エアウィーヴで人気の四季布団といえば和匠。そんな四季布団の寝心地やへたりやすさを口コミから紹介します。浅田真央ちゃんも使用する敷き布団タイプの高反発マットレスとして人気の高い商品ですので、実際の効果や直置きできるメリットなどの特徴やデメリットについても紹介します。

エアウィーヴ 四季布団の特徴とは?

四季布団タイプのエアウィーヴの高反発マットレスである四季布団。四季を通じて快適な布団環境を提供することを念頭に考えられておりカバーが両面仕様です。夏は蒸れにくく、冬は暖かい面を体に触れさせることで一年中快適にです。

通気性のよい素材を採用していることで不快なじめじめ感もなく、カビやダニの心配も不要なウレタンフォーム製なので、太陽の下で干す必要もありません。しっかりとした厚みがあるので一枚敷きの直置きでも使えるモデルです。

エアウィーヴ 四季布団の人気のポイントとは?

  • 季節や体調に合わせて使用する面が選べる両面仕様
  • 敷き布団タイプなので、直置きでの使用も可能
  • 布団と高反発マットレスの良い面をハイブリッド
  • 布団なのに干さなくともカビやダニの心配がない
  • 安心の3年保証&30日間返品保証

エアウィーヴ 四季布団の商品は?

エアウィーヴ 四季布団には、厚みや機能が異なる3つのタイプの高反発マットレスがありますが、エアウィーヴ 四季布団シリーズの3種類について詳細を紹介します。

エアウィーヴ 四季布団

四季布団シリーズの基本型で、アウターカバー夏面冬面とインナーカバーが含まれた商品です。重さも一般的な布団とほぼ変わらない状態で、高反発マットレスの良い部分を取り入れた直置きできる敷き布団です。

sikifuton

出典:http://airweave.jp/

  • シングルサイズ:厚み7cm、幅100cm、長さ195cm、7.5kgで、料金は89,640円
  • シングルロングサイズ:厚み7cm、幅100cm、長さ210cm、8kgで、料金は96,120円
  • セミダブルサイズ:厚み7cm、幅120cm、長さ195cm、9kgで、料金は108,000円
  • ダブルサイズ:厚み7cm、幅140cm、長さ195cm、10.5kgで、料金は127,440円

エアウィーヴ 四季布団 和匠

四季布団にエアウィーヴ S-LINEの機能をプラスしています。肩の部分は柔らかめにして腰の部分は硬めにアレンジすることで、腰の沈み込みを軽減。カバーを従来製品比約1.7倍量の中綿を使うことでさらに暖かな寝心地を体感できます。

一枚でも和室やフローリングに直置きで使用することができる様にairfiberの厚さを5cmにしています。

wasyou

出典:http://airweave.jp/

  • シングルサイズ:厚み8cm、幅103cm、長さ198cm、8.5kgで、料金は129,600円
  • シングルロングサイズ:厚み8cm、幅103cm、長さ213cm、9kgで、料金は140,400円
  • セミダブルサイズ:厚み8cm、幅123cm、長さ198cm、10kgで、料金は155,520円
  • ダブルサイズ:厚み8cm、幅143cm、長さ198cm、12kgで、料金は181,440円

エアウィーヴ 四季布団 和匠・二重奏

四季布団 和匠にDUAL MODE機能を加えることで、その日のコンディションや気分で硬さの異なるハード面とソフト面と使い分けることができる四季布団シリーズの最上位モデルです。アウターカバーを冬用と夏用を別に用意することで、四季を通じて快適な眠り手にすることができます

一枚でも和室やフローリングに直置きで使用することができる様にairfiberの厚さを5cmにしています。

wasyou2

出典:http://airweave.jp/

  • シングルサイズ:厚み9cm、幅100cm、長さ195cm、9.5kgで、料金は216,000円
  • シングルロングサイズ:厚み9cm、幅100cm、長さ210cm、10kgで、料金は232,200円
  • セミダブルサイズ:厚み9cm、幅120cm、長さ195cm、11.5kgで、料金は259,200円
  • ダブルサイズ:厚み9cm、幅140cm、長さ195cm、13kgで、料金は302,400円

エアウィーヴ 四季布団の良い評判や良い口コミ、悪い評判や悪い口コミは?

実際にエアウィーヴ 四季布団を使用している人の良い評判や良い口コミ、悪い評判や悪い口コミをまとめることで使用感や感想などを紹介しますので、購入時の参考にしてください。

girl-882329_640-1

エアウィーヴ 四季布団の良い評判や良い口コミとは?

・畳の上に敷いて使っています。今までは寝起きに全身の痛みがありましたが、これにしてから痛みを感じなくなりました。母にも使ってもらいましたが、いい感じらしです。枕もセットで購入しましたが、枕は高さが合いませんでした。

・すのこベッドの上に敷いて使用しています。夏は通気性が高く快適ですが、冬は少し寒くなるので、布団の上に敷いて使ったら快適になりました。高反発マットレスはやっぱりいい感じですね。

・肩こりや背中の痛みで夜中に目覚めることがありましたが、これにしたらなくなりました。日中は壁に立てかけていますが、ちょっと重たくて爪に負担があるのだけが難点です。それ以外は気に入っています。

・8月から使い始めたことで熱帯夜でも寝苦しいことなく使うことができました。ただちょっと横向きになると寝づらい感じがあるので、そこだけ気になっています。

・使い始めて2週間、非常に快適です。温かいし適度な硬さがあるので私には合っています。他の方が重たいという指摘をしていますが、それはあるかもしれません。重いものを持ちたくない人には不向きなのかもしれませんね。

エアウィーヴ 四季布団の悪い評判や悪い口コミとは?

・反り腰で背中がくびれている私の体型だと仰向け寝で寝るのはつらいです。気付けば寝起きに横向きになっていたので、それだけ腰が痛かったんだと思います。それと冬場は電気毛布を使用しても寒くて寝れず、冬はまったく使っていません。

・実際に私が使って良かったら旦那にも購入しようと思いましたが、ピッチャリ体型の私達夫婦には合わないようです。

・購入金額を考えると少し後悔しています。三つ折りができるということでしたが、折り目が薄く見た目にも荒いので、返品を検討しています。納品が間に合わず待たされた挙句これでは…。

・腰痛持ちの主人のために購入しました。本人は寝返りが楽になったと言っていますが、腰痛が改善したわけではありません。私も腰痛持ちなので、一度これで寝たら、腰が壊れるかと思いました。

仰向けになると腰が下から突き上げられる感覚が酷く、胸を締め付けられる勢いでした。他の方のレビューも参考にしましたが、この商品の購入はバクチに近いのかもしれません。個人的にはおすすめできませんね。

エアウィーヴ 四季布団のマットレスの効果と評価は?

エアウィーヴの四季布団は基本のモデルだとairfiberの厚さが4.5cm、高級モデルでも5cm程しかないのが一番の難点だと思います。これにより横向き寝の際に底付き感を感じたり、フローリングなどの硬い床に直置きした際に床の硬さを体が感じることで寝心地の悪化、腰痛の悪化に繋がります。

畳やマットレスの上で使用する分には、この厚みでも大丈夫ですが、それではトッパーモデルやオーバーレイモデルと変わらない印象になりますし、それでこの値段?というアンバランスさを感じる人も多いでしょう。

更に疑問なのが重量です。airfiberの厚さが薄い割にエアウィーヴの四季布団は重たいんです。特に和匠や二重奏になるとその重さが際立ちます。万年床として使うことができない四季布団なので、必ず上げ下げが必要になります。

その際にこの重さがあると腰痛持ちの人にはデメリットです。実際の口コミの中には爪が反対に曲がる‥なんて人もいましたので、その重さはかなりものだと思います。高反発マットレスと四季布団の良いとこ取りをしようと考えられたモデルですが、個人的には価格に見合う効果効能を実感できないもので、購入すべきではないものだと考えています。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。