高反発マットレスと低反発マットレスの違いはどこにあるのでしょうか?

そこで、マットレス選び初心者の人でもわかるように、簡単に説明します。

寝返りと寝心地が一番のポイントですが、実際にどう違うのかを様々な部分で紹介します。

低反発マットレスの特徴とは?

1c1e8a80597ed0804e27721c7e892439_s

低反発マットレスと言えば、体がゆっくり沈み込む寝心地がすごく良さそうなマットレスです。

トゥルースリーパーが、一時期日本でも大ブームになったので、低反発マットレスを使ったことがある人も多いかもしれません。

低反発マットレスは、元々NASAの宇宙飛行士用に開発された素材なので、高い衝撃吸収力と耐圧分散性を兼ね備えた素材です。

だから低反発マットレスの場合には、衝撃を吸収して、その後ゆっくり反動するというのが特徴です。

手でギュッと押しても、暫くはその痕が残り、徐々に元の状態になるのをイメージするとわかりやすいと思います。

その吸収力と反発性で、体圧分散性もあると話題ですが、高反発マットレスとはまた少し違った形です。

高反発マットレスの特徴とは?

cce65950e92af2a5301569919b31c3a4_s

高反発マットレスと言えば、エアウィーヴをイメージする人も多いと思います。

低反発マットレスとは逆の考え方で作られたマットレスで、衝撃を吸収するのではなく、高い反発力ですぐに復元し、圧力がかかると押し返す力が作用します。

そんな高反発マットレスの特徴は、優れた体圧分散性です。

圧力の強さに応じて、反発力が作用しますので、体重のかかり方で反発力の強い部分と弱い部分が変わります。

その結果、肩やお尻のような重い部分は沈み込み、背中や足などはそこまで沈み込まないというパーツごとの適した体圧分散性を発揮します。

それが理想の寝姿勢を再現することで、腰痛解消効果はあると言われています。

さらに反発力が高いことで、体の沈み込みを最小限にできること、寝返りを打つ際に少しの力で寝返りが打てるという特徴も。

高反発マットレスには、素材によって様々な特徴があり、ウレタン素材、ポリエチレン樹脂製、天然ゴム製と大きく分けると3種類に分かれます。

エアウィーヴやブレスエアーのようなポリエチレン素材のものは、なんと水洗いできてしまうという特徴もあるので、清潔に使うということもできるんです。

高反発マットレスと低反発マットレスの違いは

dc86fd87c58e5f8b2a9e2fd41d4f2790_s

では、高反発マットレスと低反発マットレスの違いはどうなのか?

これが一番気になる部分ですよね。

実際にどう違うのかと言えば、寝返り寝心地がポイントです。

寝返りが打ちやすいのは、身体の沈み込みが少ない高反発マットレス。

寝心地が良いのは、個人差がありますが、私は高反発マットレス。低反発マットレスの場合、身体の沈み込みが強すぎて、実は夏になると暑いんです。

これは非常にデメリットだと思います。

それに腰痛に対する効果を考えても、低反発マットレスよりも高反発マットレスの方が優れているという部分があります。

総合的に判断しても、やはり個人的には高反発マットレスの方が考え方も新しいですし、様々な商品から自分に合ったものを選べるので、よりおすすめできます。

しかもあなたがある程度の年齢だったり、スポーツをしていたり、腰痛があるなら、間違いなく高反発マットレスがおすすめでしょう。

特に高齢者におすすめな高反発マットレス!

e4a02113f81d15c24c0311fe6f17cbb5_s

高反発マットレスが高齢者に特におすすめな理由

  • 寝返りが打ちやすい
  • 腰痛改善効果が高い
  • 疲労回復力が高い
  • 体圧分散性に優れている
  • 1年中、寝心地が安定している
  • 布団を干す必要がない
  • 衛生面でも防ダニ、防カビ加工

まだまだありますが、やはり高齢者に一番おすすめな理由は、寝返りのしやすさです。

年齢とともに、人間はどんどん筋力が衰えていきます。その結果、睡眠時の寝返りすら、上手に打てなくなるんです。

低反発マットレスで寝ていると、身体の沈み込みで幸せという人がいる反面、朝起きてもだるさが残っているという人もいます。

これこそが、睡眠時の寝返りのし難さが与える悪影響です。

寝返りの回数が減ることで、血流やリンパの流れも悪化し、疲労物質を移動しにくくなります。

この様な点を考えると、間違いなく高反発マットレスであれば、起こらないことです。

でも実際に、どんな高反発マットレスを選ぶのかが大事。

高齢者になると、体重も筋力も低下するので、反発力が高すぎると逆に理想の寝姿勢を再現できなくなるので、それは割けたいところ。

さらに湯たんぽや電気毛布も必須ですし、水洗いすらお風呂場でやるのは大変な話です。

そういった意味では、ウレタン素材で立てかけるだけで布団干しが終わり、3つの反発力から硬さを選べるモットンが最もおすすめ。

モットンなら、実際に90日寝てみて効果がなければ、返品・返金処理できるので、リスクは最小限です。

低反発マットレスと高反発マットレスで悩んでいるなら、じっくり試してみて、それから考えても遅くないのではないでしょうか?

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。