実際に寝心地や肌ざわりをお試しできない高反発マットレスってどうなの?

以前は低反発マットレスの人気が非常に高かったですが、最近人気の寝具と言えば間違いなく高反発マットレスが人気。

高反発マットレスには、お試し出来る高反発マットレスと、お試しできない高反発マットレスがあるんです。

あなたならどちらの高反発マットレスを選ぶのが良いと思いますか?

お試しできない高反発マットレスってどうなの?

高反発マットレスで寝てみたい。

実際にどんな効果や寝心地なのか、凄く気になっているけどなかなかお試しできる場所もないし、どれが良いのかもわからない。

ここまで種類が多く、見た目だけではその商品の良さがわかりにくい高反発マットレスなので、実際にお試ししてみたいですよね。

どこでどんな商品を試せるのか?

これすらわからない状態ではないでしょうか?

 

  • マニフレックスは、イオンの店頭。
  • ドルミールもイオンの店頭。
  • ボナノッテはイトーヨカドーの店頭。
  • 西川エアーは東京西川の直営店。
  • マニフレックスは、マニフレックス直営店舗やアドバイザーのいるお店。

 

私は結構色んなお店で、高反発マットレスをお試ししていますので、実際にどこに行けば
どんな商品があるのかはわかります。

ほとんどの人は、どこに行けば良いのかもわからないし、ネット上の情報だけで商品選びを行っているのかもしれません。

その選び方は実は間違えています。

店頭でお試ししても実際の効果はわかりにくい。

先ほど紹介した情報で、なんとなくわかった。

とりあえずイオンの店頭でマニフレックスとドルミールを試してこよう!

そう思ったかもしれません。

さて、あなたは週末の混んだイオンの店頭で、何分間そこにあるベッドマットレスに寝続けることができますか?

 

イケアでの悪行が世界的に問題になっている中国人のように爆睡できるのなら、高反発マットレス選びは順調に進むかもしれません。

批判ではなく、実際に寝てみることが大切。

仮に2〜3分横になって、なんとなくこれでOKという選び方をしてしまうのは間違った選び方。

 

最低でも10〜15分は寝続けてみないと、本当の反発力や寝心地がどうなのかは判断できません。

しかしイオンの店頭でそこまでじっくり横になることができますか?

 

私は無理。

平日昼間の空いている寝具売り場で、誰もいない状態ならまだしも、週末のイオンといえばめちゃくちゃ混雑する場所。

他の寝具店でも同様で、人目を気にしつつ、そこで横になり続けるのはすごく勇気のいることですよね。

自宅でゆっくりお試しできる高反発マットレスもある

高反発マットレスの中には、30日や90日という期間が限定されているものの、自宅でゆっくりお試しができる高反発マットレスもあります。

こういった商品を最初に選ぶと、店頭で恥ずかしい思いをせずに、自宅でゆっくり寝心地を試すことが可能。

 

なぜそういった商品が増えたのか?

高反発マットレスの効果を実感する為には、実際に寝てみるのが一番だから。

店頭で短時間横になっても、本当の効果を実感することはできません。

 

実際に自宅で1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月・・・

という感じで使用し続けることで、高反発マットレス本来の体圧分散性や理想の寝姿勢による効果。

腰痛や肩こりの改善、寝起きの疲労感の解消などを実感できるから。

 

特に高反発マットレスをおすすめしたいのは高齢者の方。

高齢者の多くが、数年前の低反発マットレスブームの際に購入した商品を使用し、様々な問題に直面しています。

高齢者に低反発マットレスが向かない理由は

低反発マットレスは包み込むような寝心地が快適で、朝まで熟睡できる。

そう考えている人も多いでしょう。

 

確かに低反発マットレスのクッション性の高さや寝心地の快適さは、否定する余地がありません。

低反発マットレスのデメリットって知っていますか?

 

包み込むようなね心地の影響で、寝返りを打つのに筋力や体力が必要で、夜中に目覚めてしまうことがある。

高齢者になればなるほど、睡眠の持続力が低下してしまうのに、それをさらに悪化させてしまうリスクがあります。

体圧分散性という意味でも、理想の寝姿勢を再現するという意味でも、高反発マットレスの方が優れていることがわかっている状態。

 

私なら間違いなく、高反発マットレスを選びます。

実際に寝てみないと、自分に合っているのかも分からないし、本当に必要なものなのかもわからない。

 

だからこそ、自宅で30日や90日もお試しできる高反発マットレスがおすすめというわけ。

実際に寝てみて合わなければ、返品や返金申請すれば良い。

こんな良い購入方法は活用しない手はないと思いませんか?

自宅で90日間お試しできるモットンがおすすめかも。

私も使用している高反発マットレスのモットン。

モットンは90日間自宅で実際にお試しすることができ、腰痛改善効果を実感できなかったり、寝心地が合わなければ返品や返金も可能。

一般的には30日程度なのでその3倍の期間も試すことができる。

 

商品の効果や品質に本当に自信があるから、ここまで長期間の返金保証制度を設けているのでしょう。

 

実際に90日も使用すれば、自分に合っているのか?

腰痛改善効果があったのか?ということはさすがにわかるはず。

90日もお試ししても全く腰痛が改善しない、思ったような効果が得られないということであれば、返品することが出来るのは安心です。

 

モットンでも実際に数%の人が返品しているようなので、もしあなたの腰痛が改善しなければ、返品すれば良いと思います。

企業側が設けているサービスなので、しっかり活用するべき制度。

 

お試しできる高反発マットレスは、万が一のことを考えても購入しやすいと思います。

私自身が実際にお試し期間があったことが、モットンの購入のきっかけのひとつ。

お試し期間という安心感で、あなたも様々な商品を試してみることで、悩み続けいている腰痛を解消できるきっかけになるかもしれません。

 

個人的にはリスクの少ないお試し期間のある高反発マットレスから試してみる。

これが賢い高反発マットレスの選び方だと思いますよ。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。