ふとんタイプの高反発マットレスであるエイプマンパッドPAD4。

エイプマンシリーズの極薄タイプとしても人気の商品ですが、エイプマンパッドPAD4の気になる評判や口コミはどうなんでしょうか?

実際の使用者の声も踏まえて紹介したいと思います。

エイプマンパッドPAD4の特徴やメリットとは?

エイプマンパッドPAD4の特徴は、高反発マットレス「エイプマンパッド」のお布団タイプのマットレスだということ。

高反発マットレスでも耐久性の高い密度30DのAPPU硬質フォームを使用し、4cmの厚さがあえるので1枚でも、重ね使いでも使える汎用性を備えている点。

そして、高反発マットレスで最も重要な反発力が170Nなのに丸洗い可能という部分です。

エイプマンパッドPAD4のメリットは軽さです。

シングルタイプで3kg台なので、持ち運びにも便利ですし、丸洗いできるのでお子さんがおねしょをしても大丈夫でしょう。

エイプマンシリーズは、90日間使用後の返品受付サービスもあり、2017年4月の返品率は1.22%(メーカー発表値)

エイプマンシリーズ全体に言えることですが、販売店は楽天とヤフーショッピング、アマゾンしかありません。

エイプマンパッドを購入する際には、この3つのサイト以外から購入しないようにしましょう。

apman4

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

エイプマンパッドPAD4のデメリットとは?

4cmという厚みはメリットもデメリットもあります。

特に横向き寝の人の場合、底づき感が気になる人もいますので、特に体重の重い方は注意が必要です。

4cmの厚みでも大丈夫かどうかは、他のメーカーのトッパータイプの高反発マットレスで試しに寝てみるとわかると思います。

その際には、ニトリなどの家具量販店が良いと思います。

それとエイプマンシリーズは、外部機関による検査データや体圧分散のデータ等を見ることができないという点も気になります。

エイプマンパッドPAD4の気になる評判や口コミは?

・今まで使っていた敷き布団の上に置いて使っています。寝起きの腰痛は無くなったと思いますが、ちょっと熱くて寝苦しいです。

・最初の2〜3日は良い感じでしたが、徐々に痛くなってきました。ぺったんこの安物のマットレスを下にひいたり、実家にある布団と合わせて使用しています。

・使い始めた当初は腰痛が悪化しましたが、徐々に慣れて腰痛も改善されました。でも今度はなぜか首から背中にかけて痛みが出るようになってしまいました。なんでだろう・・不思議な話です。

・自分と妻用に2枚購入しましたが、体重の軽い妻はこれで腰痛が悪化してしまったようです。体重がある私には良かったのに、もしかしたら妻のように軽すぎると合わないのかもしれませんね。

apman42

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

エイプマンパッドPAD4は実際にどうなのか?

エイプマンパッドPAD4が良いかどうかは、私はなんとも言えません。

それはなぜか?

寝心地の好みは人それぞれ、170ニュートンは高齢者で低反発マットレスを使っている人には、少し硬いと感じますし、筋肉量が多ければそのくらいがちょうどよいと感じます。

エイプマンパッドPAD4は店頭で試すのが難しいので、西川エアーの高価格の高反発マットレス(170〜190N)と低価格のマットレス(100〜115N)で比較するのもひとつの方法。

日本人の標準体型に近い私の場合には、170ニュートンや190ニュートンは硬すぎて、115ニュートンでは柔らかすぎました。

最終的に140ニュートンの高反発マットレスを選んで購入しています。

それかエイプマンパッドPAD4を購入し、合わなかったら返品するというのもひとつの方法ですね、実際の返品率も低いようですし・・・。

ただ高反発マットレスは一度開封すると、小さく戻すのは大変ですので、そのあたりは総合的に考えた方が良いかもしれません。

ということで、エイプマンパッドPAD4に興味がある人は、楽天やアマゾンなどでチェックしてみてください。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。