モットンに合うベッドフレームの選び方は、何を基準にどんなタイプの商品を選ぶのが良いのかを紹介します。

モットンの効果や耐久性を高めるベッドフレームの選び方の基準や、モットンのメンテナンスの手間を少しでも軽減させることができるベッドフレームとは?

実際にモットンを普段使いしている私だからこそおすすめできる情報をまとめて紹介しますので、購入前の参考にどうぞ。

モットンに合うベッドフレームの選び方とは?

モットンのような高反発マットレスに合うタイプのベッドフレームといえば、間違いなくすのこタイプのベッドフレームです。

これは睡眠時の通気性や快適性、メンテナンス面から考えてもパーフェクトで、すのこベッドよりも優れているベッドフレームはありません。

モットンや高反発マットレスの通気性は非常に高く、睡眠時にかいた多くの汗による湿気は側面から逃げていきますが、一部が底面に溜まってしまい、それが原因となって底面のカビやダニの原因に。

すのこタイプのベッドフレームなら、そういった底面に溜まる湿気をそこからスムーズに排出してくれますので、快適性が低下するということが起こりません。

すのこタイプのベッドフレームは、基本的に木で作られているので、普通のベッドマットレスの様にヘタって凹んでしまうということも起こりにくい状態。

モットンを載せているベッドマットレスがヘタっていると、変な形にモットンも変形してしまい、理想の寝姿勢を維持できない原因に。

さらに、形状の変化から体圧分散性にも影響が出てしまい、モットンの効果をしっかり得ることができなくなってしまいます。

そういった全てのことを考えた上で、モットンの一番合うのは、すのこタイプのベッドフレームでしょう。

すのこタイプのベッドフレームには、マットレスの下が引き出しや収納になっている商品もあるので、部屋を広く使うこともできます。

現在、パイプベッドタイプのベッドフレームを使用している人の場合に注意しなければならないのは、モットンが滑りやすいカバーだという部分。

パイプベッドタイプは薄いマットレスが多いので、ヘタリはさほど無いでしょうが、側面のガードがないと寝返り時にズレてしまうことも。

クッション性の低いマットレスとモットンのカバーの滑りやすさで、寝返りが激しい人の場合には、睡眠時に少しずれてしまうことも考えられますので、寝る前に位置の確認だけ行うようにしましょう。

総合的、すのこタイプのベッドフレームが一番モットンには合いますが、他のベッドフレームでもまったくモットンに合わないという事はありません。

ただ厚めのベッドマットレスを使用している場合には、そこにヘタリや凹みがないのかだけは、必ずチェックするようにしてください。

モットンはベッドフレーム無しで直接敷いて使用することも可能。

もしあなたがベッドフレームを使用しないのなら、モットンを直接敷いて使用することも出来ます。

これはモットンが高反発マットレスでも、8cmという厚みのあるタイプだからできることで、それより薄いタイプだと、底づきを起こしてしまい腰痛対策などには向きません。

モットンは直接置いても問題ないタイプの高反発マットレスですが、やはり直接敷く場合には、底面の湿気を逃がすようにメンテナンス頻度を高めましょう。

稀に湿気が溜まりやすい家でモットンを使用していると、床から上がってきた湿気等で、モットンのウレタンが劣化してしまい、カビやヘタリを引き起こすことも。

そうなると、長期に渡ってモットンの効果や効能を実感できなくなってしまいますので、数日寝てみて、一度床面の方がどうなっているのかはチェックすべきでしょう。

汗っかきの人で、夏などひと晩に大量の汗をかいている人は、できるだけモットンのメンテナンス頻度を高めましょう。

メンテナンスと言っても、モットンを起こして壁に立てかけるだけですので、外に出したり、天日干ししたりする必要は全くありませんので、数秒〜10秒で終わります。

モットンとすのこベッドなら引越しの際も邪魔にならない

一人暮らしをしていたり、転勤族だったりすると、引越しする機会もあると思いますが、そんな時に普通のベッドマットレスよりも、モットン+すのこベッドがオトクなのを知っていますか?

引っ越しの際にかさばるのがベッドマットレスやベッドフレームですが、すのこベッドなら簡単に分解でき、誰でも組み立てることができるレベル。

しかもモットンは高反発マットレスなので、3つ折りにして収納用の2本のゴムでギュッとしてしまえば、それだけでもかなりサイズが小さくなります。

さらにモットンのサイズを小さくしたければ、布団圧縮袋で吸引してしまえばOK。

元々モットンが配送されてくる際には、圧縮袋に入った状態ですし、それと同じように圧縮袋から出せば、元通りにすぐに戻ります。

このサイズまで小さくできるので、実は家財便など使わずに、普通のヤマト便などで送ることができ、費用が安く済むメリットも。

マイホームで寝室の場所を変えたり、1階から2階にベッドを移動するのも、モットン+すのこベッドなら簡単です。

しかも腰痛改善効果があるモットンですので、本当におすすめ。

もしあなたが本当にモットンの効果を実感したいのなら、モットン+すのこベッド(ベッドフレーム)という組み合わせをおすすめします。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。