高反発マットレスでも人気のモットンとドルメオの違いは、どのような部分にあるのでしょうか。

どちらがより腰痛効果が高い高反発マットレスなのかと気になっている人も多いと思いますので、それぞれの特徴や口コミ、耐圧分散や保証などを徹底比較。

どちらがより効果的でコスパの良い高反発マットレスなのか、モットンとドルメオの違いを徹底検証します。

高反発マットレスのドルメオの特徴とは?

出典:http://dormeo.jp/

ドルメオとはイタリア発祥でスロヴェニアに本社を置く寝具ブランドで、現在もイタリア工場で製造した高品質のマットレスを、世界40カ国以上に販売しているメーカーの商品。

ドルメオの高反発マットレスには、エコセルという独自素材が使われていますので、それが特徴的な部分のひとつ。

2010年に西川産業が国内販売のライセンスを取得したことで、日本でのドルメオの販売がはじまりました。

ドルメオシリーズはイタリアの工場で製造した商品を西川産業が販売しているだけなので、日本人向けの専用ブランドということではなく、基本的には海外仕様のものをそのまま販売。

ただ敷布団タイプのモデルのみ、日本人が向けに収納を考えて開発された商品ですが、エコセルを使用している点では、完全に日本向けというわけではありません。

ドルメオの高反発素材のエコセルの特徴とは?

ドルメオの特徴のひとつであるエコセルはウレタンベースで、しなやかなフィット感と確かなホールド製を併せ持つ新素材。

体圧分散性の高さで理想の寝姿勢を維持することで睡眠を妨げることなく、スムーズな寝返りができ、朝まで熟睡することができるという考えで設計されています。

エコセルの特徴は主に3つあります。

  • 体の動きにしなやかに対応し、常に理想の寝姿勢を維持。
  • 復元性と通気性に優れた多孔質構造。
  • 西川産業も独自に検証し、エコセルの優れた機能と効果を確認。

マットレスタイプのドルメオの商品の特徴とは?

西川産業が国内で販売しているドルメオには、大きく分けると4つの商品バリエーション(マットレスタイプ、敷き布団タイプ、トッパータイプ、枕)とそれぞれの商品に1層と2層のタイプがあります。

様々なラインナップがあることで、生活環境に合わせて選べるようになっていますが、今回はモットンとの比較なので、マットレスタイプについて紹介していきましょう。

ドルメオ マットレス 1層タイプ

出典:http://dormeo.jp/

体圧分散性に優れたベッドマットレスで肩や腰が沈みにくく、理想の寝姿勢を再現でき、軽量で取扱いやすい商品。

厚さ13cmのエコセルを波形カットしたウレタンを使用することで通気性や体圧分散を高めており、12年間の保証付きなので安心感もあります。

  • セミシングルサイズ:厚み13cm、幅78cm、長さ193cm、重さ約6.8kgで、料金は40,932円
  • シングルサイズ:厚み13cm、幅95cm、長さ193cm、重さ約8.5kgで、料金は43,092円
  • セミダブルサイズ:厚み13cm、幅118cm、長さ193cm、重さ約10.2kgで、料金は53,892円
  • ダブルサイズ:厚み13cm、幅138cm、長さ193cm、重さ約12.0kgで、料金は64,692円

ドルメオ マットレス 2層タイプ

出典:http://dormeo.jp/

硬さの異なる2種類のウレタンを使用することで、レギュラーとハードの好きな固さを表裏で選べることでより好みに近い寝心地を実感できる商品。

2層のウレタンを合わせる部分を波形にすることで空気層を作り、熱や湿気も拡散でき、12年間の保証付きなので安心感があります。

  • セミシングルサイズ:厚み15cm、幅78cm、長さ193cm、重さ約8.8kgで、料金は57,132円
  • シングルサイズ:厚み15cm、幅95cm、長さ193cm、重さ約11.0kgで、料金は64,692円
  • セミダブルサイズ:厚み15cm、幅118cm、長さ193cm、重さ約13.2kgで、料金は75,492円
  • ダブルサイズ:厚み15cm、幅138cm、長さ193cm、重さ約15.4kgで、料金は91,692円

高反発マットレスのドルメオの保証期間や保証内容とは?

ドルメオには、商品ごとに保証期間が設けられており、敷き布団タイプは3年間。マットレスタイプは12年間。

ただ保証対象になるのは、中芯(中材のウレタンフォーム)が5%以上のヘタリを生じた場合だけなので、そこは理解しておく必要があります。

ドルメオの保証は、ウレタンの硬さの変化などには対応していないので、少しわかりにくい保証内容かも。

また通気性の悪化等によるカビやダニの発生も、保証の対象になりませんので要注意。

ドルメオのような外国仕様のマットレスの場合、国産のマットレスに比べると通気性が悪く、湿度がマットレスの中に溜まりやすいので、しっかりとメンテナンスを行う必要があります。

高反発マットレスのドルメオは電気毛布や湯たんぽを使えるか?

ドルメオは電気毛布の使用は問題ないものの、お湯を入れるタイプの湯たんぽの使用はメーカー非推奨ですので、冬の寒さ対策には少し注意をする必要があります。

ただ家庭用の布団乾燥機は使用できますし、防ダニ加工もされていますので、ダニの心配はそこまでないでしょう。

実際のドルメオ使用者の口コミや評価、評判は?

・低反発マットレスほどではないけど体の沈み込みが気になってしまったので、固めの布団と合わせて使用している。

・寝た時は不快感無く寝ることができたのですが、朝起きると背中が痛くなっていたので、徐々に慣れるのを期待してもう少し使ってみます。

・朝起きた際に全身のこわばりがあり疲れてしまってます。まだ使い始めたばかりなので体が慣れていないだけかもしれません。

それとイタリア製なのでしかたがないのかもしれませんが、購入時から小さなほつれが2箇所あり、穴が空いてました

・マニフレックス愛用者ですが値段も安く効果も変わらないということなので、ドルメオを購入しました。ところが全然違います。やっぱり本物には勝てないんですね。

高反発マットレスのモットンの特徴とは?

モットンとは株式会社グリボーが販売している人気の高反発マットレスで、高反発マットレスの中では珍しい、同一サイズに3つの硬さ(反発力)が用意されている商品。

100N、140N、170Nの反発力の商品があるので、好みの硬さを選ぶことができる特徴があります。

それとモットン独自の90日の返金・返品保証があることで高反発マットレスの腰痛効果に不安がある人でも実際に試すことが出きるので、そういった意味でも人気の商品。

日本人専用設計の腰痛対策マットレスなので、腰痛効果や肩こりの解消効果を実感しやすい特徴があります。

モットンのメリットとは!

  • 腰痛効果の高い高反発マットレスであること
  • 寝返りが超簡単で筋力をほぼ使わずにできること
  • 電気毛布や布団乾燥機が使える数少ないモデル
  • 好みの反発力を選ぶことができる
  • 90日の返品保証があるので初めての人でも安心
  • 二つ折り、三つ折りが簡単にできる
  • 通気性が良く、耐久性も高いことが実感できる

モットンのデメリットとは!

  • 日本製ではなく、中国製の商品
  • 腰痛効果を実感するまで多少時間がかかることもある
  • 寝心地に慣れるまで数日かかった

高反発マットレスのモットン商品情報とは?

  • シングルサイズ:厚み10cm、幅97cm、長さ195cm、重さ約4.4kgで、料金は39,800円
  • セミダブルサイズ:厚み10cm、幅120cm、長さ195cm、重さ約5.4kgで、料金は49,800円
  • ダブルサイズ:厚み10cm、幅140cm、長さ196cm、重さ約7.2kgで、料金は59,800円

*いずれも公式サイトでのキャンペーン適応価格です。

モットンは腰痛対策マットレスなので、日本人の腰痛が改善するように設計・製造されおり、その効果を実証するのが、第三者機関による様々な検査結果。

実際に公式サイトでも公開されている効果は非常に信頼性が高く、腰痛効果を実感できるものです。

またその効果を長期にわたって実感できるように10年保証という非常に長い期間、その効果を維持できる耐久性の高さもモットンを購入する際のポイントのひとつ。

フローリングに直置きで使えますし、すのこベッドの上でも使える汎用性の高さも人気となっています。

高反発マットレスのモットンは電気毛布や湯たんぽを使えるか?

モットンは高反発マットレスでは珍しく、電気毛布も湯たんぽも問題なく使用することができますので、冬の寒さ対策に優れた高反発マットレス。

モットン独自のウレタン素材だから、布団乾燥機の使用も問題ありませんので、そういった面ではモットンの方が優れているでしょう。

実際にモットンを使用している人の口コミや評価とは?

・モットンを使い始めてから腰が軽くなったのが嬉しいです。

モットンは硬さもちょうどよく非常に快適で、休日に長時間寝ていても腰痛が気にならないので寝だめする私にとっては凄く効果的で、本当に良い商品に出会えたのを実感しています。

・テレビ通販で話題の低反発マットレスを購入しましたが、腰の部分が沈みすぎて逆に腰痛が悪化してしまいした。

そこで腰痛効果が人気のモットンに変えてからは、ぐっすり熟睡できるようになり本当に快適な日々を過ごしています。

・授乳中で睡眠時間が短いこともあり、ぎっくり腰になってしまいました。

少し高いかな?と思ったけど、思い切ってモットンを購入したら、ビックリするほど熟睡できるので朝起きた時に疲れが残っていません。本当に買ってよかったです。

・寝起きの腰痛と背中の痛みに2年以上悩まされていましたが、モットンを初めて使った翌朝から、いつも痛い部分が痛くない事に気づきました。朝から体が軽くびっくりしています。

モットンとドルメオを徹底比較。どっちが腰痛効果が高いのか?

モットンとドルメオの1層タイプのマットレスは、ほぼ価格帯も変わらないこともあり、マニフレックスほどではないものの、外国製の高反発マットレスに憧れる人が購入対象として、比較的検討する商品。

ドルメオのエコセルとモットンのマットレスの一番の違いが、やはり日本人の体型を意識して設計されたモデルであるか否かという部分です。

プロスポーツ選手のように骨格や筋肉がガッチリした人であれば、ドルメオの方が良いかもしれません。

しかし一般的な日本人体型だったり、高齢者の場合にはモットンの100N(ニュートン)の方が様々な部分でメリットが高いでしょう。

エコセルは160N(ニュートン)なので、寝た感じも非常に固さを感じますし、体圧分散性をしっかり得られるほどの沈み込みがないことも考えられます。

またモットンの場合には、90日後の返品・返金保証がしっかり明記されていますが、ドルメオの場合あくまでもウレタンが5%以上のヘタった場合のみ。

これはかなり体重がある人ではないと保証の対象にならないでしょうし、日本の梅雨の湿気の多さにどこまで対応できるのか?という部分も非常に問題になります。

外国製の高反発マットレスの多くが、高額な商品であっても梅雨のカビに悩まされている人が多いんです。

そういった部分も含め総合的に考えると、モットンの方が日本人にはあっていると私は考えますし、実際に私もモットンを使用していますが、非常に効果的ですよ。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。