反発マットレスでオーバーレイのシングルサイズってどうなのかと思っていませんか。実際にどんな商品があってどんな効果が期待できるのか。高反発マットレスのオーバーレイについて簡単に紹介しますので、購入時の参考にどうぞ!

高反発マットレスでオーバーレイのシングルってどうなの?

高反発マットレスにはオーバーレイと呼ばれるタイプが有ります。オーバーレイとはトッパーと呼ばれるので、その方がわかりやすいかもしれません。通常のベッドマットレスの上に敷いて使う3〜4cmの厚みの薄い高反発マットレスのことをオーバーレイタイプと呼んでいます。

オーバーレイタイプも無名のメーカーの商品であれば、5000円程度で購入することもできますし、トゥルースリーパーのセロ(cero)であれば25000円前後、エアウィーヴのアスリートモデルだと5万円以上もするなど、価格帯によって様々な商品を選ぶことができます。

しかし個人的には、自宅で使う場合にはオーバーレイタイプはあまりお勧めできません。実際にどのようなことが気になっているのかを次の項目で紹介します。

高反発マットレスのオーバーレイタイプのデメリットとは?

まず真っ先に思うのはその薄さです。オーバーレイのメリットでもある薄さですが、実は薄いオーバーレイだと横向き寝をした際に、底付きしてしまうことが多々あるんです。商品によっても多少異なりますが、3cmほどの厚みのものであれば、ほぼすべてが底付きすると考えても良いでしょう。

高反発マットレスで底付きするということは、高反発マットレスの特徴である体圧分散と優れた寝姿勢の維持ができないということを指していますので、十分な効果を実感する事ができませんし、逆に腰痛の原因になることも考えられます。

更にオーバーレイタイプはマットレスの上に敷いて使うタイプなので、マットレス自体がヘタっていればその影響でオーバーレイも歪んでしまいます。これでは十分な効果を実感できなくて当然だと思います。

薄い・軽い・かさばらないとうメリットがあるオーバーレイタイプも旅行先や旅先でまれに使うのであれば効果的だと思いますが、自宅で毎日使うという使用方法には向いていません。安いからオーバーレイタイプを選んで失敗した人が沢山いますので、オーバーレイタイプを購入する際には十分にご注意ください。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。