敬老の日に快眠できる寝具をプレゼントしたい!

寝具にも普通の布団、コイルマットレス、低反発マットレス、高反発マットレスなど様々な種類がありますが、オススメは高反発マットレス。

 

なぜ高反発マットレスが良いのか?

高齢者ならではの問題がありますので、年配のご両親にプレゼントするなら高反発マットレスで得られる快眠効果をおすすめします。

高齢者の記念日のプレゼントにおすすめ寝具は高反発マットレス!

敬老の日に寝具をプレゼントしたい、

高齢者や年配者の両親や知人の誕生日や記念日に寝具をプレゼントしたい。

 

そう考えているのなら、

高反発マットレスがおすすめでしょう。

 

なぜ高反発マットレスが良いのか?

手軽にメンテナンスができて、重さも軽量で日干しする必要がなく、体圧分散性で寝返りをサポートしてくれたり、身体への局所的な負担が少ないから。

 

さらっと高反発マットレスを選ぶメリットを書いてしまいましたが、高反発マットレスは高齢者の生活習慣にマッチする寝具だからです。

 

どのようなシチュエーションで役立つのか?

私が他の寝具と高反発マットレスの違いで起こりがちな状況を踏まえて簡単に紹介していきますので、ぜひチェッくしてみてください。

布団の上げ下げの際の負担が少なく、腰痛を悪化させない

高齢者の場合、

和室に寝ているので普段は布団の上げ下げを行って、押し入れにしまっているなんて人も多いでしょう。

 

一般的な敷き布団の重さは5.5〜6.5kg、

それ以上の重さの商品もあり、毎日の上げ下げが大変で腰が痛くなったり、身体への負担になることもあります。

 

しかし高反発マットレスは、

5.5kg以下のものも多く、三つ折りタイプなら押入れにしまう際にも簡単にたためますし、1枚ものなら、そのまま壁に立てかけておけばOK。

 

布団の上げ下げの必要がなく、

場所も取りませんので、高齢者でも安心して使用することができます。

日干しをしなくても陰干しだけで清潔に使える

一般的な敷き布団は日干しが必要。

高反発マットレスは日干しができなくて、室内での陰干しのみで十分。

 

日干しをしないとカビやダニなどの心配があるのでは?と思うかもしれませんが、高反発マットレスは陰干しだけで十分です。

 

綿や羽毛などと違って、

ダニが発生しにくい素材を使用していますし、防ダニ加工された商品も多数販売されています。

 

室内で陰干しする際には、さっと持ち上げて壁に立てかけるだけなので、10秒で布団干しが終わる。

 

急な雨で急いで取り込む必要もないし、

重たい布団を持って階段を降りたり、物干し竿に引っ掛ける必要もありません。

起きたら壁に立てかける。

たったそれだけのことで布団干しが終わりますし、清潔に使用することができます。

 

カバーは洗うことができますので、

カバーを洗濯してしまえば、日干しした後のような太陽の臭いを感じながら寝ることもできます。

 

もしベッドマットレスを購入していれば、重さが10kg、15kgと重たくなり、高齢者が1人でメンテナンスすることは出来ません。

 

そういった意味でも、

日々のメンテナンスを考えると高反発マットレスがおすすめです。

高反発マットレスはベッドマットレスのように場所を取らない

和室ではなく洋室でベッドを使用して寝ている。

そういう人も多いでしょう。

 

ベッドマットレスは一度購入すると5〜10年は使用できるものも多いですし、以前から同じ処品を使用している人もいらっしゃるでしょう。

 

試用期間が長いベッドマットレスは、

コイルマットレスでも、腰や肩などの負荷がかかる部分はヘタったり凹みが生じていることもありますし、重さがネックでメンテナンス頻度が少ないことも。

 

ベッドマットレスは一度も干したことがない。

そんな高齢者の方も多いのではないでしょうか?

ベッドマットレスも干さなければ、

カビやダニの温床になり、それが原因でアレルギーを発症したり、健康に悪影響を与えることも十分に考えられます。

 

ベッドマットレスを使用するよりも、

ベッドフレームの上に軽量の高反発マットレスを載せて使用する方が快眠できますし、自分で簡単にメンテナンスできる特徴も。

 

高齢者になるとかさばるものや、荷物を増やしたくないという人もいますので、大きなベッドマットレスはあまり好まれないこともあります。

低反発マットレスの方が高齢者向きだというのは誤解

数年前にあった低反発マットレスブーム。

確かに低反発マットレスは身体を包み込むような寝心地が話題になり、それでトゥルースリーパーなどを購入した人も多いでしょう。

 

しかし低反発マットレスを購入した高齢者の率直な感想で多いのは、腰痛や身体の痛みがひどくなったというもの。

なぜそうなってしまうのか?

これは非常に簡単なことで、寝返りが簡単にできないから。

 

低反発マットレスは沈み込み、身体を包み込むものなので、寝返りをする際に筋力が必要になり、夜中に何度も目覚めてしまう原因に。

 

しかし高反発マットレスは、

身体を傾けるだけで、マットレスの強い反発力が寝返りをサポートしてくれます。

 

さらに優れた体圧分散性で、

睡眠時の血管やリンパを圧迫することがなく、栄養や酸素をしっかり届けたり、老廃物の外出をサポートしますので、新陳代謝がスムーズに行われます。

 

寝起きのすっきり感も高まりますし、

朝起きて身体に変なコリや違和感があるような状態が少なくて快眠できるという声が多いんです。

 

布団の上げ下げ、布団干しなど低反発マットレスと高反発マットレスはあまり違いがないように感じますが、快眠性という部分では大きな違いがあります。

 

この点をしっかり理解している人は、

高齢者や年配者へのプレゼントには、高反発マットレスの方が優れているので、高反発マットレスを選ぶ傾向が強いんです。

高反発マットレスなら腰痛や肩こりも解消できる

高齢者や年配者に多い腰痛や肩こり。

慢性的な不調を感じていたり、整体やカイロプラティックなどに通院しているなんてこともあるでしょう。

 

そういった人にこそ、高反発マットレスがおすすすめ。

 

高反発マットレスは、

 

  • 優れた体圧分散性
  • 理想の寝姿勢を再現
  • 寝返りをサポート
  • 朝まで快眠できる

 

など、高齢者の不調の原因を解消してくれる作用が期待できます。

 

プレゼントするなら、

やはり相手に喜ばれるもので、普段使いできるものが良いと思いますので、そういった意味では高反発マットレスのような寝具がよいと思いますよ。

 

私も高齢の両親に高反発マットレスをプレゼントしたことがありますが、最初は寝にくいといっていたものの。

今では高反発マットレスは良い。

身体も痛くなくなったし、何よりも夜中に目覚める回数が減ったので熟睡できると好評です。

高齢者に高反発マットレスをプレゼントする際の注意点は?

様々なメーカーの商品がありますが、

高反発マットレス選びの大事なポイントは、反発力を選ぶことができる商品なのかということ。

 

高反発マットレスが優れているのは、反発力が高いから。

 

しかし高齢者の場合、

体重が軽い人や、逆にポッコリお腹が気になる人など、様々な体型の人がいます。

 

筋肉量が少ない高齢者は、

あまりにも高い反発力の高反発マットレスでは、逆に腰痛を悪化させたり、寝心地に不満を感じてしまうこともあります。

 

それを解決する方法のひとつが、

体重や体型にあった反発力を選ぶことができる高反発マットレスを購入すること。

 

一般的な高反発マットレスは、

ひとつの商品で幾つもの反発力を選ぶことができませんが、私も両親にポイントしたモットンは、100ニュートン、140ニュートン、170ニュートンから選ぶことが出来ます。

 

だから母親には100ニュートン、父親には140ニュートンの反発力を選びました。

 

これがぴったりだったようで、

父親も母親も日々、高反発マットレスで快眠しているようです。

 

ちなみにモットンの場合、

90日間返金保証制度があるので、もしプレゼントした商品が合わなかった場合、返金してもらえますので、それも良かった点かも。

 

やっぱりそういった部分の不安もありますし、

リスクを最小限にできるというのは、プレゼントする側も安心できますし、貰った側も合わなければ返金できるというのは、気兼ねなく使えるようです。

 

もしあなたが敬老の日や高齢者の記念日に寝具をプレゼントしたいなら、私なら高反発マットレスでもモットンを選ぶと思います。

 

ウチの両親に喜ばれていますので、

安心してプレゼントすることができるでしょうし、貰った側も気兼ねなく使うことができると思いますよ。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。