モットンに合うベッドフレームの選び方は何を基準にどんなタイプを選ぶのが良いのか。ということが気になりませんか。そこでモットンの効果や耐久性を高めるベッドフレームの選び方の基準やモットンのメンテナンスの手間を少しでも軽減させることができるベッドフレームについて紹介します。

モットンに合うベッドフレームの選び方とは?

モットンのような高反発マットレスに合うタイプのベッドフレームと言えば、間違いなくすのこタイプのベッドフレームです。これは睡眠時の通気性や快適性、メンテナンス面から考えてもすのこベッドに敵うベッドフレームはありません。

モットンや高反発マットレスの通気性は非常に高く、睡眠時にかいた多くの汗による湿気は側面から逃げていきますが、一部が底面に溜まってしまい、それが原因となって底面のカビやダニの原因になるんです。

すのこタイプのベッドフレームなら、そういった底面に溜まる湿気をそこからスムーズに排出してくれますので、快適性が低下するということが起こりませんし、基本的に木なので普通のベッドマットレスの様にヘタって凹んでしまうということも無いんです。

モットンを載せているベッドマットレスがヘタっていると、変な形にモットンも変形してしまい、理想の寝姿勢を維持できないだけではなく、耐圧分散性にも影響が出てしまい、モットンの効果をしっかり得ることができません。

そういった全てのことを考えた上で、モットンの一番合うのは、すのこタイプのベッドフレームです。すのこタイプのベッドフレームには、マットレスの下が引き出しや収納になっている商品が多いので、部屋を広く使うこともできます。

現在、パイプベッドタイプのベッドフレームを使用している人の場合に注意しなければならないのは、モットンが滑りやすいカバーだという部分です。パイプベッドタイプは薄いマットレスが多いので、ヘタリはさほど無いでしょうが側面のガードがありません。

そうなるとクッション性の低いマットレスとモットンのカバーの滑りやすさで寝返りが激しい人の場合には、睡眠時に少しずれてしまうことも考えられますので、寝る前に位置の確認だけ行うようにしたほうが良いと思います。

総合的にはすのこタイプのベッドフレームが一番モットンには合いますが、他のベッドフレームでもまったくモットンに合わないという事はありません。ただ厚めのベッドマットレスを使用している場合には、そこにヘタリや凹みがないのかだけは必ずチェックするようにしてください。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。