引っ越しや単身赴任が多い人がベッドを選ぶなら、高反発マットレスがおすすめなんです。普通のスプリングタイプのベッドでも15kgを超えてきますし、何よりもかさばります。低反発マットレスという選択肢もありますが、雑に扱って元通りにならないということもあるので、そういった意味では復元力の高い高反発マットレスが良いんです。

引っ越しや単身赴任が多い人は高反発マットレスがおすすめ!

一人暮らしや単身赴任の引っ越しの際に最もかさばる家具と言えばベッドです。しかし現代において布団で寝るわけにもいきませんし、日頃の疲れを取るためにも最低限のベッドは欲しいところ。そんな時に厚めの高反発マットレスを選ぶとベッドがない状態の直置きでも使えますし、すのこベッドやパイプベッドのような簡易なものでも快眠できる環境に大変身します。

引っ越しの際にベッドがなければ、クロネコヤマトの引越し単身パックで十分ですが、ベッドがあるだけで一気に普通の引っ越しと同じ手配をしなければ引っ越しできないという状態になり、費用がかなりかさんでしまう結果になります。

それに単身赴任の場合、週末だけ自宅に帰ったりする場合もありますので、そういった際に既に使用しているベッドがないのも困りますし、単身赴任が終わった後にそれまで使っていたベッドの処分に困るということもないんです。

なぜか?それは高反発マットレスはたたんでしまっておいても大丈夫だからです。元々メーカーから送られてくる際に、圧縮袋に入れられてかなり圧縮されて届くので、その状態で補完しても機能や性能が落ちるということがありません。だから、子供の成長に合わせてしまっておいても大丈夫ですし、子供用のベッドとしてマットレス直置きで使用するなんてのも可能です。

知人や子供のお泊り会なんかの時だけ出して使うという方法もありですしね。そういった意味でもベッドを買うなら高反発マットレスが良いのではないかと思うんです。いずれにしても引っ越しするなら、高反発マットレス。これが今はすごく良い選択肢なのだと思います。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。