腰痛患者の8割を占めると言われている非特異的腰痛。この非特異的腰痛の改善には高反発マットレスを使って寝ることが効果的です。そもそも非特異的腰痛とはどんな症状なのか?非特異的腰痛について紹介します。

非特異的腰痛には高反発マットレスが効果的!

非特異的腰痛とはX線検査などを行っても骨の異常が発見されず、手足のしびれなどもない腰痛のことで、腰痛患者のおよそ8割がこの非特異的腰痛であると考えられています。非特異的腰痛の主な痛みが筋肉のコリです。

背中のS字カーブが乱れることで最終的に腰に負担がかかり、腰回りの筋肉がコリ固まることで痛みを感じるようになります。この非特異的腰痛の特徴はじっとしているとあまり痛みを感じないのに、動いたり姿勢を変えた拍子に痛みを感じるところにあります。また長時間同じ姿勢を維持していると痛みを感じる人もいます。

職業柄同じ姿勢をしている人(事務員、職業ドライバー、美容師、販売員)に起こりやすい症状になります。整骨院や病院での診察では湿布や痛み止め、機械で骨盤を牽引する治療法や低周波治療などを行われることが多いはずです。

この非特異的腰痛は、一定の姿勢を摂り続けるだけではなくストレスが原因だとも考えられています。またこの非特異的腰痛を発症している人へのアンケート調査でもストレスを自覚している人や、うつ病を患っている人、長時間の残業が多い人、収入の少ない人、人間関係に悩んでいる人などストレスが多い人が非特異的腰痛を発症する傾向があることがわかっています。

非特異的腰痛の場合、症状がではじめてから3ヶ月以上経過すると慢性化する傾向がありますので、腰痛の症状が出た際には、出来る限り早期に治療を行うことをおすすめします。

また変形性膝関節症から腰痛を発症する人が多いことも研究結果からわかっています。実際に膝が悪い人の74%が腰痛を併発しているという調査結果もあります。膝の痛みを抑えるためにがに股であることが腰への負担を増やします。

この非特異的腰痛が腰痛の8割を占めていますし、軽度かつ症状の初期であれば比較的簡単に治療することができますので、ストレスを除くということとともに腰痛の原因になるものを排除することが大切です。

もし同じ姿勢を取り続けなければならない場合には、腹筋や背筋を行って腰回りの筋力を改善したり、寝具を高反発マットレスに変えることで睡眠時の寝姿勢を正しい状態に保ち、寝姿勢や体圧の一極集中による腰痛の悪化を防ぐことが大切です。

腰痛初期でしっかりケアをしないと慢性化することが既にわかっています。ただ腰痛初期はみんなそこまで長引かない、またすぐに治ると考えがちですのでそこは注意をする必要があります。高反発マットレスは腰痛を改善するだけではなく、睡眠の質を向上させたり、寝返りを簡単にするなど腰痛改善効果意外にも様々なメリットがありますので、疲れやすい人にもおすすめです。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。