モットンの腰痛効果を期待して購入しようと考えているのであれば、選ぶべきサイズはセミダブルかダブルがおすすめです。なぜシングルではなく、セミダブルかダブルなのか?既にシングルのベッドフレームを持っている場合は仕方がないですが、モットンの効果を最大化できるようにサイズ選びをしましょう。

モットンのサイズはセミダブルかダブルがおすすめ!

モットンを購入しようと考えている人の多くが腰痛効果を期待して高反発マットレスの中でもモットンを選ばれることが多いと思います。でもモットンでサイズ選びをする際に何も考えずに1人だからシングルサイズで大丈夫と思っていませんか?

マットレスのサイズを選ぶ基準を紹介しながら、モットンのサイズの選び方も考えてみましょう。

まず人間は寝ている間に寝返りを一晩20〜30回も繰り返すことは知っていますよね?つまり一晩中動き回っているわけです。そうすると寝返りを考えた適正なサイズ選びが大事になってくるわけです。

一般的には寝返りを考えた場合、左右に20cmの余裕があれば良いと考えられていますので、体の横幅+40cmというのが基本です。ちなみに日本人の肩幅は男性が45cmで女性が40cmほどですので、足しても90cmに満たないのでシングルサイズで大丈夫。なんて早とちりはしないでください。

睡眠時に腕を体にピッタリくっつけて寝ないですよね?少しゆとりを持ってリラックスしていることを考えると、男性が60cmで女性が50cmほどになるんです。つまり男性の場合は、100cm、女性の場合は90cmというのが求められるマットレスの横幅です。

モットンのシングルサイズは横幅が97cmで、セミダブルは120cm、ダブルは140cmです。男性の場合ギリギリのシングルサイズよりもゆとりを持って120cmのセミダブルの方がよりリラックスして眠ることができます。

セミダブルとダブルサイズに対する日本人の誤解とは?

ちなみにセミダブルにはダブルという言葉が含まれている為に多くの日本人が誤解していますが、セミダブルは2人用ではありません。ゆったり寝る人向けのシングルサイズなんです。ここ誤解している人が多いんです。

それにダブルサイズでも実は大人2人が横になった場合にはリラックスして寝ることはできません。だから大人と子供だったり、1人で超快適な睡眠を求める人が選ぶサイズなんです。でもさすがにダブルサイズだと部屋が圧迫されるという人もいるでしょう。

でも腰痛効果を考えた場合には、少しでもゆったり寝られるサイズを選ぶことが大切です。モットンの場合、フローリングでも畳でも床に直置きで使えますので、ベッドフレームを使わずに寝ている人であれば、セミダブルかダブルサイズが好ましいと思います。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。