高反発マットレスのモットン、腰痛効果を期待して購入しようと考えているのであれば、選ぶべきサイズはセミダブルかダブルがおすすめ。

なぜシングルサイズではなく、セミダブルサイズかダブルサイズを選ぶべきなのかという明確な理由が気になりませんか。

すでにシングルサイズのベッドフレームを持っている場合は仕方がないですが、高反発マットレスのモットンの腰痛改善効果を最大化できるようなサイズを選びましょう。

モットンの効果を実感したいなら、セミダブルかダブルサイズがおすすめ!

モットンを購入しようと考えている人の多くが、腰痛改善効果を期待して高反発マットレスの中でもモットンを選ばれることが多いと思います。

でもモットンでサイズ選びをする際に何も考えずに、1人だからシングルサイズで大丈夫だし、まったく問題がないと思っていませんか?

この記事では、マットレスのサイズを選ぶ基準を紹介しながら、モットンのサイズの選び方も考えてみましょう。

まず人間は寝ている間に、寝返りを一晩で20〜30回も繰り返すことは知っていますよね?

つまりそれだけ一晩中動き回っている状況なので、寝返りを考えた適正なサイズ選びが大切だということ。

一般的には、寝返りを考えた場合、左右に20cmの余裕があれば良いと考えられていますので、体の横幅+40cmというのが基本的なところ。

ちなみに日本人の肩幅は男性が45cmで女性が40cmほどですので、足しても90cmに満たないので、やっぱりシングルサイズで大丈夫なんて早とちりはしないでください。

睡眠時に腕を体にピッタリくっつけて寝ないですよね?

少しゆとりを持ってリラックスしていることを考えると、男性が60cmで女性が50cmほどになり、男性の場合は100cm、女性の場合は90cmというのが求められるマットレスの横幅になります。

モットンのシングルサイズは横幅が97cmで、セミダブルは120cm、ダブルは140cm。

男性の場合ギリギリのシングルサイズよりも、ゆとりを持って120cmのセミダブルの方が、よりリラックスして眠ることができますので、その方が良いでしょう。

セミダブルサイズとダブルサイズに対する日本人の誤解とは?

ちなみにセミダブルにはダブルという言葉が含まれている為に、多くの日本人が誤解していますが、セミダブルは2人用ではありません。

セミダブルサイズとは、ゆったり寝りたい人向けのシングルサイズという意味ですので、この機会にい改めて理解してください。

それにダブルサイズでも、実は大人2人が横になった場合にはリラックスして寝ることはできません。

だから大人と子供だったり、1人で超快適な睡眠を求める人が選ぶサイズ。でもさすがにダブルサイズだと、部屋が圧迫されるという人もいるでしょう。

でも腰痛効果を考えた場合には、少しでもゆったり寝られるサイズを選ぶことが大切ですし、その方が早く効果を実感できます。

モットンの場合は、フローリングでも畳でも床に直置きで使えますので、ベッドフレームを使わずに寝ている人であれば、セミダブルかダブルサイズが好ましいと思いますよ。

シングルサイズとセミダブルサイズのモットンの寝心地の違いは?

実は我が家には、シングルサイズとセミダブルサイズの両方のモットンがあります。

ベッドフレームに収まっている状態で使用してるシングルサイズ、畳の上に直置きして使用しているセミダブルサイズ。

実際に寝比べてみるとその違いが明確ですが、直置きでもセミダブルサイズの20cmというゆとりが寝返り時にも、効果的に身体を支えてくれます。

基本的にセミダブルサイズは来客用に使用していますので、私自身があまり寝ることはありませんが、やはり寝返りをした際にも、横幅にゆとりがあるので非常に快適。

ベッドフレームがシングルサイズなので、普段使いにはそちらを使っていますが、セミダブルサイズのベッドフレームがあれば、間違いなくその方がよいでしょう。

シングルサイズでも腰痛改善効果は、しっかり実感できますが、やはり男性だと少し狭いかもしれませんね。

いずれにしても、寝返りをどういう状態で行えるのかというのは、高反発マットレスの本来の効果を実感するためにも非常に大切なこと。

ぜひあなたにあったサイズ選びを行って、モットンの持っている腰痛改善効果をしっかり実感してくださいね。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。