寝具の見直しで快眠できる。

睡眠不足の解消にも、睡眠環境が大切だということを知っていますか?

 

実際にどのような方法で寝具の見直しを行えば良いのか、睡眠不足解消にも役立つ睡眠環境を手に入れる方法を紹介します。

 

睡眠の質が高まり、毎日快眠できることで人生を左右するきっかけにもなりますので、生活の質を高めたい人はこの記事を参考にしてください。

快眠のポイントは睡眠時の姿勢・温度・湿度

上質な眠りを手に入れたい。

 

  • 寝付きが早く
  • 夜中に目覚めることがなく
  • 朝まで熟睡したい

 

そんな快眠の日々に憧れている人も多いと思いますが、寝具選びや睡眠環境に徹底的に拘っている人は少ないですよね。

 

そもそも寝具選びを間違えていれば、

寝付きも悪く、夜中に目覚め、朝まで何度も起きて、寝起きの疲労感でぐったりしてしまう。

 

誰もが考える上質な眠りとはかけ離れた状態になってしまいます。

 

しかし日本人の多くはあまり布団や寝具にこだわりがなく、なんとなく良さそうなものを使ったり、同じものをずっと使い続けたりしますよね。

 

確かに寝具は定期的に変えるものでもないし、

なんとなく同じものを使って寝ていることで安心しますが、本当にそれで良いのでしょうか?

 

上質な眠りを手に入れたいのなら、

睡眠時の寝姿勢+湿度+温度という3つのポイントを踏まえた寝具選びを行うべきですし、もしこれらの要素が達成できていないのであれば、それを改善すべきでしょう。

 

まずはこのポイントを念頭においた寝具選びができているのか、ということを考えることから始めることが大切です。

 

このポイントをクリアーできない寝具は、

できるだけ早く見直しを行って、睡眠環境を整えることで、睡眠不足の解消や睡眠の質の向上を目指しましょう。

寝具の見直しを行う際のマットレスの選び方は?

寝具の中でも特に大切なのが、敷布団やマットレス選び。

マットレス選びを間違えてしまうと、毎日の睡眠の質が大きく低下することになるので、そうならないように注意することが大切でしょう。

 

マットレスや敷布団の上に良い子になり、

腰や肩の部分が大きく沈み込みすぎる状態だと、背骨や腰回りの筋肉や内臓に悪影響を与えて睡眠の質を低下させます。

 

そういう寝具で寝続けることで、

肩や腰の筋肉が睡眠時も休むことができずに、緊張状態が続き、血管が収縮して腰痛や肩こりを引き起こす原因になります。

 

寝起きに腰痛や肩こりが気になるし、

寝ていても腰や肩の部分が大きく沈み込んでいると感じる場合には、敷布団やマットレスが身体に合っていないということを理解しましょう。

 

一時期流行した低反発マットレス。

全身が大きく沈み込み、身体に密着することで温度も湿度も高く感じやすい傾向がありますので、私は個人的に腰痛等がある人にはおすすめしません。

 

それよりも最近流行の高反発マットレス。

これは寝返りも楽にできますし、理想の寝姿勢を再現できる特徴があり、通気性の高さや適度な反発力で、睡眠時の温度や湿度をうまく調整してくれます。

 

どの商品を選ぶかによっても寝心地なども変わってきますが、高反発マットレスの方が全体的におすすめの商品が多いでしょう。

 

ちなみに快適な睡眠環境の目安は、

温度は32〜34度、湿度が45〜55%と言われていますので、季節に合わせてパジャマやシーツ、掛け布団などを選ぶようにしましょう。

寝起きの肩こりや首コリの人は枕の見直しが必要です。

毎日朝起きると、

首や肩こりが気になるという人は、枕があっていない可能性が高いでしょう。

 

一般的によい枕の高さは、

頭を載せた時に6〜8cmになるようにすることだと言われています。

 

店頭でいくつかの枕を試したはずなのに、

実際に寝てみたら寝起きの首や肩こりが気になるのなら、枕の高さをバスタオルなどで調整することが必要です。

 

もしあなたが高反発マットレスを買っても、

低反発枕を使用していると、寝返り時に体と頭の回転速度にずれが出て、それがきっかけで首や肩に負担がかかっていることも考えられます。

 

そんな状態の枕を使い続けていると、

快眠できませんし、夜中に目覚める中途覚醒のきっかけにもなりますので、注意が必要だと理解しましょう。

 

枕とマットレス(敷布団)は同じ硬さや反発力であることも基本ですので、異なる素材や合わない素材のものを選ばないようにしてくださいね。

毎日3分の1を寝て過ごすことを考えて寝具の見直しを行おう

人間はどうしても起きている時間に意識が向きがちですが、睡眠時間というのは人生の3分の1にもあたる非常に大切な時間です。

 

人間は寝ている間に、

脳で記憶の整理を行ったり、身体の疲労回復や細胞の修復などを行って、毎日の疲れを癒やす必要がありますので本当に大切な時間です。

 

大切な睡眠時間を大きく左右するのが睡眠環境。

寝具の見直しを行うことは、睡眠環境を整える意味でも非常に大切なことですし、日々の疲労回復や健康状態の維持にも役立つこと。

 

睡眠の質が高まれば、自然と生活の質も高まりやすくなりますので、この機会に寝具の見直しを本気で考えてみてくださいね。

 

寝具の見直しは開運方法としても大切だと言われていますので、古い寝具や古いシーツを使い続けるのではなく、何年かに一度は見直しをするようにしましょう。

 

シーツを洗う頻度も開運に繋がりますので、

新しいシーツを購入しても、できるだけ沢山洗うようにして睡眠環境をさらに高めて金運もゲットしてくださいね。

寝具の見直しで快眠できるの記事まとめ

寝具の見直しを行う際にも、

しっかりとした基準や指針を持っていないと、間違った寝具選びを行ってしまうことになりますので、特に敷布団やマットレス選びは大切なこと。

 

身体の沈み込みを最小限にして、温度も湿度もちょうどよい寝具を選ぶようにしましょう。

 

  • 快眠のポイントは睡眠時の姿勢・温度・湿度
  • 寝具の見直しを行う際のマットレスの選び方は?
  • 寝起きの肩こりや首コリの人は枕の見直しが必要です。
  • 毎日3分の1を寝て過ごすことを考えて寝具の見直しを行おう

 

毎日の快眠は寝具で大きく変わりますので、

本当にあなたの身体の状態や家庭環境に合った寝具を選ぶようにして、少しでも快眠できる睡眠環境を整えてくださいね。

 

人生の3分の1を過ごす睡眠時間、

少し贅沢をした寝具選びを行っても、5年や10年というスパンで考えると納得できる結果になると思いますよ。

 

最近は実際に自宅で寝てみてお試しできる寝具もありますので、不安な人は保証制度のしっかりした商品を選ぶと失敗しにくいと思います。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。