子供が成長期にしっかり身長を伸ばしたり、体を大きく成長させる為には、睡眠の質を確保することが非常に大切になります。大人と違う睡眠リズムだからこそ、高反発マットレスのようにしっかりとした硬さと通気性の硬さが睡眠の質を高める鍵を握っています。大人と子供、睡眠リズムの違いや選ぶべき寝具の特徴などを紹介します。

成長期の子供には睡眠の質を高める高反発マットレス!

子供の睡眠の特徴は高齢者とはまったく反対で、深い睡眠が多く、レム睡眠の割合が高く、睡眠時間が長いというものです。つまり一度寝たらどんどん深い眠りに入り何時間も寝ているというものです。レム睡眠の間に脳に入った情報を整理しているので、小さければ小さいほどその割合が高くなります。

そしてレム睡眠とノンレム睡眠を切り替えるスイッチの様な役割を担っているのが寝返りなんです。つまりそれぞれの睡眠の中では寝返りは最小限しか行われないということ。その間高反発マットレスなら体圧分散効果で、血流やリンパの流れを妨げることがないので、子供の成長に必要な成長ホルモンも全身に行き渡ることができます。

また子供は睡眠時に体温が高くなり、凄く汗をかきます。この際に吸水性が不十分な寝具で寝ていると寝具内の不快指数が上昇し、深い睡眠が妨げられ、睡眠の質が低下してしまいます。その結果、成長ホルモンが十分に分泌されないということになりかねないのです。

実際にイギリスのオックスフォード大学で行った調査では、ウールとポリエステルの寝具で寝ている未熟児の成長を段階を追って調べたところ、ウールの寝具で寝ている子供の方がより順調に成長したことが確認されました。ウールのほうがポリエステルよりも吸湿発散性が優れていることで良質な睡眠が得られたからではないと推測されています。

この事から子供の発育の為には、最初の多量の発汗時(一度目のレム睡眠)のタイミングでしっかりと吸湿発散性がある寝具を使うことが子供の成長に欠かせないと考えられています。

つまり高反発マットレスの通気性の高さや体圧分散、そして寝返りのしやすさや反発力の高さや硬さが子供の成長に非常に重要な影響を与えると考えられるわけです。しかも最近の子供はどんどん運動不足になり、肥満児が増えたり筋力の発育が遅れている子もいるので、そういった面からも高反発マットレスが効果的です。

子供の身長が伸びるのは成長期までです。その間にちゃんとした寝具を用意してあげることは身長を大きくする効果がありますし、毎日快眠できることで精神的なストレスにも強くなります。

また運動をしている子供の場合には、翌日に疲労を残さないということも大事になりますので、その点から考えても高反発マットレスこそが子供の成長を支える良い寝具であることは間違いないと私は考えています。

この点は寝具メーカーも同じように考えているようで、スポーツ選手に人気のエアウェーブも「エアウェーブKIDS」という5才〜18才の子供の成長や健康を促進するための子供専用の高反発マットレスを用意している位なので、間違いないでしょう。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。