慢性頭痛や寝起きの頭痛に悩んでいませんか?頭痛の症状を激的に改善する効果があるのも高反発マットレスの特徴です。

頭痛が起こる原因を改善することで根本的に頭痛が起こりにくくなるの、頭痛の予防という意味でも高反発マットレスを愛用することがおすすめかも。

実際に高反発マットレスを使用することで、慢性頭痛にどのような効果があるのかを紹介します。

慢性頭痛(緊張型頭痛)の原因と症状とは?

日本人の4人に1人が慢性頭痛の症状を持っていると言われるくらい、多くの日本人が頭痛に悩まされている状態。

腰痛と同様に、慢性頭痛に悩み苦しんでいる日本人は本当に多いんです。

慢性頭痛の中でも特に多いのが、緊張型頭痛と呼ばれる症状で、これは身体的なストレスと精神的なストレスが複雑に絡み合って起こる頭痛。

不自然な姿勢を続けていたり、枕が合わなかったり、仕事や家庭内のトラブルなどが根底にあると考えられています。

緊張型頭痛はそういったことが原因になり、首から肩、肩から背中にかけての筋肉が緊張することで症状を発症。

筋肉の緊張が高まると筋肉内の血流が悪化して乳酸やピルビン酸あどの老廃物が蓄積し、それが神経を刺激することで締め付けられるような痛みを感じることに。

慢性頭痛(緊張型頭痛)は睡眠時の姿勢の改善や、体圧分散による体への負担を軽減させることで、身体的なストレスを除いてあげることが症状の改善に役立ちます。

寝起きの頭痛の原因と症状とは?

寝起きの頭痛が酷いと、起き上がるのも億劫になるし、家事をするのも仕事に行くのも嫌になって仕方がないですよね?

寝起きの頭痛がある人の多くが、頭痛だけではなく首や肩のコリを感じているはず。

寝起きの頭痛の多くが、枕やマットレスが合わないことで起こっていますので、もしあなたが寝起きの頭痛が酷いのであれば、枕やマットレスが合っていない可能性が特に高いと考えましょう。

身体に合っていない枕やマットレスの特徴は3つあります。

  • 寝返りがちゃんと打てていない
  • 首がつっかえている
  • 首をしっかり支えられていない

特にこれらの症状が出やすい寝具が、低反発マットレスや既にヘタっているマットレス、高すぎる枕や低すぎる枕、低反発枕などを使用している人に寝起きの頭痛の症状を抱えている人が多い特徴が。

慢性頭痛や寝起きの頭痛が激的に改善する高反発マットレス!

慢性頭痛も寝起きの頭痛も寝具を変えることで症状が緩和したり、改善されたりすることがわかっています。

その際におすすめなのが高反発マットレスや高反発枕。

最近の高反発枕には、細かい微調整ができるタイプも有るので、そういった物を選ぶことで市販の商品でもあなたの首のラインに合った高さに調整することができます。

また寝具を高反発マットレスに変えることで理想の寝姿勢で眠り続けることができたり、睡眠時に体圧分散することで肩や腰などへの負担を軽減。

筋肉のハリやコリの症状が改善され、睡眠時でも血流がしっかりと流れている状態を維持することができますので、高反発マットレスは非常におすすめ。

また高反発マットレスの高い反発力が寝返りを打つ際にサポートしてくれるので、寝返りの際に筋肉を使うことが少なく、しっかり身体を休めることができます。

この様に高反発マットレスや高反発枕を使うことで、身体的なストレスを取り除いてあげることが頭痛の原因を根本的に取り除いてくれますので、ぜひ活用してみてくださいね。

高反発マットレスでも商品選びを間違えると効果なし

高反発マットレスにも様々な商品がありますので、実際にどんな高反発マットレスを選ぶのかということは非常に大切なこと。

間違った高反発マットレスを選んでしまうと、慢性頭痛や寝起きの頭痛の改善効果を実感できるどころか、症状が悪化してしまう可能性も。

そういったリスクもありますので、体圧分散性をしっかりチェックすること、理想の寝姿勢を再現できる商品なのかを確認することは基本です。

その際にも自社データではなく、第三者機関でしっかりと検査したデータを採用している会社の商品を選びましょう。

そうすることで、より効果的な高反発マットレスを見つけることができますので、この点は高反発マットレス選びの基本。

さらに同じ高反発マットレスでも、反発力がどのレベルなのかで、実際の効果も大きく変わってきますので、このあたりのチェックも忘れないようにしてください。

高反発マットレスには、低価格なものから非常に高額なものまでありますので、値段だけで選ぶのではなく、実際の効果が期待できる商品を選ぶようにしましょう。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。