最近、実店舗で行っているサービスの一つに高反発マットレスのレンタルサービスがあるのをご存じでしょうか?しかも誰もが気になるであろうマニフレックスを貸し出している正規販売店すらあるんです。でもレンタルサービスは使用すべきなんでしょうか?いろいろ気になる高反発マットレスのレンタルサービスについて少し考えてみたいと思います。

高反発マットレスをレンタルサービスとは?

実際の寝心地を自宅の環境でどうなのかを確認してみたいという人にはこの高反発マットレスのレンタルサービスというのは非常に良いサービスのように思えるのですが、レンタルサービスなので、いくつか気をつけるべき注意点があります。

まず実際にどんな商品がレンタルできるのか少し調べてみました。とあるマニフレックスの正規販売店でレンタル可能な商品は、

・マニコスモ

芯材には高反発フォーム「エリオセル」を4㎝使用し、ジャガードキルトの中にはエリオファイバーを400g/m²を内包することで豊かなクッション性を実現。折りたためる利便性を備えたベッドタイプ・レイの最新・最高峰の商品です。

・スーパーレイEX

手持ちのマットレスや布団の上に置くだけで、マニフレックスの最上級モデル「モデルEX2」の「柔らかいのに高反発」という寝心地を感じることができます。高反発マットレス独特の柔らかさが生み出す包み込まれる様な寝心地を感じられる商品です。

・モデル 246

「睡眠のクオリティアップ」の為にマニフレックスが更なる研究を進めた結果、完成したスタンダードモデル。芯材の高密度反発構造素材である「エリオセル」がマットレスに最適な弾力性と復元性を発揮して睡眠姿勢をサポートしてくれる商品です。

・マニスポーツ

エリオセルをハードタイプに仕上げたマニフレックスの中でも最も硬いタイプです。【超ハード+体圧分散】をテーマを商品化。硬めなのに優れた体圧分散効果を備えているので、長時間寝ても身体に負担がかからないと人気の商品です。

というような感じで、実はまだまだ多くのマニフレックスの高反発マットレスをレンタルすることが出来るんです。でも注意点て何?ということを最初に知っておく必要があります。

高反発マットレスをレンタルする際の注意点とは?

・送付時の送料は確実にこちらが負担すること

購入すれば、返却時の送料と購入商品の送料を負担してくれますが、もし購入しなければ往復の送料を負担しなければならないんです。僅か1週間の為に1万円ほどの費用が発生するなんてこともあるので、実はかなり非効率なんです。

・購入はレンタルした店舗のみ

当然ながらレンタルされるマットレスのメンテナンス費用や管理費用などがあるので、それをペイするためにその店舗でのみのレンタルとなるわけです。近所のお店や他の場所での購入制限がかかるようなイメージです。

・1週間しかレンタルできない

期間を延長することができません。1週間を経過した段階で購入か返品かの最終判断をしなければなりませんので、時間にゆとりが合わない人には向かないサービスなのかもしれません。

・室内でペットを飼えない

マットレスをレンタルしている間は、室内でペットを飼うことができません。つまり室内犬や猫と暮らしている様な人の場合には、このサービス自体を活用することができないのです。

・喫煙禁止です。

これは匂いがつきますし、最悪穴が空いてしまうこともあるので、仕方ないことですが喫煙者がいる家庭の場合にはレンタルサービスは行わないほうが良いでしょう。

・アレルギーのある人は注意が必要

返却されたマットレスはすべて消毒処理されますが、動物を飼っている人、喫煙者など黙っている人も全くいないとは限りませんので、知らぬ間にアレルギー物質が紛れ込んでいたなんてことも考えられます。

さてそこまで制限があるのにあえてそんなレンタルサービスを試したいとあなたは考えますか?私なら少し躊躇してしまうと思います。もし不慮の事故が起こった場合でも最悪は買い取りになってしまうリスクがあるからです。

それなら予め返品や返金制度のある高反発マットレスを試してみるという方が、特に制限も無く本来の効果を実感できるのだと思います。高反発マットレスのモットンなどは90日も無料で試せるわけですし、送付時の送料の負担などもありません。

そういったことも考えると特に制限のないレンタルサービスのようなもの。じっくり試した上で時間的な余裕を持って購入の判断ができると考えるとこんなお得なサービスは他にないのではないかと思います。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。