高反発マットレスはベッドの上に重ねて使っても大丈夫なのか?ということが気になると思います。最近はトッパーと呼ばれるベッドマットレスの上に敷いて使用するタイプの商品も販売されていますが、購入時に注意点はないのか?などベッドの上に置くことのメリット・デメリットを紹介します。

高反発マットレスはベッドの上に重ねても大丈夫なのか?

これは置くベッドマットの状態とベットの状態で変わってしまうので、どちらとも言い切れないという感じなんです。なぜそんな曖昧な答えになるのかというと、現在使用している別途のマットレスやベットのデザインなどの影響を受けてしまうからです。

まず真っ先にやめたほうが良いといえるのは、10年以上も使ったような既にヘタってしまっているマットレスの上に高反発マットレスを敷いてしまうことでデメリットしかないという話です。高反発マットレスは平坦なところに置くことで体圧分散性を発揮できます。しかし既にヘタっているベットの場合、ゆがんでしまったり、一部に圧がかかりやすくなってしまったり、本来の性能を発揮できない環境になってしまうんです。

それがどういう意味かということはわかると思います。体圧分散性が下がったり、ゆがんでしまうということは、それが腰痛や肩こりの原因になったりしてしまうんです。特にトッパータイプの薄い高反発マットレスを使う場合には、ベットの上に置く前にヘタリの状態をチェックしてください。もしヘタっていない状態のものでも、非常に柔らかいマットレスの場合にはこれも底面の歪みの原因になりますので注意が必要です。

またベットの上に置くということは、既にあるマットレスの高さに今回追加する分のマットレスの厚みが増えるということになります。その結果、ベットライトや収納棚など本来は寝ながら使えたものが使えなくなる可能性もありますので、新たに購入する商品の高さを最初に考える必要があります。

最後に3つ折りタイプの高反発マットレスをベットの上に置くと折り目の部分に荷重がかかり、そこから極端にへたり始めるということもありますので、ベットの上に置くなら1枚もののマットレスを購入することを前提に検討するのが良いでしょう。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。