腰痛ベルトを使っていると、寝るとき外すべきなのかという疑問が出てくることがありますが、実際にどうするべきだと思いますか。

 

睡眠時に関する腰痛ベルトのおすすめの使い方と注意点を徹底解説。

 

腰痛ベルトの正しい使い方がわかることで、

睡眠中の腰への負担や痛みなどを軽減させることができますので、この記事を読んで腰痛ベルトをしっかり活用しましょう。

腰痛ベルトは寝るときには外すべきなのか?

結論を最初に言ってしまうと、

寝るときは腰痛ベルトは外しましょう。

これが基本的な腰痛ベルトの使い方。

 

日中の活動時に腰痛ベルトがあることで痛みが少なかったり、腰の負担が軽いので症状がラクになるからといって、寝るときも使うのは間違った使い方です。

 

就寝時は日中ほど筋肉を使いませんので、

腰痛ベルトで腰の負担を軽減させる必要はありませんが、ひとつだけつけておくべきタイミングがあります。

 

もしあなたが腰の骨を骨折しているのなら、寝るときも間違いなく腰痛ベルトは使いましょう。

 

そうすることで寝返り時や、寝起きの際に腰の骨に対してかかる負担を軽減させることができますし、骨折の場合は固定が基本。

 

慢性腰痛やぎっくり腰の場合でも、

基本的に腰痛ベルトを外して寝ることがおすすめです。

 

なぜ腰痛ベルトは寝るときに外すべきなのかということについて、少し詳しく解説します。

寝るときに腰痛ベルトを使うと血流が悪化する

腰痛ベルトは筋肉を固定して、

腰付近の筋肉の動きを制限する作用がある反面、巻き方次第で強く締め付けてしまうことになります。

 

寝るときも腰痛ベルトを強く巻いたままだと、

締め付けられている部分の筋肉が収縮している状態と同じで、血管が細くなり血流が悪化する原因に。

 

慢性腰痛の原因のひとつが筋肉の収縮等による血流悪化ですし、血流が悪化すると酸素や栄養素が届かずに、老廃物の排出もうまく行えません。

 

慢性腰痛の症状を改善するためにも、

寝るときには腰痛ベルトをできるだけ外して、日中にかかった腰への負担を軽減してあげるようにしましょう。

寝るときに腰痛ベルトを使うとあせもやかぶれの原因になる。

腰痛ベルトには、

メッシュ素材のものや綿とポリエステルが混合したもの、ゴム素材のものがありますが、どれを使っていても1日中締め付けていると、通気性の問題が出てきます。

 

メッシュ素材以外の腰痛ベルトやコルセットをつけたまま寝ると、腰付近が蒸れてかゆみを感じる可能性が高いでしょう。

 

特に夏の場合は日中だけの使用でも、

汗や気温の影響であせもなどができやすい傾向があるので、寝るときくらいは外しましょう。

 

あせもやかぶれがひどくなると、

日中に腰痛ベルトやコルセットを装着できなかったり、本当に必要なタイミングで装着できない可能性も。

 

肌が弱い人や汗っかきの人は、特に注意が必要ですので注意してくださいね。

寝るときに腰痛ベルトを使うと筋膜が癒着しやすくなる

筋膜とは全身の細胞や組織を包む膜のこと。

骨や筋肉、内臓を結合して体を支えている部分のことで、例えるとみかんの薄皮の・ようなもの。

 

筋膜=筋肉を包む膜と理解している人もいますが、筋肉だけではなく骨や内臓、血管や神経など全ての組織をつないでいます。

 

筋膜が癒着すると身体を動かしにくくなり、

起床時の腰痛のきっかけや原因になってしまうので、寝るときは腰痛ベルトを外して、筋膜の癒着が起こらないようにすることが大切です。

 

身体に負担のかかる状態が続くことで、

筋膜に小さなしこりやねじれができると、血流量が低下して腰痛や肩こりなどの原因にもなりますので、最近は筋膜リリースがブームになっていますよね。

 

トリガーポイントで筋膜を押し伸ばして、

しこりやねじれのない元の状態にすることが筋膜リリースですので、気になる人は更に詳しく調べてみると良いと思います。

腰痛ベルトに頼りすぎると筋肉量が低下してしまう

腰痛ベルトやコルセットを終日使うと、

それなしでは生活できない状態になってしまうこともあります。

 

腰痛ベルトやコルセットなしでは生活できないというのも困りものですが、頼りすぎると筋肉量がどんどん減少してしまうことも。

 

動かさなければ自然と筋肉は落ちていきますし、逆に動けば筋肉量は増え強靭な肉体に変化しますよね。

 

腰痛ベルトやコルセットは動きを制限し、

筋肉量を低下させてしまうリスクもあるので、頼りすぎないことも非常に大切なこと。

 

寝るときに使う=腰痛ベルトやコルセットなしで生活できなくなるということではありませんが、依存性が高くなりすぎないように注意しましょう。

腰痛ベルトは寝るとき外すの記事まとめ

腰痛ベルトを寝るときに使うことで考えられるデメリットについて、この記事では解説してきました。

 

腰の骨を骨折している以外のタイミングでは、

寝るときに腰痛ベルトやコルセットを外すのが正しい使い方。

 

依存しすぎないように注意しましょう。

 

  • 腰痛ベルトは寝るときには外すべきか
  • 寝るときに腰痛ベルトを使うと血流が悪化する
  • 寝るときに腰痛ベルトを使うとあせもやかぶれの原因になる。
  • 寝るときに腰痛ベルトを使うと筋膜が癒着しやすくなる
  • 腰痛ベルトに頼りすぎると筋肉量が低下してしまう

 

慢性腰痛に悩んでいるのなら、

体を動かしたり、インナーマッスルを鍛えることで症状は徐々に改善しますが、寝るときも使うと逆効果です。

 

寝るときに外しても寝具が合わないと、

寝姿勢や寝返りが問題で腰痛や肩こりを発症することもあるので、寝具や睡眠環境についても考えた方が良いかもしれません。

 

仰向けや横向き寝でも腰が痛いのなら、

抱きまくらなどを使ってみるというのもお手軽に快眠できる方法のひとつですよ。

 

何が良いかは人それぞれですが、

少なくとも寝るときの腰痛ベルトは悪影響を及ぼすことがほとんどだと理解してくださいね。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。