人気の高反発マットレスであるモットンと雲のやすらぎを比較してみたいと思います。値段的にもモットンと雲のやすらぎは同じ価格帯なので、この2つで悩んでいる人も多いと思います。どちらの商品の方が腰痛効果が高いのか?実際の使用感や口コミ、評判や評価を交え、モットンと雲のやすらぎの効果効能の違いを紹介します。

雲のやすらぎの詳細を紹介!実際にどんな評価なのか?

雲のやすらぎとは株式会社イッティが販売している人気の高反発マットレスで、雲のやすらぎプレミアム敷布団と13層やすらぎマットレスの2つの商品がありますが、今回は「雲のやすらぎプレミアム敷布団」との比較をしたいと思います。

雲のやすらぎプレミアム敷布団の詳細は、

  • シングルサイズ:厚み17cm、幅100cm、長さ200cm、重さ約7kgで、料金は39,800円
  • セミダブルサイズ:厚み17cm、幅120cm、長さ200cm、重さ約8.4kgで、料金は49,800円
  • ダブルサイズ:厚み17cm、幅140cm、長さ200cm、重さ約9.8kgで、料金は59,800円

kumonoyasuragi

出典:http://ichiban-boshi.com/

なんといっても17cmもの厚みがあるのが雲のやすらぎプレミアム敷布団の特徴です。その為、若干の重さが気になりますが、高反発マットレスにしては柔らかい寝心地が特徴的な敷布団です。

17層の中には、ロレーヌダウン、凹凸アルファマットレス、高反発スプリングマット、凹凸アルファマットレス、マイティトップⅡという5層構造で構成されており、春夏・秋冬と表裏を裏返すことで非常に快適な寝心地を実感することができる敷布団になっています。

雲のやすらぎプレミアム敷布団の口コミや評価は、

少し注意しなければならないのは、この雲のやすらぎプレミアム敷布団を毎日押し入れに畳んで仕舞うような使い方をしようと考えている人は、現在の空きスペースを確認してください。厚みがあること、重さが重いことで押し入れの中に入らなくて困っている人が多いんです。

そして少しヘタりやすいことも問題で、柔らかさ故にしかたがないのですが、3ヶ月ほどで50キロ弱の女性が使用して17cm→13cmと約4cmもサイズが変わったそうです。ここから言えることは耐圧分散性は高い雲のやすらぎプレミアム敷布団ですが、ヘタリ方は均一ではないために腰痛を悪化させる可能性があるということです。

いくら耐圧分散性が高くとも均一にヘタる事はありませんのでこれは要注意ポイントです。

雲のやすらぎプレミアム敷布団のメリットは、

  • 季節ごとに肌に触れる面が異なるので、夏は通気性が高く、冬は温かい
  • 極厚の敷布団なので、耐圧分散性に優れている
  • 日本製なので品質に不安がなく安心して購入できる

雲のやすらぎプレミアム敷布団のデメリットは、

  • 折りたたむのが一苦労で、押し入れに入らないことがある
  • 耐圧分散性に優れるが、ヘタリが早いので耐久性が気になる
  • かさばるので部屋のスペースをかなりとられる

モットンの詳細を紹介!実際にどんな評価なのか?

モットンとは株式会社グリボーが販売している人気の高反発マットレスで、高反発マットレスの中では珍しい、同一サイズに3つの硬さ(反発力)が用意されている商品です。100N、140N、170Nがあるので、好みの硬さを選ぶことができる特徴があります。

それとモットン独自の90日の返金・返品保証があることで高反発マットレスの腰痛効果に不安がある人でも実際に試すことが出きるので、そういった意味でも人気の商品です。元々日本人専用設計の腰痛対策マットレスなので、腰痛効果を実感しやすい特徴があります。

モットンの詳細は、

  • シングルサイズ:厚み10cm、幅97cm、長さ195cm、重さ約4.4kgで、料金は39,800円
  • セミダブルサイズ:厚み10cm、幅120cm、長さ195cm、重さ約5.4kgで、料金は49,800円
  • ダブルサイズ:厚み10cm、幅140cm、長さ196cm、重さ約7.2kgで、料金は59,800円

モットンは腰痛対策マットレスなので、日本人の腰痛が改善するように設計・製造されています。その効果を実証するのが、第三者機関による様々な検査結果です。実際に公式サイトでも公開されている効果は非常に信頼性が高く、腰痛効果を実感できるものです。

またその効果を長期にわたって実感できるように10年保証という非常に長い期間、その効果を維持できる耐久性の高さもモットンを購入する際のポイントの一つであること、それとフローリングに直置きで使えるし、すのこベッドの上でも使える汎用性の高さも人気です。

モットンの口コミや評価は、

モットンは高反発マットレスでは珍しい布団乾燥機や電気毛布が使えるタイプなので、夏の快適性と冬の快適性を兼ね備えた高反発マットレスです。実際に私も使用していますが、特に腰痛効果も高く、それに通気性や快適性も兼ね備えたバランスの良いタイプだと思います。

オリジナルのベロア調のカバーの肌触りの良さ、反発力の高さ、耐久性の高さなども評判どおりで初めて高反発マットレスを試したいと考える人には安心できる返品保証なども魅力的です。

モットンのメリットは、

  • 腰痛効果の高い高反発マットレスであること
  • 寝返りが超簡単で筋力をほぼ使わずにできること
  • 電気毛布や布団乾燥機が使える数少ないモデル
  • 好みの反発力を選ぶことができる
  • 90日の返品保証があるので初めての人でも安心
  • 二つ折り、三つ折りが簡単にできる
  • 通気性が良く、耐久性も高いことが実感できる

モットンのデメリットは、

  • 日本製ではなく、中国製の商品
  • 腰痛効果を実感するまで多少時間がかかることもある
  • 寝心地に慣れるまで数日かかった

モットンと雲のやすらぎを比較。どっちが腰痛効果が高いのか?

モットンも雲のやすらぎプレミアム敷布団も両方共に良い商品ですが、どちらがより効果的に継続して腰痛効果が高いのか?と言えば、これは間違いなくモットンでしょう。やはり雲のやすらぎプレミアム敷布団はヘタリが出るのが早い。これは高反発マットレスにとって最も避けるべき事実です。

多少ヘタっても厚みがモットンよりも厚いから腰痛効果があるというのは間違いです。均一にヘタってくれればそれは誤りではないのですが、やはり腰の部分からヘタってしまいます。そうすることで理想の寝姿勢を維持することができなくなるので、やはり寝起きの腰痛に悩まされるというのはしかたがないことです。

より継続的に腰痛効果を実感するなら、モットンを選べば間違いないでしょう!


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。