高齢者が高反発マットレスを買って良かったと思った一番の理由が寝返りがしやすいということなんです。それが低反発マットレスではなく高反発マットレスの方が高齢者に向いているということの意味であり、寝心地だけを優先することは高齢者にとってあまり良くないだったんです。

高齢者には高反発マットレスの寝返りが評判!

寝心地が良いから低反発マットレスを使っている高齢者の中には、低反発マットレスの寝返りのしにくさに全く気付いていない人もいます。身体が沈むこむ低反発マットレスを使っていると実は寝返りの際に筋力が必要になり、それがきっかけて夜目覚めてしまうという人も少なくないのです。

高齢者は若い頃に比べると筋力が落ちたり皮膚が薄くなったり、脂肪が減ることで体のクッション性が低下することで睡眠時に同じ姿勢でいると身体がうっ血してしまったり、関節や筋肉に負担がかかりやすくなることで睡眠の質が低下するだけではなく、腰痛や肩こりに悩んでいる人が多いんです。

そういう人が選んでいるのが何故か低反発マットレスだったりします。低反発マットレスは寝心地が良い代わりに寝返りが打ちにくいというデメリットがあります。これは低反発マットレスの性質上どうにもならないことですが、このような状態に陥っている人にはあまりお勧めできません。

逆に高反発マットレスの場合には、少し寝心地が犠牲になるかもしれませんが、適度な反発力があるおかげで、寝返りの際にも筋力をあまり使わずに行うことができますし、その結果、睡眠時に起きる回数が減るなど睡眠の質が向上する傾向があるんです。

最近はこういった高反発マットレスの良さを全面に販売店でも押し出して、高齢者にこそ高反発マットレスという形でアピールされているお店もあるので、高齢者の中にも低反発マットレスもいいけど、高反発マットレスを使ってみたいという人が増えています。

また筋力も弱く寝姿勢による骨や関節の歪みの影響を受けやすい高齢者には、人間にとって立っている時と変わらないほどの寝姿勢を保てる高反発マットレスの体圧分散力が健康年齢にも非常に良い影響を与えてくれます。

特に寝起きの腰痛で悩んでいる人の場合には、寝姿勢の悪化による腰や腰椎への負担が原因ですので、寝姿勢を整えることができる高反発マットレスを使うことがその寝起きの腰痛の改善にも非常に効果的に作用します。

高反発マットレスは布団と違って日干しする必要がありませんので、重たいものを運ぶ筋力のない高齢者には陰干しで済む高反発マットレスは実はメンテナンス性の高さでもおすすめ出来るポイントの一つなんです。

寝返りのしやすさだけではなく、寝姿勢の悪化による腰痛改善、健康年齢の維持、メンテナンスの高さ、どれをとっても高齢者には低反発マットレスではなく、高反発マットレスの方がメリットが多いというのが実情ですね!


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。