やくみつるさんがおすすめする3Dウレタンスプリングを採用しているオクタスプリングの生産国を知っていますか。

 

どこ製のマットレスなのか、どのメーカーの素材を使用している商品なのかなど、オクタスプリングの気になる品質を徹底検証。

 

オクタスプリングの生産国がどこなのかがわかることも購入する際の判断基準のひとつだと思いますので、どこ製なのかが気になる人はこの記事でチェックしてください。

ヤーマンのオクタスプリングの生産国は中国だった!

オクタスプリングの生産国がどこなのかという情報は、ヤーマンの公式サイトをチェックしても確認できません。

 

しかしオクタスプリングの商品についているタグを確認すれば簡単に中国製のマットレスであることがわかります。

 

中国製のオクタスプリングは粗悪品ではないか・・・と思う人もいるかもしれませんが、世界の工場になった中国で作られている商品は本当に多いんです。

 

オクタスプリング以外に、ボナノッテやモットンなども設計や開発は別の国で行い、製造コストの安い中国で商品の製造のみを行う。

 

最近ではそういった企業も増えていますので、

中国製だからという理由だけで、オクタスプリングが粗悪品という事はありませんし、重要なのは品質管理がしっかり行われている工場の商品なのかということ。

 

ただオクタスプリングがどこ製なのかということが気になる人は、中国製というと国産よりも劣ると考えるかもしれませんね。

オクタスプリングはイタリアのドルメオの商品だった

オクタスプリングはヤーマン株式会社の商品だと思っている人も多いかもしれませんが、実はオクタスプリングは、元ヨーロッパの寝具メーカードルメオ(Dormeo)社の商品です。

 

現在はオクタスプリングはヤーマン株式会社が販売していますが、数年前まではドルメオブランドで、東京西川がオクタスプリング・ドルメオとして販売していた商品。

 

東京西川もドルメオの扱いを止めていますので、多分ライセンス切れになった商品をヤーマン株式会社が東京西川に変わって販売しているのが現状でしょう。

 

ただ東京西川ブランドで販売していたオクタスプリング・ドルメオはスロベニア製の商品ということもあり、かなり販売価格が違ったんです。

 

東京西川ブランドではセミダブルサイズで約8万円、ヤーマン株式会社の公式サイトのキャンペーン利用で24,800円(税抜き)。

 

これが中国製の商品を販売しているメーカーが増える理由ですし、ここまで明確な価格差があるのであれば、中国製でも良いのではないかと個人的には思います。

 

私の愛用しているモットンも設計は日本で、製造は中国製の寝具ですが全く問題なく使うことができていますので、中国製=粗悪品ということはありません。

 


→オクタスプリングをヤーマン公式サイトでチェックする

ドルメオは世界規模の寝具メーカーなので品質管理も大丈夫

ヤーマン株式会社のオクタスプリングは中国製ですが、元々の開発メーカーはイタリアのドルメオ。

 

メーカー調べで世界で400万枚以上もの高反発マットレスを販売しているメーカーの商品ですので、生産国がどこであれ徹底した品質管理を行っています。

 

もしオクタスプリングの品質に問題が起これば、数億円とか数十億円規模のお金をかけて、商品を回収したり破棄したりする必要があります。

 

そんなリスクを積極的にとる企業はどこにもないと思いますし、ドルメオもそれは同じこと。

 

販売枚数が多い世界的なメーカーの商品だから、どこ製のマットレスでも品質管理も製造工程も徹底的に管理されているはずです。

 

もしそういったことがしっかり行われていなければ、オクタスプリングはここまで人気になっていませんし、ヤーマン株式会社がオクタスプリングを販売することもなかったと思いますよ。

 

以前であれば、どこ製の商品なのかという生産国に関する情報は非常に大切でしたが、日本にも多くの中国製の商品が溢れていますし、メーカーがしっかり管理していればそこまで問題ないということでしょう。

オクタスプリングの生産国は?どこ製のマットレスの記事まとめ

この記事では、ヤーマン株式会社が販売している人気マットレスのオクタスプリングの生産国はどこ製なのかということを紹介してきました。

 

中国製のオクタスプリングですが、世界的なメーカーであるドルメオブランドの商品だということで、品質管理が徹底されているでしょう。

 

日本製や国産のマットレスの方が信頼できる人が多いのもわかりますし、同じ値段なら間違いなく私も国産の商品を選びます。

 

しかしオクタスプリングが20,000円台で購入できるのは、製造コストの安い中国で製造しているから。

 

東京西川ブランドで販売していた80,000円ほどの費用をだすなら、オクタスプリング以外の商品をおすすめしますし、この価格なら中国製でも仕方がないでしょう。

 

品質管理は世界基準で行われていますので、どこ製の商品であるかはそこまで気にせずに、オクタスプリングの性能面に注目して選ぶと良いと思いますよ。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。