハードタイプ使用)

西川エアー01 高反発マットレスを徹底検証した結果は?

西川エアー01はどちらかといえば、普通の人向きに作られているモデルですが、それでも120ニュートンの反発力で硬すぎるという人がいるのも事実。

その状態でベッドマットレスタイプを選んでしまうと、確実に体が痛くなってしまうでしょう。

東京西川の公式サイトには、PERSONAL CHECK for[エアー01]という身長と体重を選択することで、ベーシックタイプかハードタイプかを選んでくれるチャートがあるので、それを試しても良いとかも。

クィーンサイズやキングサイズを作れる80サイズ90サイズがあるのも、より多くの人に対応できるようにとの東京西川の考え方からだと思います。

しかし、このモデルでなかなかクィーンサイズやキングサイズにする人は、多くないのではないでしょうか。

西川エアーにしては比較的安価な価格帯で購入できるモデルですが、あえてこの値段で購入するなら、このモデルではなくても良いと思います。

これといった特出すべき特徴も無く汎用性があるモデルなので、万人向けですが魅力に欠ける印象が払拭できませんので、私は購入しません

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。