エアウィーヴ S-LINEというマットレスパッドの商品特徴や、期待できる効果はどのようなものなのでしょうか?

普通のエアウィーヴとS-LINEでは何が違うのか、実際の効果を使用者の口コミや評判、評価も踏まえて徹底検証。

通常のエアウィーヴよりも高価格なエアウィーヴ S-LINEですが、実際に購入する価値があるのかを私なりの視点で紹介したいと思います。

エアウィーヴ S-LINEの商品特徴は?

s-line2

出典:http://airweave.jp/

エアウィーヴ S-LINEの一番の特徴は、1枚のエアウィーヴの中で反発力の異なる部分を作り出すことで、腰の部分のサポートを強化してより安定した腰痛改善効果、体圧分散性を高めることを目的にしていること。

腰の部分の反発力が高く、肩や足の部分を柔らかくすることで理想の寝姿勢(背骨のS字カーブを立っている時と同じ)を再現。

睡眠時の体への負担を最小限にすることで睡眠の質を高めてくれますので、寝起きのすっきり感も通常のエアウィーヴよりも優れている傾向が。

実はエアウィーヴ S-LINEのSは、S字カーブのSにちなんだネーミングだったりもします。

エアウィーヴの高反発マットレスとしては珍しく、簡単に三つ折りできる事でこのS-LINEは、トッパータイプやオーバーレイタイプのようにマットレスや敷き布団の上に敷いて使うことが可能。

マットレスパッドという呼び名で呼ばれることもある商品。

エアウィーヴ S-LINEのサイズや価格は?

s-line

出典:http://airweave.jp/

エアウィーヴ S-LINEは、キルト地の冬面とメッシュ地の夏面の両面仕様になっていますので、シーズンを問わず快適な睡眠環境を提供してくれます。

  • シングルサイズ:厚み7cm、幅100cm、長さ195cm、重さ約7.5kgで、料金は99,360円
  • セミダブルサイズ:厚み7cm、幅120cm、長さ195cm、重さ約9kgで、料金は118,800円
  • ダブルサイズ:厚み7cm、幅140cm、長さ195cm、重さ約10.5kgで、料金は139,320円

エアウィーヴ S-LINEの口コミや評判は?

・半年前に通常モデルを購入し良かったので、このS-LINEを新たに購入。

前回のモデルは最初の2週間ほど体になじまずに硬すぎる印象があったけど、今回の商品は逆に最初から馴染んでいるので、既に誰かが使ったもの?と疑ってしまいました。

・エアウィーヴS-LINEを使ってみて非常に満足していますが、できれば全面硬めのマットレスがあったほうがいいのにと思っています。

・1年半前にエアウィーヴライトを購入し使っていましたが、腰痛の事を考えてS-LINEを購入。ライトよりも反発力も硬さもアップしているので、寝心地が気に入っています。

・説明書がなく高い買い物をしたのに満足度は低いかも。どちらが頭なのかもわかりませんので、そういった部分は非常に不満。

・初めてエアウィーヴを購入しましたが、寝起きの腰痛も気にならなくなり、朝が快適になりました。寝返りも打ちやすいと思いますし、私の体にはあっていたんだと思います。

・最初の数日は深夜覚醒が減ったものの体が慣れずに腰に違和感を感じ、更に数日後に腰の違和感はなくなりましたが、深夜覚醒は以前と同じ状態。私には高すぎる買い物だったのかも。

・低反発マットレスからの買い替えなので、ギャップが凄くてちょっと寝心地も硬いし、凄く肩が張る感じがします。

でも寝返りはラクなので、体力のないお年寄りや腰痛の酷い人にはお勧めなのかも。たまに腰痛を感じるくらいなら、エアウィーヴライトで十分かも。

エアウィーヴ S-LINEは購入すべき高反発マットレスなのか?

実際に使用した人の感想を見ても、エアウィーヴ S-LNEの評価が別れるのがおわかりでしょう。

何よりも高価格であることとや、エアウィーヴの技術の粋を集めて生み出された商品であることで、購入者の期待は高くなりがち。

しかし実際に使用すると、そこまでの効果は実感できない人が多いので、批判的な意見も増えてしまいます。

元々エアウィーヴは寝起きの快適さを求めて設計しているもので、低反発マットレスのような寝るまでの快適さを実感できるものではないという部分も影響しているのでしょう。

しかし高反発マットレスの中でも高価格帯である10万円を超えるエアウィーヴ S-LINEを私は購入しようと思いません。

その理由は簡単で、やはり値段が高すぎます。

この価格で3年保証という短い期間しか効果を実感できないのは微妙ですし、その前に反発力を高めているとはいえエアウィーヴの構造上、腰の部分からへたりを感じることは間違いないでしょう。

そういったことも総合的に評価すると、エアウィーヴ S-LINEの価格は高すぎる。10万円も費用をかけるのであれば、もっと良い高反発マットレスを購入することが可能ですよ。

実際にあなたがエアウィーヴ S-LINEをどう評価するのかということありますが、あえてS-LINEを選ぶ必要はないと思いますよ。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。