京都西川の高反発マットレス敷布団は快適な寝具なのか、実際の寝心地や効果が気になっていませんか。

京都西川が販売しているローズラジカル敷布団は、ダブルウェーブ構造の高反発マットレス(敷布団)で、3つ商品ラインナップがあります。

実際にどのような特徴がある商品なのか、期待できる効果や効能を使用者の口コミや評判を元に徹底検証。

京都西川の会社概要や会社情報とは?

京都西川とは1566年創業で450年以上の歴史がある寝具メーカー。

元々は蚊帳を製造販売していた流れから、布団や毛布などの寝具を明治時代から製造し、健やかな眠りをサポートする事で「眠り文化」を発信している企業です。

代表商品である「ローズ肌ふとん」は昭和42年から開発が始まり、現在の「ローズラジカル敷きふとん」へと進化。

京都西川の高反発マットレス敷布団の商品は?

京都西川で販売されている高反発マットレスは、ローズラジカルシリーズ。

公式サイトで紹介されている3つのモデル(ローズラジカル敷布団・ローズラジカル エクストラモデル・ローズテクニー)について、その機能や特徴、サイズや値段などを紹介します。

ローズラジカルシリーズの商品を購入検討している方は、購入前の情報収集に役立ててください。

ローズラジカル敷布団

ダブルウェーブ構想で体をバランスよく支え、背筋がスッキリするような寝心地が特徴。

シュプールスタイルMS、ボディトレース プレミアムタイプ、スーパーハード ベーシックタイプの3種類があります。

シュプールスタイルMSとは、メッシュラップ層で接触面積を低減させて寝返りをしやすい構造で、従来のダブルウェーブわたと比較して、表面接触面積比率を75%にまで低下。

・シングルサイズ:厚み5cm、幅100cm、長さ200cm、3.2kg(詰め物のみの重量)で、料金は41,040円

ボディトレース プレミアムタイプとは、しっとりしっかりな高クッション性が自慢でクッション性の高いダブルウェーブわたと、通気性に優れた特殊3次元構造繊維との組合せのこと。

体のラインにフィットするようなしなやかな寝心地が自慢で、寝返り時の音もなく快適に過ごせるプレミアムタイプ敷きふとんの決定版です。

・シングルサイズ:厚み8cm、幅100cm、長さ200cm、4.8kg(詰め物のみの重量)で、料金は102,600円

スーパーハード ベーシックタイプとは、親水性が高く汗などの水分をすばやく内部に取り込み拡散・発散させるベッドにもおすすめなトッパータイプのモデルです。

・シングルサイズ:厚み4cm、幅100cm、長さ200cm、3.3kg(詰め物のみの重量)で、料金は37,800円

ローズラジカル エクストラモデル

ローズラジカル エクストラモデルとは、腰やお尻のセルフ指圧が自然にできる敷布団型の高反発マットレス。

特殊ウェーブ構造の固綿で体をしっかり支え、固めの構造なので寝返りもしやすく、へたりにくいという特徴が。

頭・胴・足と部位ごとの硬さを変えていたり、浪越孝氏によるセルフ指圧ガイド付きで、寝たままで指圧を行えることで健康促進を目指した敷ふとんです。

・シングルサイズ:幅100cm、長さ200cm、4.6kg(詰め物のみの重量)で、料金は32,400円

ローズテクニー

ローズテクニーとは寝ながらできる健康管理をコンセプトに開発された家庭用医療機器で、電位治療と温熱治療の機能を持った高機能寝具。

ローズテクニーは負電位を体に与えることで、血液中の帯電微粒子のバランスを調整する事ができます。

その結果、頭痛や肩こりを和らげたり、不眠症の改善に繋がったり、慢性便秘の予防や解消などの効果を実感することができます。

ローズテクニーJNR-1004/JNR-1005 ハイバランスタイプ

・シングルサイズ:厚み3.8cm、幅100cm、長さ200cmで、料金は246,240円

京都西川のローズラジカル敷布団の口コミや評判は?

・ローズラジカルだけで寝れると聞いていたが、実際に寝てみたら固すぎて背中が痛くなってしまったので、今はマットレスの下に敷いて使っています。

・腰痛は良い状態になりましたが、期待していた効果の首こりには全く効かなかった。個人差があるかもしれませんが、非常に残念です。

・最初になぜか除湿シートだけが送られてきてびっくりしました。メールに記載されていたとのことですが、見落としていました。

ローズラジカル敷布団はメーカー直送ということでしたが、届くまでに時間がかかったのですごく残念です。

・固めなので人によって好みは違うと思います。私には良かったですが、購入時には実際に商品の上に横になってから決めたほうが良いと思います。

・正直固いです。私は寝心地的にも問題ありませんが、妻は固いので寝にくいと言っています。体重の軽い女性には向かないのかもしれません。

京都西川のローズラジカル敷布団の気になる効果とは?

ローズラジカル敷布団は高反発マットレスといっても、ベッドマットレスというよりは高反発敷布団といったほうが良いでしょう。

使用方法もトッパータイプのローズテクニーを除けば、布団のように上げ下げしている人が多いように思います。

口コミや評判にもありますが、やはり固さが非常に気になるかも。

また高反発マットレスとはいうもののニュートン(反発力)や耐久性、体圧分散、メーカー保証等のない商品ですので、このあたりはしっかり検討するほうが良いと思います。

高反発マットレスとして考えた時には、固さを前面に出しているもので、各種資料(ニュートン、耐圧分散、耐久性)などの試験結果が公表されていないので、効果がわかりにくい状態。

京都西川という安心できる国産メーカーですが、高反発マットレスを購入する際にローズラジカルシリーズはあえて選ぶべき商品ではないかもしれません。

このあたりはメーカーに対する信頼感もあると思いますので、最終的に自己判断で購入の可否を判断するのが良いでしょう。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。