フローリングに高反発マットレスを直置きして使おうと考えているのであれば8cm以上の厚さがあるタイプじゃないと腰痛効果を実感できません。できれば8cmよりも10cmの厚みがあるタイプの方が安心できます。それと単に厚みだけではなく、復元力や密度もしっかりチェックして耐久性も確保しましょう。

フローリングに高反発マットレスを直置きするなら8cm以上!

高反発マットレスをフローリング床に直置きして使いたいと考える人もいると思います。その時に最も注意しなければならないのは、購入する高反発マットレスの厚みです。この厚み4cmとか6cmのトッパータイプのものを間違えて購入してしまうと最悪です。腰痛効果があるどころか、底づきしてしまい腰痛が悪化することも考えられます。

特に体重の重たい人は、高反発マットレスの厚みをしっかり確保することが必要で、通常であれば8cmであればフローリングに直置きでも問題ないですが、安心を考えると10cmの方が良いと思います。私も10cmの高反発マットレスを使っていますが、これくらいの厚みがあれば床に直置きしても違和感はないでしょう。

薄すぎると万年床のような感じて見た目にも良くないです。誰も来ない部屋であれば問題ないかもしれませんが、マットレスというイメージを考えるとやはり多少の段差は必要ではないでしょうか?

それと厚みだけを優先して復元力をチェックしないで1万円程度の高反発マットレスを購入すると最悪です。どんどん腰の部分がヘタって見た目にも触っても凹んでいるのがわかるような状態になります。そうならないようにするためにも第三者機関の試験結果があるマットレスを選んだほうが良いです。

更にもう一言言えば、ウレタンの密度も大事です。密度があまりにも低いウレタンだとやはりこれも耐久性に問題が出てしまいます。マットレスをフローリング床に直置きするだけでも実はヘタりやすい(湿度の影響を受ける)ので、メンテナンスも重要になりますが、それ以前にヘタりやすい高反発マットレスだとメンテナンスの意味がありません。

総合的に考えてもフローリングに直置きで高反発マットレスを使う際には、腰痛がある人なら3万円以上の商品を買わないと腰痛効果は望めないと思います。何度も買い換えるよりも一度良い商品を買ってしまった方が実は経済的だったりもしますよ。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。