マニ ・フトン・ジュリオというマニフレックスの敷き布団最新モデルの日本限定発売商品がありますが、そのマニ ・フトン・ジュリオの口コミや評判は実際にどうなのでしょうか?そこからわかるマニ ・フトン・ジュリオの効果や使い勝手などについて紹介します。

マニ ・フトン・ジュリオとはどんな特徴がある敷き布団モデルか?

マニフレックスの最新モデルの敷き布団がこのマニ ・フトン・ジュリオです。これまで発売されてきた、イタリアンフトンⅡやマニコスモと違ってやや硬めに作られていることで、より高反発マットレスに近い感覚で使用することが出来る敷き布団モデルです。

そのため、畳の上やフローリングの直置きでも使えますし、現在お使いのベッドマットレスの上での使用も問題がないバランスよく活用できるモデルです。芯材はマニフレックスの独自素材であるエリオセルを4cmの厚みで使用し、表面地の裏側に0.8cmのエリオセルファイバーを使用することでしっかりとした寝心地を実現します。

価格もかなり抑えられていますので、マニフレックスを試したいけどそこまでコストを書けたくないとか、普通の布団でも高反発マットレスのような体圧分散を得ることができたら?と考えている人に向いています。敷き布団タイプなので、3つ折りに畳んで押し入れに普通に収納できます。

マニ ・フトン・ジュリオのサイズや価格、色などの情報は?

マニ ・フトン・ジュリオはピンク、ライトブルー、グレーの3色展開ですので、好みのイメージに合わせて選ぶことができます。ダイヤモンドウェーブキルト加工を施すことで敷き布団でも高反発マットレスに近い感覚を得ることができます。

jyurio

出典:http://www.flag-s.com/

  • シングルサイズ:厚み7cm、幅98cm、長さ196cm、重さ5.6kgで、料金は25,796円
  • セミダブルサイズ:厚み7cm、幅118cm、長さ196cm、重さ7kgで、料金は33,716円
  • ダブルサイズ:厚み7cm、幅138cm、長さ196cm、重さ8.4kgで、料金は41,636円

マニ ・フトン・ジュリオの口コミや評判、評価は?

・厚みがあるので従来使用していた布団に比べると寝心地は格別に良いですが、フローリングに置く際には何か湿気対策をするべきだと思っています。我が家はすのこの上にこの布団を敷いて使用しています。

・これまでアキレスの低反発マットレスを使用していましたが、若干硬めの寝心地であるものの、仰向けに寝てみると腰の部分だけが沈み込みとても自然な寝心地に驚きました。ベッドで使用するので折りたたみとかは関係ないです江戸、元に戻ろうとする力は強力です。

・メッシュウィングよりも少し柔らかい感じの寝心地ですが、マニフレックス初心者の入門用にはぴったりだと思います。キルティング加工されたエリオセルファイバーの影響でさわり心地が柔らかで良い感じですね。敷き布団のシングルサイズなので、ベッドで使うと少しだけサイズが小さくて合いません。

・畳の上に直接敷いて使用していました。最初は良かった寝心地が日に日に悪化して肩こりが出始めました。以前の布団ように高さを合わせて作った枕が合わなくなったので、残念ながらこの敷き布団の使用を止めました。期待していただけに非常に残念です。

・布団の上に敷いて使ってみましたが変に沈み込む感じもなくしっかり体を支えている感じがして良いと思います。

・小太りの私が使用しても良い感じ。以前使用していたイタリアフトンよりも若干硬めで針がある感じの商品です。最初の臭いは1日も放置すれば気にならなくなるので、そんな感じで使うと良いと思います。

・コンクリートの床に直置きで使用しても快適でしたが、夏でも冬でも湿気対策は必要なので、すのこや除湿シートは必ず使ったほうが良いと思います。マニフレックスの枕と一緒に使うとこのマニ ・フトン・ジュリオは相性がすごく良いので快適に寝れますよ。

empty-1005195_640-2

マニ ・フトン・ジュリオは購入すべきマニフレックスか?

マニ ・フトン・ジュリオはマニフレックスの高反発マットレスとはまた違う開発コンセプトの商品なので、その点は最初に理解する必要があります。ただ普通の敷き布団を使用するよりも快適であることは間違いありませんが、やはり湿気対策。これはマニフレックスを使用する以上は必須です。

実際に多くの使用者が直置きでも寝心地には問題がないけど、湿気が気になる。と書かれています。他の口コミででも同様の意見が多いこと、そしてマニフレックスのエリオセルは湿気に弱くカビやすいという特徴があるので、そこは必須でしょう。

普通の布団を使用している人がマニフレックス入門用に使うには良いと思いますが、高反発マットレスの体圧分散をしっかり体験したい人には少し物足りないと思います。敷き布団モデルとしてはやや硬めでも高反発マットレスほどの硬さはないと思います。

トッパーモデルの高反発マットレスを購入してすぐにヘタってしまう事を考えると、この敷き布団モデルの方がオススメなのかもしれません。ただ腰痛改善効果を考えるのであれば、敷き布団ではなく、高反発マットレスであることは間違いないです。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。