うつ伏せ寝の人には高反発マットレスではなく低反発マットレスの方が向いていると言われますが、なぜそうなのでしょうか?寝姿勢によるマットレス選びは大事なポイントですが、なぜうつ伏せ寝になっているのかを考えた上で、より良い寝姿勢で寝れるようにすることが良い選択のひとつだと思います。

うつ伏せ寝に高反発マットレスは向かないのか?

これはうつ伏せで寝ることで、手足に負担がかかり朝起きた際にしびれていたり、寝返りには労力を必要とするので、寝返りが上手くいかないことで体の全体的な痛みに繋がったり、血液の循環が上手くできなくなり、血栓ができ易くなったり肺やお腹が下に下るので、複式呼吸ができにくくなり、リラックス出来ずに眠りが浅くなることがあります。

ただ本人が意識していなくとも、寝る前の姿勢が横向き寝からうつ伏せ寝に変わっていく人もいますので、うつ伏せ寝の人は体の負担を軽減させるために低反発マットレスが良いと考えられています。

でもそれで良いのでしょうか?あなたがなぜうつ伏せ寝になっているのか?まさか腰痛が原因でうつ伏せ寝になっていたり、昼間の仕事で体に何かしらストレスがかかっている為にその負荷を取りたくて横向き寝やうつ伏せ寝になっている人もいます。

しかし人間の本来的な寝姿勢は仰向け寝なんです。仰向けをすることで全身への負荷が均等になる姿勢なので身体が歪みにくくなり、腰痛などの症状を起こしにくくなるというメリットがあります。

仰向け寝が出来ない人の場合、重力の影響を受けて舌が喉に落ちやすくなり、いびきや人によっては呼吸がつまるというリスクが生じますし、睡眠時無呼吸症候群の症状が悪化する可能性もあり、非常に危険な状態なんです。

でもいきなり仰向け寝に変えることは難しいですよね?そこで一番現実的な方法は、寝具を変えるということです。仰向け寝に適しているのは高反発マットレスです。横向き寝の場合には低反発マットレスを選ぶのが良いでしょう。

でも体の歪みや負担を考えた場合には、仰向け寝で体に一番負担の少ない高反発マットレスを試してみるのが良いのではないでしょうか?でも寝具って一度買ったら買い換えることが出来ないと思っている人も多いと思います。

しかし最近の高反発マットレスにはお試し期間のあるものもあるので、お試し期間に自分に合っているのかどうかを試してみて、その上で最終的な判断をすることが望ましいのではないでしょうか?

人間の寝姿勢が仰向けが最も良いということがわかってる以上は、うつ伏せで寝ている人も高反発マットレスに買い換えて仰向け寝に変えて体の負担を最小限に変えることをおすすめします。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。