モットンは洗えるのか洗えないのか?ヘタリを予防するおすすめのお手入れ方法や干す場合の注意点などを紹介します。モットンの効果を持続させる為にも定期的にお手入れを行うことが推奨されていますので、間違った方法でお手入れしないように注意しましょう。

モットンは洗えるのか、洗えないのか?

高反発マットレスには洗えるタイプと洗えないタイプがありますが、ウレタン素材で出来ているモットンは残念ながら洗えるタイプではありません。基本的に洗うことができる高反発マットレスとは、マニフレックスなどのナイロンなどを利用した3次元構造体でできているタイプです。

モットンのようなウレタン素材の高反発マットレスで洗えるタイプは基本的にありませんがひどい汚れがある場合には水を浸した布などで優しく拭くことは可能です。モットンは専用カバーがついていますので、そのカバーをこまめに洗濯することをおすすめします。

ウレタンフォームの高反発マットレスの場合、水分を吸収することで硬さや寝心地、耐久性に影響が出ることがありますので、できるだけ水をこぼすようなことがないように注意しましょう。万が一水をこぼした際には陰干しが基本です。

モットンを干す際の注意事項は?

実は多くの高反発マットレスが天日干しは出来なんです。その理由は温度変化により素材の形状や状態に変化が起こる可能性があるから。特にマニフレックスなどの3次元構造体のものは熱に弱く50℃以上にすると確実に変形します。

モットンの場合は、布団乾燥機が使える程なのですぐに変形が起こるとは考えにくいですが、販売元である株式会社グリボーやモットンの公式サイトでも日干しはできるだけ避けること、そして陰干しを推奨していますので耐久性や寝心地を維持するためにも天日干しはしないようにしましょう。

モットンのおすすめのお手入れ方法とは?

モットンのおすすめのお手入れ方法は、1週間に1回以上の陰干しです。これはモットンの底面にたまった湿気を放湿することでカビの発生や湿気によるモットンの軟化を防ぐことができ、へたりにくくなります。

お手入れ時には、直射日光の当たらない風通しの良い場所に立てかけることが基本です。くれぐれも天日干しは禁止です。またモットンは布団乾燥機を使うこともできますので、底面を表にして布団乾燥機を使用すれば、より確実に底面にたまった湿気を逃がすことができます。

そして2週間に1回程度はモットンの上下や表裏をローテーションすることで体圧がかかる場所が変わるので、モットンの寿命や耐久性をより長く維持することができます。モットンのお手入れは立てかけるだけであれば、1分もかかりませんし腰への負担もほぼありません。女性でも重たくないのでひとりでも簡単にできます。

特に湿気を溜めすぎることはモットンの耐久性を悪化させたり、底面にカビを発生させる原因となりますので、湿度の高い部屋に住んでいる人や湿度の高い時期にはモットンの陰干しの回数を増やしたほうが良いと思います。

布団のダニやカビが原因でアレルギー症状を発症する子供も沢山いますので、アレルゲンになるようなものは極力予防するためにも最低限のお手入れは大切です。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。