2016年の売れ筋高反発マットレス人気商品ランキングを紹介します。今人気の高反発マットレス商品の中から、各メーカーを代表する人気商品を知ることであなたの高反発マットレス選びが簡単になります。管理人の独断と偏見に皆さんの口コミや評判を追加して話題の高反発マットレスを比較します。

2016年 売れ筋高反発マットレス人気商品ランキング!

高反発マットレスの人気商品ランキングは実際の効果や効能を管理人の独自視点と実際に使用している人の評価や評判、口コミを通じて比較検証するものです。今や高反発マットレスマニアとなった管理人があなたの商品選びのお手伝いをします。

第5位 エアリーマットレス

エアリーマットレスと言えば、アイリスオーヤマの3次元スプリング構造の高反発マットレスです。芯材であるエアキューブは東洋紡が作っている素材なので、アイリスオーヤマの高反発マットレスとしては安心できる品質を確保しています。

airy9

出典:http://www.irisplaza.co.jp/

エアリーハイブリッドマットレス シングル HB90-S

  • シングルサイズ:厚み9cm、幅95cm、長さ198cm、重さ5.9kgで、料金は32,184円
  • セミダブルサイズ:厚み9cm、幅115cm、長さ198cm、重さ7.4kgで、料金は37,584円
  • ダブルサイズ:厚み9cm、幅135cm、長さ198cm、重さ8.3kgで、料金は42,984円

素材の95%が空気というほど通気性が高い商品ですが、個人的にはその部分がアダになって冬の寒さに繋がっているという部分がデメリットに思えて仕方がありません。残念ながら、電気毛布も湯たんぽも使えないタイプなので、そこは非常にデメリットです。

それと3つ折りタイプなので、収納しやすいというメリットはありますが、折れ目からへたりやすいということ、折れ目があることで耐圧分散性が不十分というところもこの商品のマイナスポイントです。

第4位 東京西川エアー

東京西川エアーと言えば、カズにネイマールという世界トップクラスのサッカー選手が愛用していること、日本の老舗メーカーが作った高反発マットレスということで非常に人気の商品で、独自の点で支えるというコンセプトも他社と違ったメリットがあります。

air

出典:http://www.airsleep.jp/

エアーSI マットレス レギュラータイプ(ベッドマットレスタイプ、170ニュートン)

  • シングルサイズ:厚み14cm、幅97cm、長さ195cmで、料金は123,120円
  • セミダブルサイズ:厚み14cm、幅120cm、長さ195cmで、料金は144,720円
  • ダブルサイズ:厚み14cm、幅140cm、長さ195cmで、料金は166,320円

エアーSI マットレスは、日々の運動や仕事で疲れきった体をセルフケアすることを目的に開発された特殊立体クロススリット構造マットレスで、1860ポイントもの点で支えることでどんな寝姿勢でも快適な睡眠環境を手に入れられると話題の商品です。

マットレスタイプはニュートンと115ニュートン、ベッドマットレスタイプは170ニュートンと190ニュートンから理想の硬さを選べますが、その難点は表面の柔らかさと芯材の部分の硬さのギャップです。それを理解せずに購入してしまうと体が痛くて辛い状態になるので、100ニュートンか115ニュートンのマットレスタイプの方がおすすめです。

第3位 マニフレックス

マニフレックスと言えば、香川真司選手も愛用のイタリア製の高反発マットレスです。イタリアの高級寝具メーカーとしても非常に歴史があり、エリオセルという独自素材を芯材に使用することで理想の寝姿勢と快適な寝心地を提供してくれます。

meshwing

出典:http://www.flag-s.com/products/mesh.html

マニフレックス メッシュウイング

  • セミシングルサイズ:厚み11cm、幅80cm、長さ198cm、5,5kgで、料金は30,888円
  • シングルサイズ:厚み11cm、幅97cm、長さ198cm、7kgで、料金は33,858円
  • セミダブルサイズ:厚み11cm、幅117cm、長さ198cm、8kgで、料金は46,332円
  • ダブルサイズ:厚み11cm、幅137cm、長さ198cm、9kgで、料金は58,806円
  • クィーンサイズ:厚み11cm、幅157cm、長さ198cm、10kgで、料金は71,280円

メッシュウィングは日本にある布団を収納する文化の為に作られた日本限定の3つ折り仕様の商品です。エリオセルの優れた吸汗放湿性を活かす通気性の良いエアーサーキュレーションと即地にメッシュ素材を採用していることで、肌触りの良さと快適性を高め爽快な寝心地を実感できます。

しかしこのマニフレックスの口コミで多いのがカビてしまったというもの、ヘタリに対する保証はあるものの、残念ながら定期的なお手入れを怠ると日本の環境ではカビやすいというデメリットがあります。

しかしイタリア製にも関わらず、お得な価格帯で購入できるのはこのマニフレックスの良いところでもあります。このメッシュウイングにも10年保証がついていますので、そういった意味では信頼できるメーカーです。

第2位 エアウィーヴ

エアウィーヴと言えば、リオオリンピックでも日本選手団の公式寝具サポーターとして商品提供を行っており、2020年の東京オリンピックでも同様にトップアスリートが使用するモデルですし、錦織圭選手や浅田真央選手がイメージキャラクターを務めていることでも話題の高反発マットレスです。

aiweave

出典:http://airweave.jp/

マットレスパッド エアウィーヴ

  • シングルサイズ:厚み6cm、幅104cm、長さ196cm、重さ約7kgで、料金は75,600円
  • セミダブルサイズ:厚み6cm、幅124cm、長さ196cm、重さ約8kgで、料金は90,720円
  • ダブルサイズ:厚み6cm、幅144cm、長さ196cm、重さ約9.5kgで、料金は105,840円

オリジナルエアウィーヴを最新の技術と考え方で新たに作り直した商品で、適度な反発力のあるairfiberが極上の寝心地を実現してくれます。復元性が高く、肩の部分を柔らかく改良したことで更に寝返りがしやすくなり、あらゆる方向から体を支えてくれます。

エアウィーヴならではの睡眠ラボの存在が睡眠を科学から分析し、優れた技術と製品づくりの礎になっています。人気のエアウィーヴですが、他社と比べると若干耐久性に問題があるので、製品保証が3年ほどでオーバーレイタイプには保証がないものも多いというデメリットがあります。

しかし普段から運動をしてる人がエアウィーヴを使っていると言えば自慢できるほどのブランド力があり、通気性にも優れているので、おすすめの高反発マットレスです。3次元立体構造モデルにしては電気毛布が使えるのも嬉しいポイントです。*湯たんぽは使えません。

第1位 腰痛対策マットレス モットン

モットンは日本人の腰痛対策マットレスとして、日本人向けに専用設計されたもので、他の寝具メーカーの商品が単なる高反発マットレスであるのに対して、腰痛効果を前面に押し出して商品の紹介を行っている珍しい高反発マットレスです。

IMG_8118

高反発マットレス モットン

  • シングルサイズ:厚み10cm、幅97cm、長さ195cm、重さ約4.4kgで、料金は39,800円
  • セミダブルサイズ:厚み10cm、幅120cm、長さ195cm、重さ約5.4kgで、料金は49,800円
  • ダブルサイズ:厚み10cm、幅140cm、長さ196cm、重さ約7.2kgで、料金は59,800円

モットンは高反発マットレスでも珍しいモデルで、布団乾燥機・電気毛布・湯たんぽまで使用することができるので冬の寒さ対策もバッチリです。しかも同じサイズの商品に3つの反発力(100ニュートン・140ニュートン・170ニュートン)があるので、好みの硬さを選ぶことができます。

そしてモットンをおすすめする理由の一つが誰でも気軽にお試しできること。それはモットンならではのサービスで90日間自宅で効果をしっかりチェックした上で、腰痛が改善されないなら返品&返金保証サービスがあるというなんとも嬉しい条件付きなんです。

だから高反発マットレスが初めてで不安な人や効果のないものにお金を払うのが嫌な人でも安心してモットンをお試しすることが出来るんです。当然ながら腰痛効果も私が実体験していますので、効果がないなんてことはありません。

高反発マットレスで腰痛を改善したい人に2016年最もお勧めな売れ筋高反発マットレスの人気商品はモットンで決まりです!

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。