高反発マットレスとボンネルコイルマットレスには、どんな違いがあるのかを徹底検証。

ボンネルコイルマットレスから、高反発マットレスに変える際にどんな高反発マットレスを選ぶのがよいのか。

既に劣化しているボンネルコイルマットレスの上に、高反発マットレスのトッパータイプを敷いて使うとどうなるかなども紹介します。

高反発マットレスとボンネルコイルの違いを比較!

ボンネルコイルマットレスは、ポケットコイルマットレスと違い連結されたバネの面で体を支える仕組みなので、考え方としては高反発マットレスに違いですが、その寝心地や効果は大きく異なります。

ちなみにボンネルコイルマットレスは、比較的男性に好まれる傾向にあり、コイル全体が連結されているので寝心地が全体的に硬めに感じ、特に腰痛を持った人に好まれている状態です。

しかし高反発マットレスの様に、体圧分散性という考え方がないために、単に硬いだけのマットレスになりがちです。

少し古いモデルであることで、安価で粗悪なスプリングのマットレスが多く耐久性も悪く、スプリングにへたりが出やすい商品もありますので、どの程度の価格帯のものを選ぶのかも非常に大切。

ヘタったボンネルコイルマットレスをそのまま利用すると、姿勢に無理な負担がかかり腰骨や背骨を痛める原因になることも。

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違いは?

ポケットコイルは、マットレス内のそれぞれのスプリングを袋に包み、独立性を保つことで、面ではなく点で体重を支えてくれる商品。

ボンネルコイルと比較すると、それぞれのスプリングにかかる負担がかたよる傾向にあるので、耐久性はボンネルコイルより劣りますが、体の形状に合った沈み方をしてくれますので体圧分散性に優れている商品。

点で支えるポケットコイルマットレスは、荷重が最もかかるお尻や肩の部分は沈み込みが強くなり、逆に腰や足などの荷重の少ない部分はあまり沈みませんので、理想の寝姿勢を再現しやすい特徴が。

ただスプリングが独立しているので柔らかく感じ、部分的に沈みこんでしまうので、寝返りがしにくくい傾向があるマットレスだということも理解しましょう。

ちなみにボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスでは、1万円ほどは価格帯が異なりますので、ポケットコイルマットレスの方が高くなります。

ベッドマットレスの上にトッパータイプの高反発マットレスは合うのか?

ボンネルコイルはポケットコイルよりも古い時代のマットレスなので、総合的に考えるとやはり高反発マットレスの方が、様々な機能面で勝っていることは間違いありません。

だからもしあなたが、ベッドマットレスを購入するのなら、ボンネルコイルマットレスよりもポケットコイルマットレス、ポケットコイルマットレスよりも高反発マットレスがおすすめ。

しかししかし古くてヘタリのある(中央部がへこんだ)ボンネルコイルマットレスの上に、トッパータイプの高反発マットレスを敷くのは絶対にNG。

もしそんなことをすると、ハンモックで寝ているような状態になりますので、寝姿勢が悪化し腰痛を招く原因になることも。

古いボンネルコイルマットレスを使っている場合には、新しい高反発マットレスへの買い替えをおすすめします。

古い商品に馴染みがあったり、無駄にしたくないと思うかもしれませんが、やはり高反発マットレスは本当に機能を発揮できる状態で使用することが基本ですので、それを間違えないようにしてください。

高反発マットレスとボンネルコイルマットレスは大きく違う!

もしあなたが腰痛や肩こりなどを感じているのなら、ボンネルコイルマットレスよりも間違いなく高反発マットレスを購入すべき。

これは間違いのないことで、商品の開発前提が異なりますし、商品の開発時期も異なりますので、より新しい技術を使っているので当然といえば当然のこと。

だからこそより効果を実感できる商品を選ぶべきであり、その点から考えると高反発マットレスを選ばない理由はありません。

私もボンネルコイルマットレスもポケットコイルマットレスも、高反発マットレスも低反発マットレスも使用しましたが、腰痛に効果的なのは高反発マットレスでした。

これは寝心地の好みも違うでしょうし、筋肉の付き方も違いますので、一概に高反発マットレスが良いとはいいきれませんが、実感するとその効果の高さがわかるでしょう。

本当に良い商品は、保証もしっかりしていますし、自宅でしっかり試すことができるような商品もありますので、ぜひ一度そういった商品を選んでみてくださいね。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。