高反発マットレスでも手軽に購入できる、オーバーレイタイプのシングルサイズの効果や効能は?

実際にどんな商品があり、どのような効果が期待できる商品なのかも気になると思います。

そこで、高反発マットレスのオーバーレイタイプのシングルサイズについて、簡単に紹介しますので、購入時の参考にしてください。

オーバーレイシングルの高反発マットレスの商品や特徴は?

高反発マットレスには、オーバーレイと呼ばれるタイプが有ります。

オーバーレイとはトッパーとも呼ばれてる商品ですので、その方がわかりやすい方もいらっしゃるかもしれません。

通常のベッドマットレスの上に敷いて使う、3〜4cmと厚みの薄い高反発マットレスのことをオーバーレイタイプと呼んでいます。

オーバーレイタイプの高反発マットレスで無名のメーカーの商品であれば、5000円程度で購入することも。

トゥルースリーパーのセロ(cero)であれば25000円前後、エアウィーヴのアスリートモデルだと5万円以上もするなど、価格帯によって様々な商品を選ぶことができます。

しかし個人的には、自宅で使う場合にはオーバーレイタイプはあまりお勧めできません。

実際にどのようなことが気になっているのかを、次の項目で紹介します。

高反発マットレスのオーバーレイタイプのデメリットとは?

まず真っ先に思うオーバーレイタイプのデメリットはその薄さ。

オーバーレイのメリットでもある薄さですが、実は薄いオーバーレイだと横向き寝をした際に、底付きしてしまうことが多々あるんです。

商品によっても多少異なりますが、3cmほどの厚みのものであれば、ほぼすべてが底付きすると考えても良いレベル。

高反発マットレスで底付きするということは、高反発マットレスの特徴である体圧分散と理想の寝姿勢の維持ができないということ。

だからあなたが期待しているような十分な効果を実感する事ができませんし、逆に腰痛の原因になることも考えられます。

さらにオーバーレイタイプはマットレスの上に敷いて使うタイプなので、マットレス自体がヘタっていればその影響でオーバーレイも歪んでしまうことに。

これも腰痛の原因になるなど、十分な効果を実感できないのも当然の話。

薄い・軽い・かさばらないとうメリットがあるオーバーレイタイプも、旅行先や旅先でまれに使うのであれば効果的だと思います。

でも、自宅で毎日使うという使用方法には向いていません。

安いからという理由だけで、オーバーレイタイプの高反発マットレスを選んで失敗した人が沢山いますので、オーバーレイタイプを購入する際には十分に注意しましょう。

エアウィーヴならオーバーレイでも効果的か?

出典:https://sleep.airweave.jp/

エアウィーヴのポータブルシリーズには、現在10周年記念モデルが用意されており、商品スペックは、

幅約100cm × 長さ約195cm × 厚さ約3.5cmで2.5cmのエアファイバーを使用している商品で、価格は59940円(税込み)とかなりの高額モデル。

通常のエアウィーヴの上に敷いて使うこともできるモデルで、多くのアスリートが遠征先でも使用しているのがこのモデルのアスリート版の商品。

プロではなくともアスリートなら欲しいと考えるのも分かりますが、購入するなら普段使いをしないことが前提条件です。

なぜかと言えば、2.5cmしかないエアファイバーなので、日常的に使い続けることで、どんどんヘタってしまい、必要なタイミングで、効果を発揮できなくなるから。

あくまでも遠征先の一時的なものという考え方で使うのが、エアウィーヴのポータブルモデルの基本的な使い方。

でも個人的には、このポータブルモデルに6万円の出費は不要だと思います。

もちろんお金に余裕があれば良いですが、普段使いで使えないモデルに高額な金額を支払うのであれば、より良い高反発マットレスを安価で購入することもできるから。

私ならエアウィーヴでも、オーバーレイタイプやトッパータイプ、ポータブルモデルを購入することはありませんね。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。