柔らかい寝心地が欲しいと思うなら、高反発マットレスではなく低反発マットレスを選んだ方が良いでしょう。高反発マットレス自体は柔らかい寝心地を追求したものではなく、寝心地よりも体への負担を最小限にする寝姿勢の維持や体圧分散性を高めていますので寝心地は低反発マットレスと比較するとよくないんです。

柔らかい寝心地を望むなら、低反発マットレスを選ぼう!

これはもうどうすることもできない話ですが、柔らかい寝心地を取るのか?それとも腰痛改善効果や睡眠の質を高めることができる効果を期待して高反発マットレスを選ぶか?その両方をと思う人もいるかもしれませんが、現時点ではそれは難しい話です。

低反発マットレスの強みはやはり寝心地が非常に高いレベルで満足できるところです。柔らかい肌さわりに体全体が沈み込む独特の寝心地。一度味わってしまうとその寝心地の良さに低反発マットレスを手放せないという人も多いのもわかります。

しかしあなたがもし腰痛や肩こりなどの症状を抱えていたり、どれだけ寝ても寝起きにはだるさや疲れが残っている印象を感じてしまったり、寝返りの際に起きてしまうなどの状況にあるのであれば、低反発マットレスよりも高反発マットレスがおすすめなんです。

ここで大事なことは高反発マットレスが硬くて寝心地が悪いということではなく、低反発マットレスが寝心地が良すぎるということです。それを理解しないと少し大きな間違いをしてしまう可能性があります。

確かに低反発マットレスと高反発マットレスを比較すればそう感じますが、これまで低反発マットレスを使ったことがない人にとっては、高反発マットレスもそこまで寝心地が悪いものでもないんです。

せんべい布団やボンネルコイルマットレス、ポケットコイルマットレスやホームセンターなどで売られている一般的なマットレスをもしあなたが使っているのであれば、柔らかい寝心地ではありませんが、そこまで寝心地に対する不安なを感じなくとも良いと思いますよ!

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。