高反発マットレスの処分や廃棄方法にはどんな方法があるのか?マットレスを買い換える際に必ず必要になるのが以前使用していたマットレスの処分です。そこで今回は高反発マットレスの処分方法について紹介したいと思います。事前にマットレスの処分方法を知っておくことで将来的なことも考えて高反発マットレスを購入するかどうか考える方が得策だと思います。

高反発マットレスの処分(廃棄)方法とは?

高反発マットレスの処分はポケットコイルマットレスやボンネルコイルマットレスなどのベットマットレスに比べると比較的に負担がすくないですが、高反発マットレスにはウレタンと3D構造体、天然ゴムなどの素材による違いがあるので多少処分方法が違ってきます。

粗大ごみとして捨てる

最も簡単で確実に処分できる方法が粗大ごみとして処分することではないでしょうか?まず粗大ごみ回収センターに連絡をして、高反発マットレスを粗大ごみとして捨てることが出来るか?回収日はいつか?回収場所はどこか?その際の手数料がいくら掛かるのかを確認します。

あとはコンビニで粗大ごみようの手数料シールを購入してそれを貼り付けて粗大ごみの日にゴミ捨て場まで持っていけばOKです。非常に簡単で確実な方法ですが、高反発マットレスのサイズや種類によって持ち運びが難しいこともありますので、その点だけ確認しておきましょう。

細かくして燃えるゴミとして捨てる

これもまずは地域の自治体で通常の燃えるゴミとして今使っている高反発マットレスが処分できるのか?確認することから始めます。(ウレタン・3D構造体・天然ゴム)など素材によって燃えるゴミになるかどうか、異なる判断がされると思います。

そして燃えるゴミでも問題がない場合には、小さく裁断して燃えるゴミの日に出すようにします。その際に切りカスなどが室内に飛散したりすることもあるのでできればベランダや屋外で裁断するようにします。

業者に回収に来てもらう

リサイクルセンターや中古買取りを行っている業者を探してそこに電話をかけて費用などを確認します。高反発マットレスのサイズや素材などにもよりますが数千円の処分料は覚悟しておきましょう。

ただ業者のスタッフが運んでくれますので、力仕事に自信がない人などはこの方法がおすすめかもしれません。マンションなどの場合は階数が大丈夫か?搬出経路に問題がないなど、事前に不安になるような点は伝えておき、当日に引き取りが無理になったり、価格が変わるのを予防しましょう。

廃品回収業者に出す

軽トラックなどで無料で引き取りますと大音量でスピーカーから音を出しながら回っている廃品回収業者がいますが、基本的に高反発マットレスの場合には有料になることがほとんどだと思います。

彼らは電化製品の基盤や転売時に商品価値のあるものは無料で引き取りますが、高反発マットレスのような商品は転売価値も低く、商品サイズも大きいために有料での引取りがほとんどですので、時間を無駄にしないためにも廃品回収業者はあまり使わないようにしましょう。

友人にあげたり、ネットオークションなどで売る

高反発マットレスは高額な商品も多いので中古でも欲しいという人がいます。ただオークション等に出す場合には、送料が高くついたりしますので、その点をどちらが負担するかなど問題になりますので、できれば引取りに来てくれる人のほうが良いでしょう。

無料で引き取ってくれるお店で新しいマットレスを買う

これも手間と費用がかからない方法です。新しいマットレスを購入する人向けのサービスとして無料処分のサービスを行っている店舗もありますので、そこで購入し処分してもらうというのも方法の一つです。
基本的に高反発マットレスは寿命の長い商品なので、あまりにも寝心地が良くない、湿気とうでカビてしまったり、ダニが発生したなどのトラブルが無い限りは買い換えることもないかもしれません。

でも事前にこういった情報を知っておくことで、後になって困ることも少ないと思いますので、処分方法についても最初に理解しておくと良いと思います。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。