高反発マットレスのモットンは少し柔らかいという評判が。

高反発マットレスの固さを示すニュートンはどの程度のレベルなのか、柔らかいといわれると気になりますよね。

 

モットンのニュートンと一般的な高反発マットレスは?

高反発マットレスの反発力や定義、柔らかさやニュートンについての情報をまとめて紹介します。

最初に知るべき、高反発マットレスの定義とは?

最近の寝具業界では、

高反発マットレスが非常に人気で売り場のメインに展示されている寝具店も増えています。

 

ただ実際に高反発マットレスなの?

と言われるような商品もホームセンター等で販売されていますので、最初に高反発マットレスの定義を紹介しておきますね。

 

高反発マットレスとは反発力が高い寝具のことで、一般的に100ニュートン以上のものと定義されています。

 

ニュートンは反発力を示す基準のこと。

だから100ニュートン以上のマットレスなら、高反発マットレスとして販売することができます。

 

高反発マットレスの前に流行っていた寝具が低反発マットレス。

売れ残った低反発マットレスの名前だけ、高反発マットレスにして販売している宇草のような商品もあるので、反発力が確認できるならしっかりチェックしましょう。

 

ホームセンターで私が見つけた商品は、

40ニュートンで名前に高反発マットレスと言う文字が・・・5000円以下で購入できるような商品にはこういったものもあるので注意してください。

 

柔らかいと噂のモットンの反発力は?

モットンの反発力は、以前は140ニュートンだけでした。

リニューアル後の現在は、

商品ラインナップが増えて100ニュートンと140ニュートンと170ニュートンの3つの硬さから好みのものを選ぶことができる様になっています。

 

ひとつの高反発マットレスで、ここまで硬さが違う商品を用意しているのは珍しい状況。

多くの寝具メーカーが単一商品、

もしくは他の技術を導入して、柔らかさやニュートンの違いを演出しています。

 

東京西川のエアーシリーズは、

ウレタンの形状を大きく変えることで、様々な反発力や柔らかさの違う商品を用意しています。

 

モットンのようにウレタン系の1枚もので、

100ニュートン・140ニュートン・170ニュートンと選べる高反発マットレスは、私が知っているかぎり他にはありません。

 

標準体型の日本人なら、140ニュートンがピッタリ。

もしあなたが100キロ以上の巨体だったり、元々床で寝ていたような人だったり、凄く固めの寝具が好きな人であれば、モットンを柔らかいと感じるかもしれません。

 

そんな場合でも、170ニュートンの商品を選ぶと問題ないでしょう。

 

東京西川のエアーSIと比べると、

モットンは反発力の数値が低いですが、決してモットンが柔らかすぎるということはありません。

 

固さの好みは人それぞれ。

体型に合った反発力の商品を選んでいれば、決してモットンの寝心地が不満だらけということもないでしょう。

モットン以外の高反発マットレスのニュートンはどうなのか?

モットン以外の高反発マットレスの柔らかさはどうなのか?

ニュートンの数値を比較することで、実際の柔らかさをイメージすることができると思いますので、まとめて紹介すると・・・

 

  • マニフレックス 170ニュートン
  • 雲のやすらぎ 110〜120ニュートン(記載なし)
  • エアウィーヴ 100ニュートン
  • トゥルースリーパー 40ニュートン
  • ブリジストン 200ニュートン

 

あくまでもニュートン(硬さ)の話。

高反発マットレスの効果は硬さだけではなく、素材の厚さ、素材の密度、体圧分散性、耐久性など様々な要素で決まります。

 

一般的に体重が重い人ほど、ニュートンの値が大きなもの(硬いもの)が合っているという科学的なデータもあります。

 

しかし快適だと感じる間隔には違いがあり、

田中将大投手は、190ニュートンの東京西川エアーよりも170ニュートンの東京西川エアーの寝心地の方が快適だと感じ、メーカー推奨の反発力の寝具を選んでいません。

 

東京西川の170ニュートンだとかなり柔らかい寝心地になるので、統計データ上はお勧めできないものでも、結局は個人の感覚に大きく左右されるものであるということを理解しておきましょう。

 

モットン140ニュートンは私にはピッタリです。

もしかしたら100ニュートンで良かったのかもしれないと思うくらい、モットンの寝心地はしっかりしていますので、140ニュートンだからモットンが柔らかいということはありませんよ。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。