冬の寒さ対策に電気敷き毛布が使える高反発マットレスはあるのかということが気になっていませんか?高反発マットレスの中には、電気敷き毛布や電気毛布、布団乾燥機が使えない商品が多いんです。特に3D構造体で作られたようなものは、耐熱性が低いために電気毛布も電気敷き毛布も使用できないことが多いんです。

電気敷き毛布が使える高反発マットレスはあるのか?

以前は電気敷き毛布や電気毛布、布団乾燥機に対しては使えない高反発マットレスが多かったのですが、最近は素材の改良や耐熱性の向上があるので、電気敷き毛布が使える高反発マットレスも増えてきましたので、実際に購入しようと思っている商品のよくある質問を確認してみたり、店頭で聞いてみたりするのが良いでしょう。

電気敷き毛布が使用できると言っても温度制限などもありますので、単に使えるかどうかを確認するのではなく、耐熱温度はどの程度なのか?自宅で使用している電気敷き毛布や電気毛布の温度が何度位まであがるものなのかは事前にチェックすべきですが基本的に布団乾燥機が使えるものは耐熱性が高い傾向があるので、そこまで気にしなくとも良いと思います。

夏は通気性の高さで快眠できる高反発マットレスも冬にはその通気性の高さがデメリットになったり、電気敷き毛布などが使えないことで寒い夜をすごさなければならないこともありますので、電気敷き毛布や電気毛布が使えるかどうかは事前に必ずチェックすべき点です。

高反発マットレスにすることで、どんなに腰痛が無くなっても寒い夜を過ごせば、腰痛以外にも体の節々が痛みを感じることにつながりかねません。寒さは関節の痛みを強くしたり、睡眠の質を低下させる要因にもなりますので、寒さ対策のできない高反発マットレスは選ぶべきではありません。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。