布団の上に高反発マットレスを敷くのが正解なのか、それとも布団の下に高反発マットレスを敷くのが正解なのか?どちらが良いのかわからないと悩んでしまう人がいると思いますが、実はこれ人によってどちらが良いのかは異なるんです。少しややこしい話ですが、基本は布団の上に敷く高反発マットレスが布団の下でも良い理由などを考えてみたいと思います

布団の上に高反発マットレスを敷くのが正解なの?

普通に考えると高反発マットレスは布団の上に敷きますよね?それが高反発マットレスの正しい使い方だと思っている人がほとんどだと思いますし、高反発マットレスが持っている体圧分散性を最も確実に感じるのは、布団の上に高反発マットレスを敷いて、肌が触れる状態にすることです。

しかし、高反発マットレスを先に敷いてその上に敷き布団を置くのも間違いではないんです。だから高反発マットレスの使い方はよく分からないと言われてしまうんですが、これは人によって寝心地に関して求めるものが違うのでしかたがないことです。

でも高反発マットレスをあえて使っている理由は、体圧分散ですよね?だから本来の体圧分散性を考えれば、布団の上が正解です。高反発マットレスは必要以上に身体が沈み込むのを予防して寝返りを打ちやすくしたり、寝姿勢の悪化を防ぐことで寝起きの腰痛を改善する効果が期待できます。

でも敷き布団だけでも寝心地が良く、体圧分散など全く気にならないという人の場合には、敷き布団の下のクッション材として高反発マットレスを使うのも間違いではないんです。せっかくの高反発マットレスがもったないと感じるかもしれませんが、それで快眠できるのであれば、十分に効果を発揮しているというわけです。

ただ高反発マットレスの上に敷き布団を置く場合には、あなたが寝るタイミング以外は敷ふとんを外しておくことをおすすめします。復元性やカビやダニの問題を考えると常に何かがのっかている状態はあまり良いものではありません。

また高反発マットレスには必ず説明書が付いていると思いますので、先ずは説明書の使用方法にしたがって使ってみるのが一番だと思います。ただ高反発マットレスの使い方の基本は、身体に一番近いところで使用することなので、それだけは最初に理解しておいてください。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。