高反発マットレスのモットンは少し柔らかいという話を聞くけど、実際のニュートンはどうなのか気になりますよね。そこでモットンのニュートンと一般的な高反発マットレスの定義など高反発マットレスの柔らかさやニュートンについての情報を紹介します。

モットンは柔らかいと聞くけどニュートンはどうなの?

一般的に100ニュートン以上のものを寝具業界では高反発マットレスと呼んでいるようです。ちなみにモットンは140ニュートンの商品しかありませんでしたが、現在は商品ラインナップが増えて100ニュートンと170ニュートンの3つの硬さから好みのものを選ぶことができる様になっています。

一つの高反発マットレスでここまで硬さが違う商品ラインナップを用意しているのも珍しいです。多くの寝具メーカーが単一商品、もしくは他の技術を導入して柔らかさやニュートンの違いを演出しています。

東京西川のエアーなどはウレタンの形状を大きく変えることで様々な柔らかさの商品を
用意している事を考えてもモットンのようにウレタン系の1枚もので、100ニュートン・140ニュートン・170ニュートンと選べる高反発マットレスは他に無いように思います。

実際の柔らかさですが、少し細身の私には140ニュートンもあれば十分です。もしあなたが100キロ以上の巨体だったり、元々床で寝ていたような人、凄く固めの寝具が好きな人であれば、モットンを柔らかいと感じるかもしれませんが、東京西川のエアーに比べるとより低いニュートンでもモットンの方がしっかりとした硬さはあります。

これは形状による違いです。点で支えるタイプやウレタン系ではなく、釣り糸のような3次元構造体のタイプは実際のニュートン値よりも少し柔らかく感じるでしょう。

モットン以外の高反発マットレスのニュートンはどうなのか?

では実際にモットン以外の高反発マットレスの柔らかさはどうなのか?何ニュートンくらいの商品が多いのかを紹介します。

  • マニフレックス 170ニュートン
  • 雲のやすらぎ 110〜120ニュートン(記載なし)
  • エアウィーヴ 100ニュートン
  • トゥルースリーパー 40ニュートン
  • ブリジストン 200ニュートン

これはあくまでもニュートン(硬さ)の話です。高反発マットレスの効果は硬さだけではなく、素材の厚さ、素材の密度、体圧分散、耐久性など様々な要素で決まります。一般的に体重が重い人ほどニュートンの値が大きなもの(硬いもの)が合致しているという科学的なデータが有ります。

しかし個人が快適だと感じる硬さや柔らかさには違いがあり、田中将大投手などは190ニュートンの東京西川エアーよりも170ニュートンの東京西川エアーの寝心地の方が快適だと感じたようです。

東京西川の170ニュートンだとかなり柔らかい寝心地になるので、統計データ上はお勧めできないものでも、結局は個人の感覚に大きく左右されるものであるということを理解しておきましょう。

ちなみにモットンの140ニュートンは私にはピッタリです。もしかしたら100ニュートンで良かったのかもしれないと思うくらいしっかりしていますので、140ニュートンだからモットンが柔らかいということはないでしょう。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。