腰痛患者の8割を占めると言われている非特異的腰痛。

この非特異的腰痛の改善には、高反発マットレスを使って寝ることが効果的だと言われています。

 

そもそも非特異的腰痛とはどんな症状なのか?

非特異的腰痛の詳細情報を説明しながら、高反発マットレスに期待できる効果を紹介します。

非特異的腰痛とはどのような症状の腰痛のことか?

非特異的腰痛とは、X線検査などを行っても骨の異常が発見されず、手足のしびれなどもない腰痛のこと。

 

腰痛患者のおよそ8割が非特異的腰痛であると考えられており、非特異的腰痛の主な痛みが筋肉のコリなどの非常に軽微なものです。

 

背中のS字カーブが乱れることで、

最終的に腰に負担がかかり、腰回りの筋肉がコリ固まることで痛みを感じるようになります。

 

非特異的腰痛の特徴は、じっとしているとあまり痛みを感じないのに、動いたり姿勢を変えた拍子に痛みを感じるところ。

 

また長時間同じ姿勢を維持していると痛みを感じる人もいます。

 

職業柄同じ姿勢をしている人(事務員、職業ドライバー、美容師、販売員)に起こりやすい症状の症状。

 

整骨院や病院での診察では湿布や痛み止め、

器械で骨盤を牽引する治療法や低周波治療などを行われることが多いでしょう。

非特異的腰痛はストレスが原因で発症することもある症状

 

非特異的腰痛は同じ姿勢を摂り続けるだけでなく、ストレスが原因になることもあると考えられています。

 

非特異的腰痛患者へのアンケート調査でも、

ストレスを自覚している人や、うつ病を患っている人、長時間の残業が多い人、収入の少ない人、人間関係に悩んでいる人などストレスが多い人が非特異的腰痛を発症する傾向があることがわかっています。

 

非特異的腰痛の場合、

症状が出はじめてから3ヶ月以上経過すると慢性化する傾向がありますので、腰痛の症状が出た際には、出来る限り早期に治療を行うことが基本。

 

変形性膝関節症から腰痛を発症する人が多いことも研究結果からわかっています。

 

実際に膝が悪い人の74%が腰痛を併発しているという調査結果もありますので、膝関節などに不安がある人は、腰痛の原因にならないように注意しましょう。

 

膝の痛みを抑えるために、

がに股で歩くことが腰への負担を増やし、腰痛を引き起こす原因になります。

 

非特異的腰痛が腰痛の8割を占めていますし、

軽度かつ症状の初期であれば比較的簡単に治療することができますので、ストレスを除くということとともに腰痛の原因になるものを排除することが大切です。

非特異的腰痛はの予防法や初期の治療法は?

立ち仕事が多く、長く歩く傾向がある人は、

椎間板の髄核が前方にずれる傾向があるので、「腰を屈める」運動を行うのが予防として効果的。

椅子に座った状態で両足を開きながら、背中をゆっくり前に丸めて床を見るような姿勢で3秒間キープする運動を1〜2回行いましょう。

 

座りっぱなしで、前かがみや猫背の人は、

椎間板の髄核が後ろにずれる傾向があるので、「腰を反らす」運動を行うのが腰痛の予防に効果的。

足を軽く開いて立ち、膝を伸ばしたままで状態をゆっくり息を吐きながら後ろに反らして3秒間維持する運動を1〜2回行いましょう。

 

腰痛初期でしっかりケアをしないと慢性化しますので、普段の姿勢と逆の方向に身体を動かすことは本当に大切です。

 

腰痛の初期はそこまで長引かない、またすぐに治ると考えがちですが、日本人が一生のうちに腰痛を経験する割合は83.4%。

 

多くの人が悩み、腰痛が原因で仕事を休む必要がある人が25%以上もいるという現実を理解してください。

高反発マットレスが睡眠時の寝姿勢を整え腰痛の予防に役立つ。

高反発マットレスを使用することで、睡眠中に起こる様々な身体への負担を軽減することができます。

 

優れた体圧分散性と理想の寝姿勢の再現、

この2点だけでも慢性的な姿勢の悪化を予防し、腰痛が起こりにくい状態に身体の状態を整えてくれます。

 

実際に私も高反発マットレスで慢性的な腰痛から開放されたこともあり、腰痛持ちの寝具には高反発マットレスがおすすめ。

 

高反発マットレスは腰痛だけではなく、

睡眠の質を向上させたり、寝返りを簡単にするなど腰痛改善効果意外にも様々なメリットがありますので、疲れやすい人にもおすすめですよ。


>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。