高反発マットレスは、開封時にウレタンの臭いが気になる商品もあります。

 

臭いの感じ方は個人差がありますし、

商品によっては臭い対策を行っているものもありますが、それでも臭いが気になる人もいる様子。

実際にどのように対処するのが良いのか、ウレタンの臭いが気になる高反発マットレスの対処方法を徹底検証します。

高反発マットレスの臭いの原因はアミンという化学物質

ウレタン製の高反発マットレスは臭いが気になる。

ネット上にはそのような書き込みが多数あることで、臭いが気になってしまうという人もいらっしゃるでしょう。

 

確かにウレタン製の商品は臭いがあります。

この部分は否定しませんが、少し考えてもらいたいことがあります。

 

車を新車で購入したことがある人は、

新車独特の臭いがするのを知っていると思いますし、洋服やタオルを買っても新品特有の臭いがしますよね?

 

同じように高反発マットレスにも臭いがある。

特に高反発マットレスの臭いの原因はウレタン素材を使っていることで起こるもので、触媒に使用されるアミンという化学物質の影響です。

 

臭いの質としては新車に近い。

そう思ってもらうと、どんな臭いがするのかというイメージがつきやすいでしょう。

 

化学物質、アミン??健康に問題ないのと安全性が気になる人もいらっしゃると思いますので、その安全性を紹介すると・・・

ウレタンフォームのアミンに対する専門家の見解は?

日本ウレタン工業協会というウレタンフォーム製品を製造する会社からなるウレタンフォーム工業会とウレタン原料を扱うウレタン原料工業会が組織した団体があります。

原料からフォーム製品まで幅広くポリウレタン産業に関する安全、環境、技術の課題、省エネルギーへの取り組み、広報活動等を行っている団体の見解を紹介すると、

 

軟質ポリウレタンフォームの臭いの主成分は、触媒として使用されている第3級アミン類。ポリウレタンフォーム製造時に0.05~0.5%の濃度で添加され、製造時の熱により大半は揮発しますが一部フォーム中に残存し、これが軟質ポリウレタンフォームを開梱した時に臭いとして残っていることがあります。

 

しかしその濃度は非常に低いので、人体への影響はほとんどありません。ただその臭いに違和感を感じ、気分が悪くなった場合は、日陰で充分風にさらしてから使えば問題ありません。

参照:日本ウレタン工業協会

 

ウレタンの安全性や普及に務める団体でも、

このように考えていますので、高反発マットレスの開封時の臭いで健康被害が起こる可能性は限りなく低く、風通しの良い場所においておけば問題ない。

 

高反発マットレスにはホルムアルデヒド残存検査などを行っている商品もありますので、そういった意味でも安全性に特に問題があるということはないでしょう。

 

ウレタンの臭いが気になる高反発マットレスの対処方法は?

高反発マットレスを開封した際の独特のウレタンの臭いが気になる。

そんな時はどう対処すればよいのか?

 

ひとつは風通しの良い所で陰干しをするという方法。

開封後1日〜2日ほど干しておけば、使用時に臭いが気になることはあまりないと思います。

 

それでも不安な際には、ファブリーズなどの消臭剤を定期的にかけてあげると臭いも一緒に揮発しますので、臭いはかなり軽減されます。

 

もうひとつの方法としては、

カー用品店に売っている新車の消臭剤を使うというのもありでしょう。

 

臭いの質が新車のウレタン臭に近いので、

それを改善できる新車用の消臭剤を選んで使えば、アミン類の臭いも自然と消えるはずです。

 

絶対にやってはいけない方法は、天日干ししてしまうこと。

天日干しすることで、

高反発マットレスのウレタンが熱や紫外線で変形したり、硬さが変わってしまうこともあるので、この方法だけは絶対にしないでください。

選ぶマットレスの種類で臭いの強さが大きく変わる。

ウレタンの臭い問題は高反発マットレスだけの話ではありません。

低反発マットレスでも同じように臭いがするものもありますし、中にはチョット化学薬品っぽい臭いがする商品があることも。

 

化学物質系の臭いがする場合には、

粗悪な素材が混ざっていたりしますので、個人的には使用したくないですよね。

 

ネット上の口コミのひどいものには、

開封初日は部屋に充満する程の臭いが強く、臭いが1〜2週間もとれずに大変だったというものまで。

 

 

こういった商品はかなり粗悪な素材を使用している可能性がありますので、あまりにも安すぎる高反発マットレスは選ばないことが大切です。

 

臭い対策を行っている高反発マットレスもある

以前はウレタンの臭いが本体だけではなく、箱からもして臭かったという口コミが多かった高反発マットレスのモットン。

 

リニューアル後のモットンは、

梱包材のダンボールの内側に炭の消臭剤が追加されており、ダンボールに移る臭いを消臭してくれています。

 

マットレス本体は圧縮されてきますので、

そこに消臭剤を追加することはできませんが、少しでも臭い対策を行ってくれるというのは、ダンボールを捨てるまでの数日を快適に過ごせるのでうれしいポイント。

 

このような商品もあるので、

ウレタン製の高反発マットレスのすべてが臭いということではなく、商品による違いもありますし、対策や改善が行われているということも知っておくとよいと思います。

 

臭いが気になる高反発マットレスでも、

健康面への被害や悪影響はほぼないということがわかっていますので、安心して使用することができますね。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。