激安な高反発マットレスの気になる特徴とは?どんなところにあるのでしょうか?激安で購入できることは非常にメリットが高いですが、激安でも粗悪な商品を買ってしまうと高反発マットレスとしての本来の機能をすぐに失ってヘタってしまいます。そうなると粗大ごみとして捨てるしかないので、激安の高反発マットレスを選ぶ際には最新の注意が必要なんです。

激安な高反発マットレスの特徴と選び方とは?

高反発マットレスの激安な価格帯と言えば、2000円〜10000円以下の高反発マットレスが当てはまると思います。実際にこの価格帯の高反発マットレスが増えており、多くの方が高反発マットレスとしての高い効果を期待して購入されますが、値段なりの現実を目の当たりにしている悲しい現状があります。

特に激安な高反発マットレスを選ぶ際には、密度表記の部分をまずはじめにチェックする必要がありますので、もし密度表記のないもので激安な価格帯のものを選ぼうとしているのであれば、購入しないことをおすすめします。

実際に密度表記のあるものの場合でも、10-15d(kg/m3)という密度だと本当にあっという間に高反発マットレスとしての機能を失ってしまいます。大体このレベルの密度の場合、マットレスがへたるまでの目安はおよそ1ヶ月です。20-25d(kg/m3)の密度レベルの場合には、3年持てば良い方だと理解しましょう。

ただ密度はあくまでも密度の話で、ウレタンの耐久性と値段に関わるだけの話です。反発力と密度はイコールではありませんので、その点は最初に理解しておく必要があります。密度が上がることで、商品の値段と耐久性は上がりますが反発力を上げても寝心地に変化があるだけで、値段も耐久性も実はそこまで変わらないんです。

つまり激安の高反発マットレスを選ぶ際に

・反発力が高いのに、圧倒的な安さをアピールしている商品
・反発力が高いので、このマットレスは凄いし値段が高いという商品
・30や50d(kg/m3)で10000円以下の商品は赤字でしか作れません
・混ぜものを配合したようなウレタンを使っている商品

この様な高反発マットレスは激安なら絶対に避けるべきです。もし通常の価格帯でもこの様な謳い文句で商品の良さをアピールしている場合には購入は見送るべきです。激安な高反発マットレスの場合、10cmの厚みがあったとしても5kgの鉄アレイを一晩置いただけでダンベルの形に凹んで戻らない商品もあります。

激安にはやはり激安なりの理由があります。これは高反発マットレス以外の商品にも共通すつことなので、良い物を一度でも選んだことがある方や普段からしっかりした商品の選び方をしている人であれば、その点はよくおわかりだと思います。

偽物の少ない日本ではありますが、粗悪品はやはりいつの時代でもどんな商品でも数%に存在していますので、間違っても激安で粗悪品の高反発マットレスを購入しないようにすることが大切です。

>>寝具好きの私を虜にする高反発マットレス<<
私が考える高反発マットレスのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、高反発マットレス選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。